都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
年齢調整死亡率(男性)
2010年 第1位 青森県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
厚生労働省の発表から年齢調整死亡率ランキング。ここでは人口10万人あたりの死亡者数を比較している。年齢調整死亡率について厚生労働省は以下のように説明している。

年齢調整死亡率について
都道府県別に、死亡数を人口で除した死亡率を比較すると、各都道府県の年齢構成に差があるため、高齢者の多い都道府県では高くなり、若年者の多い都道府県では低くなる傾向がある。このような年齢構成の異なる地域間で死亡状況の比較ができるように年齢構成を調整しそろえた死亡率が年齢調整死亡率である。この年齢調整死亡率を用いることによって、年齢構成の異なる集団について、年齢構成の相違を気にすることなく、より正確に地域比較や年次比較をすることができる。


つまり、各都道府県が全く同じ年齢構成になったとしたら、どれぐらいの死亡率になるかを計算によって出した数値で、数値が高いほど病気などで死亡しやすく、数値が低いほど死亡しにくいことを示している。各年代に死亡しにくければ、それだけ長生きすることになる。

男性10万人あたり年齢調整死亡率の全国平均は544.3人。最も多いのは青森県の662.4人。以下、秋田県、岩手県、和歌山県と続いている。上位10県のうち、4県を東北各県が占めており東北で死亡率が高い。一方、死亡率が最も低いのは長野県で477.3人。これは1位の青森県の3/4弱だ。以前は東日本で死亡率が高く、西日本で低かったが、現在は地域差が小さくなっている。

都道府県別にみた死亡の状況の年次比較
男女とも昭和35 年、40 年には西日本に年齢調整死亡率の低い都道府県が多く、東日本に高い都道府県が多くなっていたが、近年は年齢調整死亡率の全国的な低下にともなって、地域差は小さくなってきている。

その理由の一つとして、東高西低傾向のある脳血管疾患の死亡率が、全国的に大幅に低下し、差が小さくなってきていることがあげられる。


相関ランキングではガン死亡者数:男性大腸ガン死亡者数:男性と正の相関があり、やはりガンが多い地域で死亡率が高くなっている。自殺者数:男性とも正の相関があるが、ガンなどの健康問題が自殺の要因となり、結果としてガンと死亡率に相関が表れていると考えた方がよさそうだ。

生活習慣に関係するところでは男子小中学生肥満率喫煙率:男性と正の相関がある。

この他、都市と地方で格差がある携帯電話普及率ブロードバンド契約数外国車普及率と負の相関があることから、都市部で死亡率が低く、地方で高い傾向がうかがわれる。東高西低に代わる新たな地域差になるのだろうか。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1青森662.487.0
2秋田613.571.4
3岩手590.163.9
4和歌山576.959.6
5大阪576.759.6
6福島576.259.4
7高知575.659.2
8山口573.858.6
9栃木573.758.6
10長崎572.858.3
11鳥取570.057.4
12愛媛565.656.0
13茨城563.455.3
14鹿児島562.755.1
15北海道561.254.6
16佐賀560.354.3
17福岡557.653.4
18徳島552.351.7
19山梨549.150.7
19群馬549.150.7
21沖縄547.350.1
22新潟544.749.3
23兵庫544.249.2
24埼玉541.348.2
25島根540.648.0
26宮城539.447.6
27宮崎539.347.6
28愛知538.347.3
29富山537.346.9
30三重537.146.9
31東京535.946.5
32石川535.446.3
33岡山534.846.1
34香川531.545.1
35山形530.744.8
36広島527.143.7
37静岡526.743.5
38千葉526.343.4
39岐阜520.241.5
40大分519.041.1
41奈良515.039.8
42神奈川512.839.1
43京都512.238.9
44熊本508.237.6
45福井499.934.9
46滋賀496.433.8
47長野477.327.7
全国544.3
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]健康寿命:男性【山梨県】
[2]健康寿命:女性【山梨県】
[3]高齢者の熱中症救急搬送者数【鹿児島県】
[4]熱中症救急搬送者数【鹿児島県】
[5]がん年齢調整死亡率【青森県】
[6]平均寿命:女性【長野県】
[7]平均寿命:男性【滋賀県】
[8]脳梗塞死亡者数【秋田県】
[9]熱中症死亡者数【富山県】
[ ]凍死者数【島根県】
[ ]老衰死亡者数【島根県】
[ ]老衰死亡者数:女性【鳥取県】
[ ]老衰死亡者数:男性【島根県】
[ ]脳梗塞死亡者数:男性【岩手県】
[ ]脳梗塞死亡者数:女性【山形県】
[ ]狭心症・心筋梗塞死亡者数:男性【和歌山県】
[ ]狭心症・心筋梗塞死亡者数:女性【和歌山県】
[ ]狭心症・心筋梗塞死亡者数【和歌山県】
[ ]療育手帳交付数【鹿児島県】
[ ]身体障害者手帳交付数【秋田県】
[ ]がん死亡率:女性【青森県】
[ ]がん死亡率:男性【青森県】
[ ]膀胱がん死亡率【和歌山県】
[ ]膀胱がん死亡率:男性【岩手県】
[ ]膀胱がん死亡率:女性【長崎県】
[ ]悪性リンパ腫死亡率【青森県】
[ ]悪性リンパ腫死亡率:男性【岩手県】
[ ]悪性リンパ腫死亡率:女性【青森県】
[ ]前立腺がん死亡率【佐賀県】
[ ]白血病死亡率【鹿児島県】
[ ]白血病死亡率:女性【鹿児島県】
[ ]白血病死亡率:男性【鹿児島県】
[ ]胆のうがん死亡率【青森県】
[ ]胆のうがん死亡率:女性【高知県】
[ ]胆のうがん死亡率:男性【青森県】
[ ]食道がん死亡率【秋田県】
[ ]食道がん死亡率:女性【東京都】
[ ]食道がん死亡率:男性【秋田県】
[ ]卵巣がん死亡率【青森県】
[ ]子宮がん死亡率【沖縄県】
[ ]膵がん死亡率【青森県】
[ ]膵がん死亡率:女性【北海道】
[ ]膵がん死亡率:男性【青森県】
[ ]肝がん死亡率【佐賀県】
[ ]肝がん死亡率:女性【佐賀県】
[ ]肝がん死亡率:男性【佐賀県】
[ ]大腸がん死亡率【青森県】
[ ]大腸がん死亡率:女性【鳥取県】
[ ]大腸がん死亡率:男性【沖縄県】
[ ]胃がん死亡率【秋田県】
[ ]胃がん死亡率:男性【秋田県】
[ ]胃がん死亡率:女性【和歌山県】
[ ]乳がん死亡率【佐賀県】
[ ]肺がん死亡率【北海道】
[ ]肺がん死亡率:女性【北海道】
[ ]肺がん死亡率:男性【青森県】
[ ]栄養失調死・餓死者数【秋田県】
[ ]あんま、マッサージ、はり、きゅう施術所数【奈良県】
[ ]高齢うつ病患者数【秋田県】
[ ]うつ病患者数【北海道】
[ ]高齢ガン患者数【秋田県】
[ ]ガン患者数【秋田県】
[ ]高血圧患者数【山形県】
[ ]喘息患者数【岡山県】
[ ]糖尿病患者数【島根県】
[ ]年齢調整死亡率(女性)【青森県】
[ ]年齢調整死亡率(男性)【青森県】
[ ]男性肥満率【沖縄県】
[ ]男子小中学生肥満率【青森県】
[ ]女子小中学生肥満率【青森県】
[ ]喫煙率:女性【北海道】
[ ]喫煙率:男性【青森県】
[ ]新型インフルエンザ年間感染者数【沖縄県】
[ ]日本人HIV感染者数【東京都】
[ ]結核感染者数【東京都】
[ ]エイズ患者数【東京都】
[ ]日本人・在日外国人合計HIV感染者数【東京都】
[ ]ガン死亡者数:女性【島根県】
[ ]ガン死亡者数:男性【秋田県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]比例代表投票率標準偏差(直近10年)【徳島県】
[ ]比例代表投票率(直近10年平均)【山形県】
[ ]自由民主党得票率標準偏差(直近10年)【石川県】
[ ]自由民主党得票率(直近10年平均)【山口県】
[ ]2019年参議院比例代表:労働の解放をめざす労働者党得票率【長野県】
[ ]2019年参議院比例代表:オリーブの木得票率【沖縄県】
[ ]2019年参議院比例代表:幸福実現党得票率【山口県】
[ ]2019年参議院比例代表:安楽死制度を考える会得票率【東京都】
[ ]2019年参議院比例代表:NHKから国民を守る党得票率【徳島県】
[ ]2019年参議院比例代表:社会民主党得票率【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.男子小中学生体力テスト【福井県】
3位.エンゲル係数【京都府】
4位.IHクッキングヒーター普及率【岡山県】
5位.温室効果ガス排出量【大分県】
6位.ミネラルウォーター消費量【沖縄県】
7位.高校男子卓球部員数【岩手県】
8位.電力消費量【福井県】
9位.お菓子消費量【石川県】
10位.2019年参議院比例代表:労働の解放をめざす労働者党得票率【長野県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ