都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
准看護師比率
2014年 第1位 宮崎県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
厚生労働省の衛生行政報告例から准看護師比率のランキング。看護師に占める准看護師の割合を比較している。

准看護師比率=准看護師数/(准看護師数+看護師数)

また、ここでいう看護師には医療機関に就業する看護師以外に介護保険施設や社会福祉施設、保健所、市町村に就業する看護師も含まれている。

wkipedia:看護師
看護師は看護高等学校(看護科、専攻科の5年間)、看護専門学校、看護短大、大学(看護学部・医学部保健学科など)で養成教育が行なわれ、卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られる。国家試験に合格すると、申請により厚生労働大臣から看護師免許が交付される。

准看護師は准看護師学校あるいは看護高等学校卒業後、都道府県知事試験の受験資格が与えられ、知事試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付される。

准看護師が日本で設けられている背景には、戦後の看護師不足に対応するための暫定措置という性格がある。看護師には、ますます高度な専門的知識や技術が要求されるようになりつつあり、日本看護協会は、准看護師制度の廃止を希望しているが、幅広い労働条件の看護労働力を求める日本医師会などの要望もあり、検討段階にある。


准看護師比率の全国平均は23.84%で、全国の看護師の1/4が准看護師という計算になる。最も准看護師の比率が高いのは宮崎県で34.49%。2位は鹿児島県で33.37%。3位以下は熊本県、佐賀県、福島県と続いている。一方、最も少ないのは滋賀県で17.66%。

分布地図を見ると九州・四国・中国・北関東に准看護師が多い。

相関ランキングでは高校生求職率と正の相関があり、女性初婚年齢出産年齢と負の相関があることから、高校を卒業するとすぐに働き、若いうちに結婚して子どもを産む地域で准看護師が多い。准看護師は看護師よりも受験資格がゆるく、教育期間も短いため、なるべく早く看護師として働きたい人に人気があると言われており、データでもこれが裏付けられている。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1宮崎34.4966.3
2鹿児島33.3764.2
3熊本32.8063.2
4佐賀32.5662.8
5福島32.4362.5
6長崎32.1162.0
7徳島31.6661.1
8山口31.3660.6
9青森31.1860.3
10広島31.1760.2
11大分31.1260.1
12群馬30.9159.8
13栃木30.6859.3
14茨城29.0556.4
15岐阜29.0256.3
16香川28.9556.2
17高知28.7955.9
18島根28.3055.0
19福井28.0154.5
20愛媛27.3553.3
21鳥取26.7652.2
22和歌山26.3251.4
23宮城26.2251.2
24三重25.8450.5
25埼玉25.6850.2
26福岡25.5950.1
27北海道24.9348.9
28沖縄24.7148.5
29新潟24.5848.2
30秋田24.4448.0
31山梨23.7146.7
32富山23.0145.4
33山形21.9643.5
34愛知21.9043.4
35千葉21.6542.9
36大阪20.7941.3
37長野20.7141.2
38岩手20.4240.7
39石川20.0940.1
40兵庫19.8239.6
41岡山19.6539.3
42静岡19.1738.4
43京都18.6837.5
44奈良17.8436.0
45神奈川14.3329.6
46滋賀13.4728.0
47東京13.1227.4
全国23.84
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]総医師数【京都府】
[2]現役医師数【徳島県】
[3]病院数【高知県】
[4]薬剤師数【徳島県】
[5]歯科医師数【東京都】
[6]准看護師比率【宮崎県】
[7]看護師数【高知県】
[8]保健師数【山梨県】
[9]助産師数【島根県】
[ ]耳鼻咽喉科医師比率【福井県】
[ ]耳鼻咽喉科医師数【京都府】
[ ]眼科医師比率【愛知県】
[ ]眼科医師数【東京都】
[ ]美容外科医師数【東京都】
[ ]整形外科医師比率【香川県】
[ ]整形外科医師数【徳島県】
[ ]精神科・心療内科医師比率【沖縄県】
[ ]精神科・心療内科医師数【沖縄県】
[ ]小児科医師比率【岐阜県】
[ ]小児科医師数【徳島県】
[ ]産科・産婦人科医師比率【沖縄県】
[ ]産科・産婦人科医師数【東京都】
[ ]麻酔科医師比率【北海道】
[ ]麻酔科医師数【香川県】
[ ]循環器科医師比率【和歌山県】
[ ]循環器科医師数【徳島県】
[ ]呼吸器科医師比率【徳島県】
[ ]呼吸器科医師数【徳島県】
[ ]消化器科医師比率【和歌山県】
[ ]消化器科医師数【和歌山県】
[ ]内科医師比率【徳島県】
[ ]内科医師数【徳島県】
[ ]外科医師比率【岩手県】
[ ]外科医師数【徳島県】
[ ]勤務医比率【北海道】
[ ]男性医師数【長崎県】
[ ]女性医師比率【東京都】
[ ]女性医師数【東京都】
[ ]研修医比率【沖縄県】
[ ]研修医数【沖縄県】
[ ]若手医師比率【東京都】
[ ]若手医師数【東京都】
[ ]現役医師増加率【千葉県】
[ ]歯科診療所数【東京都】
[ ]精神病床数【鹿児島県】
[ ]療養病床数【高知県】
[ ]一般病床数【大分県】
[ ]精神科病院数【鹿児島県】
[ ]診療所数【和歌山県】
[ ]病院増減率【鳥取県】
[ ]整骨院数【富山県】
[ ]大学医学部数【石川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日ベトナム人【群馬県】
[ ]外国人研修生・技能実習生数【岐阜県】
[ ]小学校外国人児童数【愛知県】
[ ]小学校一校あたり児童数【神奈川県】
[ ]標高【長野県】
[ ]魅力度【北海道】
[ ]在日外国人【東京都】
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.年間降水量【高知県】
4位.弁当消費量【熊本県】
5位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.温室効果ガス排出量【大分県】
9位.エンゲル係数【京都府】
10位.カレールウ消費量【佐賀県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ