都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
高卒求人倍率
2012年 第1位 東京都
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
厚生労働省の報道発表資料から高卒求人倍率ランキング。

2012年の高卒求人倍率は1.37倍で、求職者を上まわる求人数があった計算になる。最も求人倍率が高かったのは東京都で4.34倍。2位以下は愛知県、大阪府、京都府、広島県と続いている。一方、最も求人倍率が低かったのは長崎県で0.65倍。

分布図を見ると九州、四国、東北で求人倍率が低い。

相関ランキングでは携帯電話契約数基準地価:商業地Facebookユーザー数と正の相関が非常に高い。東京が飛び抜けて高い分布状況が似ているためだろう。

高卒求職者数とは負の相関となっており、高卒求人倍率が高いところは高卒求職者が少ない。

求人倍率=求人数÷求職者数

という計算式から考えれば、求職者が少ないところで求人倍率が高いのは当たり前と言える。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1東京4.34106.5
2愛知1.8961.3
3大阪1.8660.8
4京都1.7759.1
5広島1.7458.6
6香川1.6957.7
7宮城1.6657.1
8群馬1.5755.5
9富山1.4954.0
10石川1.4853.8
11神奈川1.4453.1
12新潟1.3952.1
13茨城1.3351.0
14静岡1.3150.7
14福井1.3150.7
16山形1.2749.9
16福島1.2749.9
18栃木1.2649.7
19埼玉1.2549.6
20兵庫1.2449.4
20岐阜1.2449.4
22福岡1.2349.2
22長野1.2349.2
24千葉1.2249.0
25岡山1.2148.8
25北海道1.2148.8
27島根1.2048.6
28三重1.1647.9
28愛媛1.1647.9
30大分1.0846.4
31山梨1.0746.2
32山口1.0646.1
32岩手1.0646.1
34鳥取1.0545.9
35滋賀1.0345.5
35奈良1.0345.5
37秋田1.0045.0
38徳島0.9844.6
39和歌山0.9143.3
40宮崎0.8842.7
41熊本0.8341.8
42高知0.8141.5
43佐賀0.8041.3
44青森0.7640.5
45鹿児島0.7440.2
46沖縄0.7139.6
47長崎0.6538.5
全国1.37
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]転職率【沖縄県】
[2]第三次産業従業者数【東京都】
[3]第二次産業従業者数【富山県】
[4]第一次産業従業者数【宮崎県】
[5]年間完全失業率【沖縄県】
[6]高卒求人倍率【東京都】
[7]高卒求職者数【佐賀県】
[8]非正規雇用率【沖縄県】
[9]自営業者数【和歌山県】
[ ]起業家数【東京都】
[ ]正社員数(サラリーマン数)【東京都】
[ ]非正規労働者数【北海道】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
[ ]全国学力テスト小学生正答率【秋田県】
[ ]小学生朝食摂取率【島根県】
[ ]中学生朝食摂取率【秋田県】
[ ]中学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]小学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]全国学力テスト正答率【石川県】
[ ]社会民主党得票率(直近10年間)【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.年間降水量【高知県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.酢消費量【鹿児島県】
9位.エンゲル係数【京都府】
10位.温室効果ガス排出量【大分県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ