都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
スターバックスコーヒー店舗数
2018年 第1位 東京都
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
公式サイトの店舗検索からスターバックスコーヒー店舗数のランキング。

スターバックスコーヒーの沿革(店舗数に関係するもの)

set,a,thcnr,tdl
set,b,thcnr,thc
data,b,年,内容
data,a,1996年度,東京・銀座に第1号店「銀座松屋通り店」をオープン
data,a,1997年度,日本における店舗数(1997年度末):18
data,a,1998年度,大阪府に関西地区における第1号店「梅田HEP FIVE店」をオープン
日本における店舗数(1998年度末):52
data,a,1999年度,東海地区第1号店「名古屋JRセントラルタワーズ店」をオープン
日本における店舗数(1999年度末):117
data,a,2001年度,第300号店「新大阪ニッセイビル店」(大阪市淀川区)をオープン
data,a,2002年度,第400号店「横浜シァル店」をオープン
日本における店舗数(2002年度末):453
data,a,2003年度,長野県第1号店にて初日売上の世界記録を更新
日本における店舗数(2003年度末):514
data,a,2004年度,日本における店舗数(2004年度末):551
data,a,2005年度,第600号店「イオンナゴヤドーム前店」(名古屋市東区)をオープン
日本における店舗数(2005年度末):602
data,a,2006年度,日本における店舗数(2006年度末):686
data,a,2007年度,第700号店「イオン高の原店」(京都府木津川市)をオープン
日本における店舗数(2007年度末):776
data,a,2008年度,日本における店舗数(2008年度末):854
data,a,2009年度,日本における店舗数(2009年度末):877
data,a,2010年度,日本における店舗数(2010年度末現在):912
data,a,2011年度,日本における店舗数(2011年度末現在):955
data,a,2012年度,島根県第1号店「スターバックス コーヒー シャミネ松江店」(島根県松江市)をオープン
日本における店舗数(2012年度末現在):985
data,a,2013年度,「名古屋自由ヶ丘店」(愛知県名古屋市)と「田園調布 東急スクエアガーデンサイト店」(東京都大田区)の2店舗が同日オープンし、これをもって国内1000店舗に到達。
日本における店舗数(2013年度末現在):1034
data,a,2014年度,日本における店舗数(2015年3月末現在):1,096
data,a,2015年度,鳥取県1号店「スターバックス コーヒー シャミネ鳥取店」 (鳥取県鳥取市) をオープン。
日本における店舗数(2015年9月末現在):1,131
data,a,2016年度,日本における店舗数(2016年9月末現在):1,211


全国のスターバックスコーヒー店舗数は1,320軒で、人口10万人あたり1.04軒。店舗数が最も多いのは東京都で人口10万人あたり2.33軒(偏差値94.4)。2位は沖縄県で1.46軒。3位以下は京都府(1.27軒)、愛知県(1.23軒)、栃木県(1.22軒)の順。一方、最も店舗数が少ないのは鹿児島県で人口10万人あたり0.31軒(偏差値34.5)。これに宮崎県(0.37軒)、福島県(0.37軒)、山口県(0.43軒)、新潟県(0.53軒)と続いている。

分布地図を見ると三大都市圏とその周辺で多く、地方で少ない。相関ランキングでも基準地価:工業地と正の相関があり、地価が高い都市部に店舗が多い。

また、生産年齢人口と正の相関があり、65歳以上人口(高齢者数)と負の相関があることから、働き盛りの世代が多く高齢者が少ないところにスタバが多い。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■総数順ランキング■
比率順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1東京3172.394.4
2神奈川991.157.5
3大阪981.158.3
4愛知921.261.8
5千葉641.055.9
6埼玉630.951.1
7福岡480.953.3
7兵庫480.951.2
9北海道350.744.8
10京都331.363.0
11茨城311.157.1
12静岡300.849.6
13栃木241.261.6
14広島230.849.5
15沖縄211.568.7
15宮城210.952.2
17長野190.952.4
18三重160.951.7
19群馬150.848.1
20滋賀141.054.8
21岐阜130.644.5
22新潟120.541.0
22岡山120.644.0
24奈良110.849.5
25熊本100.642.2
25石川100.951.2
25愛媛100.747.0
25山梨101.261.2
29佐賀91.157.7
29青森90.746.1
29富山90.850.6
32香川80.849.8
32長崎80.642.8
34福島70.436.4
34岩手70.641.8
34大分70.643.3
34秋田70.746.0
34和歌山70.747.2
39山形60.541.4
39山口60.438.2
39福井60.848.2
42鹿児島50.334.5
43島根40.642.6
43高知40.641.9
43徳島40.541.3
43鳥取40.746.3
43宮崎40.436.3
全国1,3201.0
比率順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]牛丼チェーン店舗数【東京都】
[2]なか卯店舗数【京都府】
[3]松屋店舗数【東京都】
[4]吉野家店舗数【宮城県】
[5]すき家店舗数【山梨県】
[6]コメダ珈琲店店舗数【愛知県】
[7]マクドナルド店舗数【京都府】
[8]モスバーガー店舗数【山梨県】
[9]ケンタッキーフライドチキン店舗数【沖縄県】
[ ]スターバックスコーヒー店舗数【東京都】
[ ]ミスタードーナツ店舗数【福井県】
[ ]ドトールコーヒー店舗数【東京都】
[ ]ロッテリア店舗数【佐賀県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日ベトナム人【群馬県】
[ ]外国人研修生・技能実習生数【岐阜県】
[ ]小学校外国人児童数【愛知県】
[ ]小学校一校あたり児童数【神奈川県】
[ ]標高【長野県】
[ ]魅力度【北海道】
[ ]在日外国人【東京都】
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.年間降水量【高知県】
2位.漁業就業人口【長崎県】
3位.しめじ消費量【香川県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
9位.横断歩道での一時停止率【長野県】
10位.温室効果ガス排出量【大分県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ