都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
地震回数(震度5弱以上:補正あり)
2014年 第1位 福島県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
気象庁震度データベース検索から震度5弱以上の地震回数ランキング。ここでは1923年(大正12年)から2014年までに起こった地震の回数を比較している。地震の回数とは、各都道府県で揺れを観測した回数のことで、複数の都道府県にまたがる大きな地震があったときは、複数の都道府県で1回とカウントされることになる。県内の複数の観測点で揺れが観測された場合は、合わせて1回とカウントされる。

補正について
地震の多さを分かりやすく比較するために、ここでは群発地震や島嶼部の地震は除外して計算している。たとえば松代群発地震では5年半の間に有感地震が6万2826回観測されており、これをそのまま回数に含めるとその県だけ突出して地震回数が多くなるためだ。

島嶼部の場合は火山噴火により地震回数が多くなる傾向がある。例えば2000年の三宅島噴火では1年間に三宅村だけで9346回の地震が観測されている。

補正のため除外したのは以下の通り
長野県 松代群発地震が発生した1965年から1970年にかけて長野市を除外
沖縄県 西表島群発地震が発生した1991年から1994年にかけて竹富町を除外
東京都 全期間で島嶼部を除外
鹿児島県 全期間で島嶼部を除外


1923年から2014年まで92年間に起きた震度5弱以上の地震回数の全国平均は13回。最も多かったのは福島県で55回。以下、宮城県と茨城県が43回、北海道が38回と続いている。福島県、宮城県、茨城県は東日本大震災の影響が大きく、2011年に起きた地震が福島県では55回中27回、宮城県では43回中13回、茨城県では43回中17回を占めている。ちなみに北海道は38回中2回のみ。

5位の新潟県は2004年に起きた新潟県中越地震の影響が大きく、36回中20回が2004年に発生している。

一方、最も少なかったのは岐阜県、佐賀県、福岡県、長崎県、富山県、大阪府の2回で、西日本で震度5弱以上の地震が少ない。

分布図を見ると東日本大震災、中越地震の被災地に加えて北海道と静岡で震度5弱以上の地震が多い。どこも頻繁に地震のニュースを見かけるところだ。阪神大震災が起こった兵庫県はそれほど多くない。

相関ランキングでは納豆消費量と正の相関が高く、納豆消費量が多いところは震度5弱以上の地震が多い。福島県や茨城県を筆頭に東日本が上位に多い分布構造が似ているためで、もちろん因果関係ではない。

また、現役医師数とは負の相関があり、震度5弱以上の地震が多いところは現役医師が少ない。これは震災対応に少なからぬ影響を与えた物と思われる。

その他の地震回数は以下の通り

地震回数(震度5弱以上:補正あり)
地震回数(震度3以上:補正あり)
地震回数(震度1以上:補正あり)

地震回数(震度5弱以上:補正なし)
地震回数(震度3以上:補正なし)
地震回数(震度1以上:補正なし)
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1福島5583.7
2宮城4374.1
2茨城4374.1
4北海道3870.2
5新潟3668.6
6静岡3063.8
7岩手2761.4
8栃木2257.4
9山梨2055.8
10千葉1955.0
10青森1955.0
12長野1753.4
13熊本1652.6
14兵庫1451.1
14埼玉1451.1
16広島1350.3
17神奈川1148.7
18秋田1047.9
18東京1047.9
20宮崎947.1
20大分947.1
22群馬846.3
22石川846.3
22山形846.3
25鹿児島745.5
25三重745.5
25奈良745.5
25和歌山745.5
25鳥取745.5
25山口745.5
31沖縄644.7
32京都543.9
32福井543.9
34愛媛443.1
34高知443.1
34徳島443.1
37滋賀342.3
37香川342.3
37岡山342.3
37島根342.3
37愛知342.3
42福岡241.5
42佐賀241.5
42長崎241.5
42大阪241.5
42岐阜241.5
42富山241.5
全国13
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]面積【北海道】
[2]人工林率【佐賀県】
[3]森林率【高知県】
[4]森林面積【北海道】
[5]可住地面積率【大阪府】
[6]可住地面積【北海道】
[7]海岸延長【長崎県】
[8]河川延長【高知県】
[9]地震回数(震度5弱以上:補正なし)【東京都】
[ ]地震回数(震度3以上:補正なし)【東京都】
[ ]地震回数(震度1以上:補正なし)【長野県】
[ ]地震回数(震度1以上:補正あり)【茨城県】
[ ]地震回数(震度3以上:補正あり)【茨城県】
[ ]地震回数(震度5弱以上:補正あり)【福島県】
[ ]年間自然放射線量【岐阜県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]比例代表投票率標準偏差(直近10年)【徳島県】
[ ]比例代表投票率(直近10年平均)【山形県】
[ ]自由民主党得票率標準偏差(直近10年)【石川県】
[ ]自由民主党得票率(直近10年平均)【山口県】
[ ]2019年参議院比例代表:労働の解放をめざす労働者党得票率【長野県】
[ ]2019年参議院比例代表:オリーブの木得票率【沖縄県】
[ ]2019年参議院比例代表:幸福実現党得票率【山口県】
[ ]2019年参議院比例代表:安楽死制度を考える会得票率【東京都】
[ ]2019年参議院比例代表:NHKから国民を守る党得票率【徳島県】
[ ]2019年参議院比例代表:社会民主党得票率【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.男子小中学生体力テスト【福井県】
3位.エンゲル係数【京都府】
4位.IHクッキングヒーター普及率【岡山県】
5位.温室効果ガス排出量【大分県】
6位.高校男子卓球部員数【岩手県】
7位.ミネラルウォーター消費量【沖縄県】
8位.電力消費量【福井県】
9位.2019年参議院比例代表:労働の解放をめざす労働者党得票率【長野県】
10位.自由民主党得票率標準偏差(直近10年)【石川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ