都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
ゲームセンター店舗数
2016年 第1位 沖縄県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
全国防犯協会連合会よりゲームセンター店舗数のランキング。ここでは風営法に基づいて警察に届け出ているゲームセンターの店舗数を比較している。2016年の風営法改正以前はゲームセンター専業店とゲームが併設されている飲食店に分けて掲載されていたが、改正後は合計数しか掲載されていないので注意願いたい。改正以前の専業店のランキングはゲームセンター専業店店舗数を参照。

また、ショッピングセンターやボーリング場の一角にもゲームコーナーが併設されていることがあるが、ゲームコーナーの面積が店舗の10%以下であれば警察に届け出る必要はないので、このデータには含まれていない(このルールは2016年の改正後も維持されている)。

全国のゲームセンター店舗数は4,542軒で、人口10万人あたり3.58軒。店舗数が最も多いのは沖縄県で人口10万人あたり40.72軒(偏差値114.7)。これは全国平均の11.4倍で、偏差値も114.65と飛び抜けてゲームセンターが多い。改正前のデータを見ると本土と比べると飲食店併設型が多いのが沖縄の特徴となっている。ネットで見ても、新機種が入るような大型店は多くないようなので、小規模なゲームセンターが多いようだ。沖縄県はパチンコ店舗数が日本で最も少なく、こういった小規模ゲームセンターが娯楽の場となっているようだ。

2位は青森県で8.74軒。3位以下は三重県(7.47軒)、鹿児島県(7.15軒)、福井県(6.78軒)の順。一方、最も店舗数が少ないのは秋田県で人口10万人あたり1.09軒(偏差値44.3)。これに奈良県(1.11軒)、京都府(1.42軒)、徳島県(1.87軒)、島根県(1.88軒)と続いている。

相関ランキングではかつお節・削り節消費量戦後海外移住者数と正の相関が高い。沖縄が突出している分布構造が似ているためと思われる。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1沖縄58640.7114.7
2青森1138.757.9
3三重1357.555.7
4鹿児島1177.155.1
5福井536.854.4
6和歌山646.754.3
7大分685.952.8
8栃木1065.452.0
9山口684.951.1
10岩手594.750.7
11広島1304.650.5
12鳥取244.249.9
13宮崎454.149.7
14香川383.949.3
15岡山733.849.2
16群馬723.748.9
17石川423.648.9
18長野763.648.9
19東京4883.648.8
20宮城793.448.4
21熊本603.448.4
22福岡1673.348.2
23高知233.248.1
24愛知2343.147.9
25福島583.147.8
26富山312.947.6
27千葉1822.947.6
28岐阜572.847.4
29愛媛382.847.3
30神奈川2462.747.2
31北海道1432.747.1
32佐賀212.546.9
33静岡902.446.7
34新潟532.346.5
35山梨192.346.5
36山形252.246.4
37大阪1922.246.3
38兵庫1192.246.2
39長崎282.046.0
40埼玉1482.046.0
41滋賀271.945.8
42茨城551.945.8
43島根131.945.8
44徳島141.945.7
45京都371.444.9
46奈良151.144.4
47秋田111.144.3
全国4,5423.6
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]雀荘数【沖縄県】
[2]ゲームセンター店舗数【沖縄県】
[3]パチスロ比率【沖縄県】
[4]パチスロ台数【鳥取県】
[5]パチンコ台数【宮崎県】
[6]パチンコ店舗数【鹿児島県】
[7]ゲームセンター専業店店舗数【沖縄県】
[8]玩具購入量【香川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
[ ]全国学力テスト小学生正答率【秋田県】
[ ]小学生朝食摂取率【島根県】
[ ]中学生朝食摂取率【秋田県】
[ ]中学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]小学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]全国学力テスト正答率【石川県】
[ ]社会民主党得票率(直近10年間)【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.年間降水量【高知県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.酢消費量【鹿児島県】
9位.温室効果ガス排出量【大分県】
10位.エンゲル係数【京都府】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ