都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
鉄道旅客域内移動率
2013年 第1位 沖縄県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
国土交通省の貨物・旅客地域流動調査から鉄道の域内移動率ランキング。同調査には

発量 その都道府県から出発した旅客の数
着量 その都道府県に到着した旅客の数
域内量 その都道府県内で出発・到着した旅客の数

の3つがあり、発量に占める域内量の割合を計算した。割合が高いほど、鉄道の県内移動が多く、割合が低いほど鉄道の県外移動が多い。

域内移動率の全国平均は80.53%。域内移動率が最も高いのは沖縄県で100.00%。沖縄には県外に移動できる鉄道がないので当たり前の結果だ。同じく北海道も道外に鉄道で出る機会がほとんどないため99.81%が道内移動に利用されている。

一方、域内移動率が最も低いのが岐阜県で47.20%。岐阜県を出る鉄道旅客の半分以上が他県に出ており、鉄道利用者の多くが名古屋圏に通勤していると思われる。これに奈良県、埼玉県、茨城県、佐賀県、滋賀県と続いている。

分布地図を見ると東京、愛知、大阪、福岡は域内通勤率が高いがその周辺で域外通勤率が高い。周辺都市から中心都市に向けて通勤客が移動しているのが原因だ。それぞれの通勤圏は


set,a,thcnr,tdl
set,b,thcnr,thc
data,b,都市,通勤圏
data,a,東京,山梨、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
data,a,愛知,岐阜、三重
data,a,大阪,奈良、和歌山、滋賀、京都、兵庫
data,a,福岡,佐賀、山口


となっていることが地図から分かる。

相関ランキングでは高校県外進学率と負の相関が高く、県外進学率が高いところは域内利用率が低い。大都市周辺から大都市に通勤客に加えて高校生も集まっていることが分かる。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1沖縄100.0064.1
2北海道99.8163.9
3高知97.5062.3
4愛媛96.7461.7
5徳島95.5160.8
6福岡94.8760.4
7宮崎94.7460.3
8長崎94.0459.8
9宮城93.2959.2
10鹿児島93.2359.2
11愛知92.5858.7
12広島92.2958.5
13新潟90.8057.4
14秋田89.7856.7
15富山89.6356.6
16熊本88.9356.1
17長野88.3055.6
18香川88.0755.4
19大分86.2854.2
20島根86.2654.1
21大阪85.3753.5
22鳥取84.0152.5
23静岡83.7052.3
24岩手83.5752.2
25岡山83.4352.1
26山形83.3252.0
27青森82.4451.4
28東京82.0351.1
29石川81.7550.9
30福井81.6050.8
31福島80.8150.2
32兵庫79.2049.0
33三重72.9644.5
34神奈川72.8744.5
35山口72.6144.3
36京都69.6042.1
37山梨67.4440.5
38群馬67.2240.4
39千葉65.4739.1
40和歌山62.8537.2
41栃木61.9236.6
42滋賀60.7735.7
43佐賀58.6134.2
44茨城56.3232.5
45埼玉55.3931.8
46奈良49.8327.8
47岐阜47.2025.9
全国80.53
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]横断歩道での一時停止率【長野県】
[2]軽自動車比率【沖縄県】
[3]軽自動車保有台数【沖縄県】
[4]自動車保有台数【群馬県】
[5]タクシー旅客輸送量【北海道】
[6]乗合バス旅客域内移動率【沖縄県】
[7]乗合バス旅客輸送量【神奈川県】
[8]鉄道旅客域内移動率【沖縄県】
[9]鉄道旅客輸送量【東京都】
[ ]徒歩・自転車通勤・通学率【大阪府】
[ ]公共交通機関通勤・通学率【東京都】
[ ]バス通勤・通学率【神奈川県】
[ ]鉄道通勤・通学率【東京都】
[ ]自家用車通勤・通学率【富山県】
[ ]運転免許保有者数【群馬県】
[ ]鉄道駅数【高知県】
[ ]自転車保有台数【埼玉県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]中学校完全給食実施率【愛媛県】
[ ]小学校完全給食実施率【島根県】
[ ]消費者物価地域差指数(教養娯楽)【神奈川県】
[ ]消費者物価地域差指数(教育)【神奈川県】
[ ]消費者物価地域差指数(衣料品)【栃木県】
[ ]消費者物価地域差指数(住居)【東京都】
[ ]消費者物価地域差指数(食料)【沖縄県】
[ ]消費者物価地域差指数(光熱・水道)【北海道】
[ ]消費者物価地域差指数【東京都】
[ ]転職率【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.エンゲル係数【京都府】
2位.温室効果ガス排出量【大分県】
3位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
4位.電気使用量【福井県】
5位.お菓子消費量【石川県】
6位.コンビニ勢力図
7位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
8位.年間降雪量【青森県】
9位.スターバックスコーヒー店舗数【東京都】
10位.男子小中学生肥満率【青森県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ