都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
マクドナルド店舗数
2018年 第1位 京都府
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
公式ページからマクドナルドの店舗数ランキング。

マクドナルドの沿革(主に店舗数や出店状況に関わる部分)

set,a,thcnr,tdl
set,b,thcnr,thc
data,b,年,内容
data,a,1971年,会社設立
日本第1号店を東京銀座三越1階にオープン(銀座店)
data,a,1976年,日本で初めてのフランチャイズ契約店を沖縄県浦添市にオープン(牧港店)
店舗数100店を超える
data,a,1981年,国内300号店をオープン(神奈川県「横浜元町店」)
data,a,1985年,国内500号店をオープン(東京都世田谷区「用賀インター店」)
data,a,1993年,国内1000号店をオープン(名古屋市「瑞穂通店」)
data,a,1996年,国内1500号店として、創業の地、東京銀座に「銀座4丁目店」をオープン
国内2000号店として、首都高速PA内に初の「大黒パーキングエリア店」をオープン
data,a,1999年,国内3000号店をオープン(東京都大田区「環八大鳥居店」)
data,a,2007年,24時間店舗1000店を突破


全国のマクドナルド店舗数は2,884軒で、人口10万人あたり2.27軒。一時期は3000店を越えていたが、不採算店の整理などで店舗を減らしている。

店舗数が最も多いのは京都府で人口10万人あたり3.07軒(偏差値70.2)。2位は沖縄県で2.85軒。3位以下は滋賀県(2.83軒)、茨城県(2.69軒)、奈良県(2.66軒)の順。一方、最も店舗数が少ないのは岩手県で人口10万人あたり1.10軒(偏差値28.8)。これに島根県(1.16軒)、鹿児島県(1.47軒)、秋田県(1.49軒)、高知県(1.53軒)と続いている。

分布地図を見ると本州中央部が高く、離れるに従って低くなるきれいな分布となっている。よく見ると東京都と関西を頂点にふたつの山があることが分かる。

このような分布になっているのは店舗密度が高いエリアと低いエリアが混在すると配送の効率が悪くなるからと思われる。マニュアル文化のマクドナルドらしい合理的な店舗配置だ。

相関ランキングを見ると海外旅行者数サラリーマン年収と正の相関があり、サラリーマン年収が高く海外旅行者が多い都市部に店舗数が多い。また、65歳以上人口(高齢者数)と負の相関もあり、若者が多い都市部に出店してることが分かる。

他のチェーンではスターバックスコーヒー店舗数と正の相関があり、マクドナルドが多いところはスタバも多い。

ライバルと目されているモスバーガー店舗数との関係を見ると、東北地方を除いて、モスバーガー店舗数が多い中部・中国・九州はマクドナルド店舗数が少なく、マクドナルドが多い関東・関西はモスバーガーが少ないという構図になっている。

ちなみにマクドナルドは地域別価格を導入しており、地域によって商品価格が違っている。世界の為替レートを計る指標としてビッグマック指数というものがあるが、日本国内でも使えるのかもしれない。

ビッグマック指数(Wikipedia)
ビッグマック指数は、各国の経済力を測るための指数。マクドナルドで販売されているビッグマック1個の価格を比較する。

イギリスの経済専門誌『エコノミスト』によって考案された。

ビッグマックはほぼ全世界で同一品質のものが販売され、原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、さまざまな要因を元に単価が決定されるため、総合的な購買力の比較に使いやすかった。これが基準となった主な理由とされる。

具体的には、たとえば日本でビッグマックが250円、アメリカで2ドルのときは、250/2=125となり、1ドル=125円 がビッグマック指数となる。もしこの時点で、為替レートが1ドル110円だとすると、為替相場はビッグマック指数に比べて円高であり、この後、125円に向けて円安が進むだろう、などと推理する。

各都市で、1個のビッグマックを購入するのに必要な労働時間を算出することにより、各都市の物価に比した賃金水準を推計出来る。 2008年7月現在の賃金水準トップ10都市は以下の通りである。

東京 (日本)10分
ロスアンゼルス(アメリカ) 11分
シカゴ(アメリカ) 12分
マイアミ(アメリカ) 12分
ニューヨーク(アメリカ) 13分
オークランド(ニュージーランド) 14分
シドニー(オーストラリア) 14分
トロント(カナダ) 14分
チューリッヒ(スイス) 15分
ダブリン (アイルランド) 15分

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■総数順ランキング■
比率順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1東京3462.559.0
2大阪2332.661.1
3神奈川2212.456.4
4愛知1932.659.7
5埼玉1872.659.6
6千葉1542.557.6
7兵庫1442.660.5
8福岡971.945.6
9静岡892.456.4
10北海道871.639.8
11京都803.170.2
12茨城782.762.1
13広島531.944.9
14栃木452.353.7
15三重432.455.6
15岐阜432.150.3
17宮城421.843.5
18群馬412.149.4
18沖縄412.865.5
20滋賀402.865.1
21長野381.843.9
22新潟371.639.7
23奈良362.761.4
23岡山361.945.1
25熊本341.945.9
26福島331.742.1
27石川302.660.4
28愛媛282.048.4
29山口261.944.8
29富山262.557.2
31香川252.659.7
32鹿児島241.536.4
32大分242.149.1
34和歌山232.456.3
35山梨212.558.8
35長崎211.537.9
35青森211.639.8
38福井202.659.4
39山形181.639.6
40宮崎171.638.2
41佐賀161.946.2
42秋田151.536.8
42徳島152.047.7
44岩手141.128.8
45高知111.537.7
46鳥取101.842.5
47島根81.230.0
全国2,8842.3
比率順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]牛丼チェーン店舗数【東京都】
[2]なか卯店舗数【京都府】
[3]松屋店舗数【東京都】
[4]吉野家店舗数【宮城県】
[5]すき家店舗数【山梨県】
[6]コメダ珈琲店店舗数【愛知県】
[7]マクドナルド店舗数【京都府】
[8]モスバーガー店舗数【山梨県】
[9]ケンタッキーフライドチキン店舗数【沖縄県】
[ ]スターバックスコーヒー店舗数【東京都】
[ ]ミスタードーナツ店舗数【福井県】
[ ]ドトールコーヒー店舗数【東京都】
[ ]ロッテリア店舗数【佐賀県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]中学校完全給食実施率【愛媛県】
[ ]小学校完全給食実施率【島根県】
[ ]消費者物価地域差指数(教養娯楽)【神奈川県】
[ ]消費者物価地域差指数(教育)【神奈川県】
[ ]消費者物価地域差指数(衣料品)【栃木県】
[ ]消費者物価地域差指数(住居)【東京都】
[ ]消費者物価地域差指数(食料)【沖縄県】
[ ]消費者物価地域差指数(光熱・水道)【北海道】
[ ]消費者物価地域差指数【東京都】
[ ]転職率【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.エンゲル係数【京都府】
2位.温室効果ガス排出量【大分県】
3位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
4位.電気使用量【福井県】
5位.お菓子消費量【石川県】
6位.コンビニ勢力図
7位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
8位.年間降雪量【青森県】
9位.スターバックスコーヒー店舗数【東京都】
10位.男子小中学生肥満率【青森県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ