都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
総人口増減率
2016年 第1位 東京都
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
総務省の人口推計から総人口増減率。2006年から2016年にかけて各都道府県の総人口がどれぐらい増減したかを比較した。各年の人口は10月1日現在人口を使用している。

総人口増減率の全国平均は99.34%。増減率が最も高いのは東京都で107.62%(偏差値78.0)。2位は沖縄県で105.19%。3位以下は神奈川県(103.57%)、埼玉県(103.08%)、愛知県(102.72%)の順で首都圏で増加率が高い。沖縄県は合計特殊出生率が1.95と飛び抜けて高いことに加えて、離島ブームの影響も考えられる。この他、千葉県、滋賀県、福岡県、大阪府で人口が増えており、人口が増えている都府県は9つとなっている。

一方、最も増減率が低いのは秋田県で89.07%(偏差値30.4)。これに青森県(90.86%)、高知県(91.38%)、福島県(91.39%)、山形県(92.14%)と続いている。

分布地図を見ると三大都市圏を中心に、いわゆる”太平洋ベルト地帯”で数値が高く、地方で低い。

相関ランキングでは家賃最低賃金と正の相関が高く、最低賃金や家賃が高い都市部で増加率が高いことが分かる。また、婚姻件数生産年齢人口との正の相関も高く、人口が増えたところは若い世代(生産年齢)が多く、結婚が多い。逆に高齢者数(高齢化率)とは負の相関があり、人口が減っているところは高齢化率が高くなっている。

また、合計特殊出生率とは相関がなく、女性が子どもをたくさん産むことが人口増加につながっていない。人口の自然増よりも、社会増の影響が大きいためと思われる。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1東京107.6278.0
2沖縄105.1971.8
3神奈川103.5767.6
4埼玉103.0866.4
5愛知102.7265.4
6千葉102.6765.3
7滋賀101.7362.9
8福岡100.9961.0
9大阪100.2059.0
10宮城98.9455.7
11兵庫98.7555.3
12広島98.6855.1
13京都98.5654.8
14石川98.2153.9
15岡山97.9553.2
16茨城97.7552.7
17栃木97.5752.2
18群馬97.3351.6
19静岡97.1351.1
20熊本96.6249.8
21三重96.5349.6
22香川96.3349.1
23大分96.1948.7
24岐阜96.0648.4
25佐賀95.9448.1
26奈良95.7647.6
27富山95.5947.2
28北海道95.5547.1
29福井95.4846.9
30宮崎95.4746.9
31長野95.3946.6
32新潟94.5444.5
33鳥取94.3744.0
34山梨94.3243.9
35愛媛94.1843.5
36山口94.0043.1
37鹿児島93.9242.9
38島根93.6242.1
39長崎93.2541.2
40徳島93.1741.0
41和歌山92.8040.0
42岩手92.2238.5
43山形92.1438.3
44福島91.3936.4
45高知91.3836.4
46青森90.8635.0
47秋田89.0730.4
全国99.34
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]明治21年(1888年)人口【新潟県】
[2]生産年齢人口増減率【東京都】
[3]総人口増減率【東京都】
[4]人口密度【東京都】
[5]人口集中度【東京都】
[6]100歳以上高齢者数【島根県】
[7]生産年齢人口【東京都】
[8]65歳以上人口(高齢者数)【秋田県】
[9]15歳未満人口(子供の数)【沖縄県】
[ ]20〜30代男女比【鹿児島県】
[ ]団塊の世代人口【富山県】
[ ]男女比【長崎県】
[ ]100歳以上高齢者数:女性【島根県】
[ ]100歳以上高齢者数:男性【愛媛県】
[ ]人口比率【東京都】
[ ]人口【東京都】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]消費者物価地域差指数(衣料品)【栃木県】
[ ]消費者物価地域差指数(住居)【東京都】
[ ]消費者物価地域差指数(食料)【沖縄県】
[ ]消費者物価地域差指数(光熱・水道)【北海道】
[ ]消費者物価地域差指数【東京都】
[ ]転職率【沖縄県】
[ ]横断歩道での一時停止率【長野県】
[ ]第三次産業従業者数【東京都】
[ ]第二次産業従業者数【富山県】
[ ]第一次産業従業者数【宮崎県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.お菓子消費量【石川県】
2位.エンゲル係数【京都府】
3位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
4位.電気使用量【福井県】
5位.芸能人・タレント出身地【東京都】
6位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
7位.うつ病患者数【北海道】
8位.軽自動車比率【沖縄県】
9位.コンビニ勢力図
10位.消費者物価地域差指数【東京都】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ