都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
年間完全失業率
2016年 第1位 沖縄県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
総務省の労働力調査から完全実業率のランキング。都道府県別失業率については

労働力調査
労働力調査は、都道府県別に表章するように標本設計を行っておらず(北海道及び沖縄県を除く。),標本規模も小さいことなどにより,全国結果に比べ結果精度が十分に確保できないとみられることから,結果の利用に当たっては注意を要する。

とされており、参考程度に考えていただきたい。

年間完全失業率の全国平均は3.1%。失業率が最も高いのは沖縄県で4.4%(偏差値79.4)。基地や本土との経済格差など様々な問題を抱えており、長期的で根深い問題となっている。2位は大阪府で4.0%。3位以下は青森県(4.0%)、北海道(3.6%)、福岡県(3.5%)の順。一方、最も失業率が低いのは島根県で1.7%(偏差値30.5)。これに福井県(1.9%)、和歌山県(2.0%)、三重県(2.0%)、佐賀県(2.1%)と続いている。

分布図を見ると九州、関西、関東、北日本で失業率が高い。

相関ランキングを見ると生活保護受給世帯生活保護受給者と正の相関が高く、失業率が高いところは生活保護を受ける人が多い。

また、製造業従業者数建設業者数高校生就職内定率と負の相関があることから、製造業や建設業が多く高卒就職内定率が高いところは失業率が少ない。

この他、50代女性未婚率50代男性未婚率など、各年代の未婚率との相関が高く、失業率が高いところは未婚率が高い。不安定な経済状況が結婚をあきらめさせる原因となっているようだ。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1沖縄4.479.4
2大阪4.072.1
2青森4.072.1
4北海道3.664.9
5福岡3.563.1
6兵庫3.461.3
7高知3.359.5
8東京3.257.7
8熊本3.257.7
8奈良3.257.7
8宮城3.257.7
8秋田3.257.7
13埼玉3.155.9
13神奈川3.155.9
13京都3.155.9
16千葉2.952.2
16茨城2.952.2
18鹿児島2.850.4
18新潟2.850.4
18長崎2.850.4
21徳島2.748.6
21広島2.748.6
21栃木2.748.6
21岡山2.748.6
25山梨2.646.8
25愛媛2.646.8
25香川2.646.8
25大分2.646.8
25福島2.646.8
30滋賀2.545.0
30長野2.545.0
30静岡2.545.0
30群馬2.545.0
34鳥取2.443.2
34山形2.443.2
34山口2.443.2
34愛知2.443.2
34岐阜2.443.2
34岩手2.443.2
40石川2.341.4
40富山2.341.4
40宮崎2.341.4
43佐賀2.137.8
44和歌山2.035.9
44三重2.035.9
46福井1.934.1
47島根1.730.5
全国3.1
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]転職率【沖縄県】
[2]第三次産業従業者数【東京都】
[3]第二次産業従業者数【富山県】
[4]第一次産業従業者数【宮崎県】
[5]年間完全失業率【沖縄県】
[6]高卒求人倍率【東京都】
[7]高卒求職者数【佐賀県】
[8]非正規雇用率【沖縄県】
[9]自営業者数【和歌山県】
[ ]起業家数【東京都】
[ ]正社員数(サラリーマン数)【東京都】
[ ]非正規労働者数【北海道】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]コンビニ勢力図
[ ]コンビニ店舗数【北海道】
[ ]セブンイレブン店舗数【山梨県】
[ ]ファミリーマート店舗数【沖縄県】
[ ]ローソン店舗数【鳥取県】
[ ]ポプラ店舗数【広島県】
[ ]セイコーマート店舗数【北海道】
[ ]デイリーヤマザキ店舗数【山梨県】
[ ]ミニストップ店舗数【三重県】
[ ]キャンプ場数【島根県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.電力消費量【福井県】
3位.エンゲル係数【京都府】
4位.お菓子消費量【石川県】
5位.相対的貧困世帯率【高知県】
6位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
7位.男子小中学生体力テスト【福井県】
8位.ローソン店舗数【鳥取県】
9位.全国学力テスト正答率【石川県】
10位.キャンプ場数【島根県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ