都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
研修医数
2014年 第1位 沖縄県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査から研修医数ランキング。ここでは同調査の医療施設に従事している研修医数を比較している。医師数に占める研修医の割合は研修医比率参照。

Wikipedia 研修医
日本では大学において6年間の医学教育が行われているが、医師免許・歯科医師免許を持たない学生は法律的に医療行為を行えないため、大学卒業時点では医師・歯科医師としての実地経験はないに等しい。そのため、診療に従事しようとする医師・歯科医師に対し、免許取得の後に、臨床研修の名で上級医の指導の下に臨床経験を積む卒後教育が制度化された。


全国の研修医は15,340人で人口10万人あたり12.07人。最も研修医が多いのは沖縄県で20.13人。2位は東京都で18.35人。3位以下は京都府、和歌山県、岡山県と続いている。一方、研修医が少ないのは埼玉県で5.90人。この他、奈良県、新潟県、群馬県、宮崎県などで研修医が少ない。

沖縄県に研修医が多いのは2004年に始まった臨床研修制度が原因という意見がある。

琉球新報「初期臨床研修 県内の病院、人気2位」
 医大生らが医師免許を取得した後の2年間、現場で診療経験を積む初期臨床研修で、沖縄の研修病院は東京都に次いで、高い人気を誇っている。特定の診療科だけでなく、幅広い診療科での研修を義務付けた2004年度からの新臨床研修制度は県立中部病院(うるま市)をモデルにしたとも言われ、関係者は「離島県の沖縄では自前で医師を育て確保する必要があった。40年かけてつくり上げてきたシステム」と胸を張る。

 県内外から高い評価を受けている中部病院の研修は重症度を問わず、すべての患者を受け入れる同院の救急体制もあり、症例数の多さが魅力。指導医の下、2年目の研修医が入院患者の治療に当たる実務経験も研修医たちを鍛え上げる。

 初期研修2年目の反田篤志医師(26)=東大卒=は「長い時間をかけて培ってきた教育システムが魅力。病棟のマネジメントも自分でやる責任がある」とやりがいに満ちた様子。

 1年目の渡口真史医師(25)=琉大卒=も「学生の時に実習で来て、医師が熱心だと感じた」と中部病院を研修先として選んだ理由を挙げる。


琉球新報「57%が離島研修希望 研修医アンケート」
 県内の研修病院で「後期研修」を受けている131人の研修医のうち、半数以上の75人が離島研修を希望していることが、県立中部病院の遠藤和郎医師と尾原晴雄医師が昨年12月に実施したアンケートで分かった。県内では離島勤務医の確保が課題になっているが、離島研修がプログラムに組み込まれているのは1病院しかない。一方で今回の結果は、研修医の多くが離島医療に興味を抱いていることを示しており、こうした研修医を離島勤務につなげる対策の必要性が浮き彫りとなった。


これらを見ると充実した研修環境と離島人気が沖縄の研修医の多さにつながっているようだ。

岡山県は手術件数が多く研修先として人気の榊原病院と倉敷中央病院があるためと思われる。

wikipedia:倉敷中央病院
京都大学との関係

大原孫三郎が病院設立に先立って、当時の京都大学総長で岡山の第三高等中学校医学部へ赴任したこともあった荒木寅三郎と基本方針を検討。その後、荒木によって京大医学部から多くの人材が派遣された。それ以来、京大医学部とは密接な関係が続いており、現在でも京大出身の医師が多く、小笠原院長や後述の光藤医師も京大出身である。

医療技術

病院の実績を評価する基準に手術件数があるが、多くの手術分野で中四国ではトップクラスにある。特に、光藤和明(みつどう・かずあき)が心カテーテル治療の分野では有名で、1982年(昭和57年)から1万9千例以上の実績がある。以前、台湾で光藤の治療を受けた李登輝元総統が、再度診察を受けるために、2001年(平成13年)4月、倉敷を訪れたことが全国ニュースで報じられ話題となった。


相関ランキングでは若手医師数と高い相関があり、研修医が多いところは若手医師が多い。研修した医師が残るためだろう。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1沖縄28620.178.1
2東京2,45718.472.1
3京都47218.171.2
4和歌山17317.870.3
5岡山30816.064.3
6佐賀13315.964.0
7福岡73014.358.7
8福井11314.358.5
9石川16514.358.4
10高知10213.856.9
11島根9613.856.8
12大阪1,19313.555.8
13栃木25112.753.1
14秋田12912.452.3
15滋賀17112.151.1
16愛知89912.151.0
17神奈川1,09412.050.9
18山梨10112.050.8
19長崎16612.050.7
20兵庫65211.850.0
21山形13111.649.4
22香川11311.549.2
23鳥取6611.549.1
24愛媛15811.348.5
25徳島8411.047.4
26熊本19610.947.2
27青森14410.947.1
28三重19810.846.9
29長野22810.846.8
30岐阜22010.846.7
31山口15010.746.3
32北海道55610.345.1
33広島29110.345.0
34千葉63010.244.7
35宮城23410.144.3
36富山10710.044.1
37岩手12810.044.0
38静岡3619.743.2
39茨城2819.642.8
40福島1829.442.1
41鹿児島1468.839.9
42大分1028.739.8
43宮崎978.739.8
44群馬1638.238.2
45新潟1677.234.8
46奈良896.532.2
47埼玉4275.930.3
全国15,34012.1
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]総医師数【京都府】
[2]現役医師数【徳島県】
[3]病院数【高知県】
[4]薬剤師数【徳島県】
[5]歯科医師数【東京都】
[6]准看護師比率【宮崎県】
[7]看護師数【高知県】
[8]保健師数【山梨県】
[9]助産師数【島根県】
[ ]耳鼻咽喉科医師比率【福井県】
[ ]耳鼻咽喉科医師数【京都府】
[ ]眼科医師比率【愛知県】
[ ]眼科医師数【東京都】
[ ]美容外科医師数【東京都】
[ ]整形外科医師比率【香川県】
[ ]整形外科医師数【徳島県】
[ ]精神科・心療内科医師比率【沖縄県】
[ ]精神科・心療内科医師数【沖縄県】
[ ]小児科医師比率【岐阜県】
[ ]小児科医師数【徳島県】
[ ]産科・産婦人科医師比率【沖縄県】
[ ]産科・産婦人科医師数【東京都】
[ ]麻酔科医師比率【北海道】
[ ]麻酔科医師数【香川県】
[ ]循環器科医師比率【和歌山県】
[ ]循環器科医師数【徳島県】
[ ]呼吸器科医師比率【徳島県】
[ ]呼吸器科医師数【徳島県】
[ ]消化器科医師比率【和歌山県】
[ ]消化器科医師数【和歌山県】
[ ]内科医師比率【徳島県】
[ ]内科医師数【徳島県】
[ ]外科医師比率【岩手県】
[ ]外科医師数【徳島県】
[ ]勤務医比率【北海道】
[ ]男性医師数【長崎県】
[ ]女性医師比率【東京都】
[ ]女性医師数【東京都】
[ ]研修医比率【沖縄県】
[ ]研修医数【沖縄県】
[ ]若手医師比率【東京都】
[ ]若手医師数【東京都】
[ ]現役医師増加率【千葉県】
[ ]歯科診療所数【東京都】
[ ]精神病床数【鹿児島県】
[ ]療養病床数【高知県】
[ ]一般病床数【大分県】
[ ]精神科病院数【鹿児島県】
[ ]診療所数【和歌山県】
[ ]病院増減率【鳥取県】
[ ]整骨院数【富山県】
[ ]大学医学部数【石川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
[ ]全国学力テスト小学生正答率【秋田県】
[ ]小学生朝食摂取率【島根県】
[ ]中学生朝食摂取率【秋田県】
[ ]中学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]小学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]全国学力テスト正答率【石川県】
[ ]社会民主党得票率(直近10年間)【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.年間降水量【高知県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.温室効果ガス排出量【大分県】
9位.酢消費量【鹿児島県】
10位.エンゲル係数【京都府】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ