都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
衆議院小選挙区議席数(一票の格差)
2015年 第1位 鳥取県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
衆議院小選挙区議席数のランキング。各都道府県の小選挙区議席数を20歳以上の日本人人口で割って比較している。

総議席数は295議席で、20歳以上日本人100万人あたり2.85議席。議席が最も多いのは鳥取県で4.24議席。以下、岩手県、香川県、和歌山県、沖縄県と続いている。一方、最も少ないのは東京都で100万人あたり2.28議席。1位鳥取県との一票の格差を計算すると1.86倍になる。(報道されている一票の格差は、都道府県単位ではなく各選挙区単位で計算しているため、この数値とことなっており、注意が必要)

分布図を見ると人口が多い都市部で議席が少なく、人口が少ない地方で議席が多い。相関ランキングでは人口最低賃金と負の相関が高く、人口が少なく最低賃金が低い地方で議席が多いことが分かる。

また、各党の得票率で見ると2010年参議院比例代表:自民党得票率2013年参議院比例代表:自民党得票率と正の相関が高く、自民党得票率が高いところは議席が多い。

さらに教職員数地方公務員数保育園数小学校数保健師数とも正の相関があり、議席数が多い地域は行政サービスも充実していると言えそうだ。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:20歳以上日本人人口100万あたりの数
偏:偏差値
1鳥取24.276.4
2岩手43.764.2
3香川33.763.7
3和歌山33.763.7
5沖縄43.763.5
6鹿児島53.762.5
7青森43.660.8
8滋賀43.660.3
9奈良43.559.3
10長崎43.558.6
11島根23.557.8
12愛媛43.557.6
13山口43.456.4
13熊本53.456.4
15富山33.456.1
16三重53.455.9
17秋田33.455.4
18宮崎33.353.7
19高知23.251.5
20山形33.251.0
20岡山53.251.0
22石川33.250.7
23徳島23.249.8
23福井23.249.8
25宮城63.149.5
25福島53.149.5
25群馬53.149.5
28新潟63.149.0
29大分33.148.8
30栃木53.148.5
31広島73.147.3
32岐阜53.047.1
33佐賀23.045.3
34茨城73.044.9
35山梨22.944.1
35長野52.944.1
37京都62.841.4
38兵庫122.738.3
39福岡112.738.0
40静岡82.737.8
41大阪192.737.5
42北海道122.637.3
43千葉132.635.6
44埼玉152.635.3
45愛知152.534.8
46神奈川182.432.4
47東京252.328.5
全国2952.9
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]浮動票指数【富山県】
[2]社会民主党得票率(直近10年間)【沖縄県】
[3]おおさか維新の会(維新の党)得票率(直近10年間)【大阪府】
[4]日本共産党得票率(直近10年間)【京都府】
[5]公明党得票率(直近10年間)【福岡県】
[6]民進党(民主党)得票率(直近10年間)【三重県】
[7]自由民主党得票率(直近10年間)【山口県】
[8]衆議院小選挙区議席数(一票の格差)【鳥取県】
[9]みんなの党得票率(直近10年間)【栃木県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]アジ消費量【長崎県】
[ ]サンマ消費量【青森県】
[ ]サバ消費量【島根県】
[ ]サケ消費量【青森県】
[ ]ブリ消費量【富山県】
[ ]雑誌・書籍購入費【長野県】
[ ]鉄道切符代【東京都】
[ ]喫茶費用【岐阜県】
[ ]干物消費率【岩手県】
[ ]ラーメン外食費用【山形県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
2位.セブンイレブン店舗数【山梨県】
3位.コンビニ勢力図
4位.将来負担比率【兵庫県】
5位.全国学力テスト正答率【石川県】
6位.喫茶費用【岐阜県】
7位.ラーメン外食費用【山形県】
8位.雑誌・書籍購入費【長野県】
9位.全国学力テスト中学生正答率【福井県】
10位.お菓子消費量【石川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ