都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
麦生産量
2013年 第1位 北海道
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
農林水産省の作況調査から、自給率の低下が問題になっている麦の収穫量ランキング。農林水産省の統計では麦4種として小麦、六条大麦、二条大麦、裸麦の収穫量が都道府県別に掲載されている。

中国四国農政局農林水産統計

set,a,thcnr,tdl
data,a,小麦,大部分が食用として小麦粉にされ、パンやめん類、お菓子などに使用されます。
data,a,二条大麦,穂の6列(条)のうち、2列に実がつきます。主にビールなどの酒類に使用されます。
data,a,六条大麦,脱穀すると簡単に穎(えい)(穀粒を包んでいる皮)がとれます。主に麦ごはんや麦みそに使用されます。
data,a,裸麦,脱穀すると簡単に穎(えい)(穀粒を包んでいる皮)がとれます。主に麦ごはんや麦みそ
に使用されます。


なお、神奈川県、京都府、大阪府、奈良県、広島県、鹿児島県は生産量が公表されていない。これらの府県は麦生産者が少なく、県の生産量を公表すれば生産者の生産量が判明してしまうためだ。

今では麦の大部分を輸入に頼っている日本だが、ほんの数十年前までは事情は違っていたらしい。

日本の小麦作の現状
4麦(小麦・六条大麦・裸麦・二条大麦)の最高作付面積は、1914(大正3)年の181万haで、1999(平成11)年の水陸稲の面積179万haに匹敵します。一方、最低の作付面積は1973(昭和48)年の7.5万haで、当時『国産麦は安楽死』と言われました。


自給率についても以前は高かった。

産業技術総合研究所

set,a,thcnr,thc,thc,thc
set,b,thcnr,tdc,tdc,tdc
data,a,年,小麦,大麦,裸麦
data,b,1960年,39,104,112
data,b,1970年,9,28,73
data,b,1980年,10,13,98
data,b,1990年,15,12,92
data,b,2000年,11,7,105
data,b,2004年,14,8,80


急激な麦の生産量の低下についていくつか理由があるが、代表的なものとして

・農業人口の減少や兼業農家の増加により米麦の二毛作から米の単作にシフトした。
・高い米価が政策的に維持されたので、米以外の生産に消極的になった。
・自国で余剰となった小麦を日本で消費させたいアメリカの小麦戦略の影響。(参考「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活)

などがある。その後は麦の増産に向けて政府も動いているが、まだまだ自給率は低いままだ。

全国の麦収穫量は994,600トンで、農業就業人口1人あたり0.38トン。

最も収穫量が多いのは北海道で、農業就業人口1人あたり4.82トンと全国平均の12.6倍となっている。2位は佐賀県で1.67トン。3位以下は福岡県、滋賀県、福井県を続いている。

収穫量は北海道、北関東、北部九州で多いが、これらの地域には違いがある。北部九州、北関東では米の裏作として秋から春にかけて栽培されているが、北海道では表作として春から秋にかけて栽培されている。麦は稲よりも涼しい気候を好むことから、気候的にも合っている。

北関東では関東ローム層の大地で水はけが良いことや、冬の日照時間が長いこと、冬の寒さが厳しくないことなどが麦の生育に適しているという。

佐賀県は耕地利用率が日本一高いなど裏作がもともと盛んで、多くの水田の裏作に麦が栽培されている。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:農業就業人口1あたりの数
偏:偏差値
1北海道537,0004.8111.4
2佐賀56,4001.768.6
3福岡67,6001.059.5
4滋賀20,2000.755.3
5福井15,6000.755.0
6栃木51,5000.654.8
7群馬32,9000.653.8
8富山9,8600.451.5
9三重17,2000.451.5
10埼玉24,4000.350.6
11愛知22,3000.349.9
12大分12,3000.349.8
13香川9,0800.349.5
14茨城25,5000.249.1
15熊本18,5000.248.9
16岐阜9,8500.248.9
17岡山9,0700.248.1
18石川3,3600.248.1
19長崎4,2100.147.4
20愛媛5,1000.147.3
21宮城6,8200.147.3
22岩手7,4300.147.1
23山口2,8900.147.1
24長野7,6300.147.1
25兵庫5,0800.147.0
26島根1,5900.046.7
27青森2,9800.046.5
28静岡1,6600.046.3
29千葉2,0400.046.3
30鳥取3090.046.2
31徳島3470.046.1
32山梨2640.046.1
33秋田4250.046.1
34東京700.046.1
35新潟5240.046.1
36宮崎2870.046.1
37福島4910.046.1
38山形2040.046.1
39沖縄360.046.0
40高知280.046.0
41和歌山60.046.0
--鹿児島------
--大阪------
--広島------
--奈良------
--京都------
--神奈川------
全国994,6000.4
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]米生産量【富山県】
[2]農業就業人口【岩手県】
[3]食糧自給率(カロリーベース)【北海道】
[4]食糧自給率(生産額ベース)【宮崎県】
[5]農協数【神奈川県】
[6]大豆生産量【北海道】
[7]麦生産量【北海道】
[8]米作付面積率【秋田県】
[9]米作付面積【富山県】
[ ]かぼちゃ生産量【北海道】
[ ]スイートコーン生産量【北海道】
[ ]ほうれんそう生産量【千葉県】
[ ]ピーマン生産量【宮崎県】
[ ]さといも生産量【宮崎県】
[ ]なす生産量【高知県】
[ ]スイカ生産量【石川県】
[ ]ねぎ生産量【埼玉県】
[ ]レタス生産量【長野県】
[ ]きゅうり生産量【宮崎県】
[ ]にんじん生産量【北海道】
[ ]トマト生産量【熊本県】
[ ]白菜生産量【長野県】
[ ]タマネギ生産量【北海道】
[ ]キャベツ生産量【群馬県】
[ ]だいこん生産量【神奈川県】
[ ]農業生産額【北海道】
[ ]ジャガイモ生産量【北海道】
[ ]米生産額比率【富山県】
[ ]桃生産量【山梨県】
[ ]ぶどう生産量【山梨県】
[ ]柿生産量【和歌山県】
[ ]メロン生産量【熊本県】
[ ]なし生産量【鳥取県】
[ ]りんご生産量【青森県】
[ ]みかん生産量【和歌山県】
[ ]イチゴ生産量【栃木県】
[ ]水稲10a当たり収量【長野県】
[ ]一等米比率【長野県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]灯油消費量【青森県】
[ ]電力消費量【福井県】
[ ]水道料金【青森県】
[ ]下水道普及率【東京都】
[ ]限界集落比率【北海道】
[ ]道路舗装率【佐賀県】
[ ]道路延長【島根県】
[ ]老舗企業数【福井県】
[ ]高校女子体操・新体操部員数【三重県】
[ ]中学女子体操・新体操部員数【群馬県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.エンゲル係数【京都府】
2位.限界集落比率【北海道】
3位.電力消費量【福井県】
4位.相対的貧困世帯率【高知県】
5位.道路舗装率【佐賀県】
6位.コンビニ勢力図
7位.老舗企業数【福井県】
8位.高校男子ラグビー部員数【長崎県】
9位.下水道普及率【東京都】
10位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ