都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
セブンイレブン店舗数
2018年 第1位 山梨県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
セブンイレブンの店舗情報から2018年9月末現在の店舗数ランキング。2009年の時点では青森県、秋田県、石川県、鳥取県、四国全県、鹿児島県、沖縄県に出店していなかったが、現在では沖縄以外の全県に進出している。この間の店舗数推移は以下の通り。

2009年4月 12299軒
2010年6月 12771軒(前年比3.8%増)
2011年11月 13685軒(前年比7.2%増)
2013年1月 14807軒(前年比8.2%増)
2014年1月 16086軒(前年比8.6%増)
2015年2月 17491軒(前年比8.7%増)
2016年9月 19044軒(前年比8.9%増)
2017年5月 19579軒(前年比2.8%増)
2018年1月 20600軒(前年比5.2%増)

2017年から2018年にかけての店舗増加率上位10県は

set,a,thcnr,thc,thc,thc
set,b,thcnr,tdr,tdr,tdr
data,a,県,2017,2016,増加率
data,b,青森県,83,52,59.6%
data,b,鳥取県,30,19,57.9%
data,b,三重県,171,139,23.0%
data,b,島根県,57,48,18.8%
data,b,愛媛県,117,99,18.2%
data,b,高知県,40,34,17.6%
data,b,秋田県,102,87,17.2%
data,b,岐阜県,192,169,13.6%
data,b,長崎県,200,178,12.4%
data,b,熊本県,342,312,9.6%
data,b,全国,20600,19579,5.2%

となっていて、新規出店した青森県や鳥取県で店舗数を急激に増やしている。

店舗数に関係する沿革

set,a,thcnr,tdl
set,b,thcnr,thc
data,b,年,内容
data,a,1974,第1号店出店(東京都江東区・豊洲店)
data,a,1976,出店数100店舗達成
data,a,1980,出店数 1000店舗達成
data,a,1984,出店数 2000店舗達成
data,a,1987,出店数 3000店舗達成
data,a,1990,出店数 4000店舗達成
data,a,1993,出店数 5000店舗達成
data,a,1995,出店数 6000店舗達成
data,a,1997,出店数 7000店舗達成
data,a,1999,出店数 8000店舗達成
data,a,2002,出店数 9000店舗達成
data,a,2003,出店数 10000店舗達成
data,a,2005,出店数 11000店舗を突破
data,a,2007,セブン‐イレブンが小売業として世界最大のチェーン店舗数を達成
data,a,2008,出店数 12000店舗突破
data,a,2013,出店数 15000店舗突破
世界のセブン‐イレブン出店数が50000店舗を突破


全国のセブンイレブン店舗数は20,600軒で、人口10万人あたり16.26軒。セブンイレブン店舗数が最も多いのは山梨県で人口10万人あたり25.64軒(偏差値68.5)。2位は山口県で23.64軒。3位以下は群馬県(23.52軒)、福島県(23.49軒)、佐賀県(23.42軒)の順。。一方、店舗がない沖縄県を除いて最もセブンイレブン店舗数が少ないのは鳥取県で5.31軒。これに高知県(5.60軒)、青森県(6.50軒)、島根県(8.32軒)と続いている。

分布図を見ると関東周辺と九州で密度が高い。また、赤いエリアと青いエリアにはっきり分かれており、店舗数が多いところと少ないところがはっきりを分かれていることを示してる。これは特定の地域へ集中的に出店するドミナント政策の表れだろう。

セブンイレブンの店舗展開(Wikipedia)
「特定の地域へ集中的に出店する」というドミナント戦略を基に店舗展開を行っているため、店舗数の多さの割には未出店の地域がかなり多く、そのために三大都市圏の一つである名古屋ですら、21世紀に入るまで出店は無く、大阪への出店も1990年代以降と、遅かった。


相関ランキングを見るとローソン店舗数ファミリーマート店舗数と負の相関関係となっている。これはセブンイレブンが多いところはローソンやファミリーマートが少ないことを意味しており、三社のライバル関係がよく表れている。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■総数順ランキング■
比率順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1東京2,68419.657.9
2神奈川1,41815.550.9
3大阪1,23614.048.3
4埼玉1,20116.452.5
5千葉1,10217.654.6
6愛知1,05914.148.4
7北海道1,00618.956.8
8福岡1,00319.658.1
9静岡72519.758.2
10兵庫70612.846.3
11茨城63622.062.2
12広島59020.960.2
13長野46322.362.7
14群馬46123.564.8
15栃木44222.663.2
15福島44223.564.8
17新潟42418.756.5
18宮城40517.454.3
19京都34613.347.1
20熊本34219.457.6
21山口32723.665.0
22岡山30415.951.7
23滋賀24017.053.5
24山梨21125.668.5
25長崎20014.849.6
26鹿児島19812.245.1
27宮崎19517.955.1
28佐賀19323.464.7
29岐阜1929.640.6
30山形18316.652.8
31三重1719.540.5
32大分17014.849.6
33奈良14410.742.6
34岩手14311.443.8
35石川13311.644.1
36富山13212.545.7
37愛媛1178.638.9
38香川10510.942.9
39秋田10210.241.8
40徳島9012.145.0
41青森836.535.3
42和歌山808.538.7
43福井698.939.4
44島根578.338.5
45高知405.633.7
46鳥取305.333.2
--沖縄------
全国20,60016.3
比率順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]コンビニ勢力図
[2]ファミリーマート店舗数【三重県】
[3]ローソン店舗数【鳥取県】
[4]セブンイレブン店舗数【山梨県】
[5]コンビニ店舗数【北海道】
[6]セーブオン店舗数【群馬県】
[7]ポプラ店舗数【広島県】
[8]セイコーマート店舗数【北海道】
[9]デイリーヤマザキ店舗数【山梨県】
[ ]ミニストップ店舗数【三重県】
[ ]スリーエフ店舗数【神奈川県】
[ ]サークルKサンクス店舗数【石川県】
[ ]ココストア・エブリワン店舗数【沖縄県】
[ ]am/pm店舗数【東京都】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]灯油消費量【青森県】
[ ]電力消費量【福井県】
[ ]水道料金【青森県】
[ ]下水道普及率【東京都】
[ ]限界集落比率【北海道】
[ ]道路舗装率【佐賀県】
[ ]道路延長【島根県】
[ ]老舗企業数【福井県】
[ ]高校女子体操・新体操部員数【三重県】
[ ]中学女子体操・新体操部員数【群馬県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.電力消費量【福井県】
3位.道路舗装率【佐賀県】
4位.コンビニ勢力図
5位.限界集落比率【北海道】
6位.エンゲル係数【京都府】
7位.老舗企業数【福井県】
8位.下水道普及率【東京都】
9位.全国学力テスト正答率【石川県】
10位.高校男子ラグビー部員数【長崎県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ