都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
イトーヨーカドー店舗数
2010年 第1位 埼玉県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
イトーヨーカドー店舗数の都道府県別ランキング。イトーヨーカドーはセブン&アイ・ホールディングスの子会社で全国に180店舗展開してる。

人口10万人あたり店舗数が最も多いのは神奈川県で0.34店舗、以下、埼玉県(0.34店舗)、千葉県(3位:0.33店舗)、東京都(4位:0.29店舗)と関東各県が上位を占めている。

この他の地域も北関東や長野、静岡など関東近辺に店舗が多く、典型的なドミナント政策となっている。これはセブンイレブンと同じで、セブン&アイ・ホールディングスの特徴となっている。このため関西以西ではイトーヨーカドーの名前はほとんど知られていない。

wikipedia:ドミナント政策
ドミナント政策とは主にチェーン展開している店舗の出店施策の一つでビジネス用語。ドミナント出店、エリア・ドミナンス戦略とも言う。時に出店そのものを指すことがある。dominant の元来の意味は優位・支配。

日本であれば47都道府県や市町村全てを対象にした絨毯爆撃のような出店を行なわず、特定の地域の例えば関東地方であれば東京都・埼玉県・神奈川県などの一都二県等の限定した地域を対象とした集中的な出店や特定路線沿いに次々と出店し同一商圏内の競業他社や競合他店に比べて市場シェア率の向上獲得や独占を意図した出店戦略や出店計画を言う。

また、相関ランキングを見ると、グループ会社であるデニーズの店舗数との相関関係が高い。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1埼玉240.375.1
2神奈川300.374.9
3千葉200.374.0
4青森40.370.5
5東京360.369.5
6北海道130.265.2
7長野50.264.8
8新潟40.258.6
9群馬30.156.8
10福島30.156.6
11茨城40.155.4
12静岡50.155.1
13山梨10.153.4
14栃木20.152.0
15岐阜20.151.6
16愛知70.151.4
17秋田10.151.1
18宮城20.150.6
19岩手10.149.5
20兵庫40.149.2
21奈良10.149.1
22大阪50.147.8
23岡山10.147.2
24京都10.045.9
25広島10.045.6
--福岡------
--佐賀------
--長崎------
--大分------
--熊本------
--愛媛------
--宮崎------
--鹿児島------
--沖縄------
--高知------
--滋賀------
--香川------
--徳島------
--山口------
--島根------
--鳥取------
--和歌山------
--三重------
--福井------
--石川------
--富山------
--山形------
全国1800.1
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]イオン店舗数【三重県】
[2]スーパーマーケット店舗数【島根県】
[3]サンリブ・マルショク店舗数【大分県】
[4]マルエツ店舗数【埼玉県】
[5]ユニー店舗数【愛知県】
[6]イトーヨーカドー店舗数【埼玉県】
[7]マックスバリュ店舗数【秋田県】
[8]西友店舗数【長野県】
[9]JUSCO店舗数【三重県】
[ ]ダイエー店舗数【兵庫県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
[ ]全国学力テスト小学生正答率【秋田県】
[ ]小学生朝食摂取率【島根県】
[ ]中学生朝食摂取率【秋田県】
[ ]中学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]小学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]全国学力テスト正答率【石川県】
[ ]社会民主党得票率(直近10年間)【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.年間降水量【高知県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.酢消費量【鹿児島県】
9位.温室効果ガス排出量【大分県】
10位.エンゲル係数【京都府】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ