都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
地震回数(震度5弱以上:補正なし)
2014年 第1位 東京都
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
気象庁震度データベース検索から震度5弱以上の地震回数ランキング。ここでは1923年(大正12年)から2014年までに起こった地震の回数を比較している。地震の回数とは、各都道府県で揺れを観測した回数のことで、複数の都道府県にまたがる大きな地震があったときは、複数の都道府県で1回とカウントされることになる。県内の複数の観測点で揺れが観測された場合は、合わせて1回とカウントされる。ここでは群発地震による急激な地震回数増加を補正していない生のデータを比較している。(群発地震を補正したランキングは地震回数(震度5弱以上:補正あり)を参照)

1923年から2014年まで92年間に起きた震度5弱以上の地震回数の全国平均は15回。最も多かったのは東京都で70回。なお、東京都は70回中、60回の地震が島嶼部で発生している。2位以下は福島県、茨城県、宮城県、北海道と続いている。

一方、最も少なかったのは佐賀県、福岡県、大阪府、長崎県、岐阜県、富山県の2回。

その他の地震回数は以下の通り

地震回数(震度5弱以上:補正あり)
地震回数(震度3以上:補正あり)
地震回数(震度1以上:補正あり)

地震回数(震度5弱以上:補正なし)
地震回数(震度3以上:補正なし)
地震回数(震度1以上:補正なし)
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1東京7086.8
2福島5576.9
3宮城4368.9
3茨城4368.9
5北海道3865.6
6新潟3664.3
7静岡3060.3
8岩手2758.3
8長野2758.3
10栃木2255.0
11山梨2053.6
12千葉1953.0
12青森1953.0
14鹿児島1751.6
15熊本1651.0
16埼玉1449.6
16兵庫1449.6
18沖縄1349.0
18広島1349.0
20神奈川1147.7
21秋田1047.0
22宮崎946.3
22大分946.3
24石川845.7
24群馬845.7
24山形845.7
27山口745.0
27鳥取745.0
27三重745.0
27和歌山745.0
27奈良745.0
32京都543.7
32福井543.7
34高知443.0
34愛媛443.0
34徳島443.0
37滋賀342.3
37香川342.3
37岡山342.3
37島根342.3
37愛知342.3
42福岡241.7
42佐賀241.7
42長崎241.7
42大阪241.7
42岐阜241.7
42富山241.7
全国15
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]面積【北海道】
[2]人工林率【佐賀県】
[3]森林率【高知県】
[4]森林面積【北海道】
[5]可住地面積率【大阪府】
[6]可住地面積【北海道】
[7]海岸延長【長崎県】
[8]河川延長【高知県】
[9]地震回数(震度5弱以上:補正なし)【東京都】
[ ]地震回数(震度3以上:補正なし)【東京都】
[ ]地震回数(震度1以上:補正なし)【長野県】
[ ]地震回数(震度1以上:補正あり)【茨城県】
[ ]地震回数(震度3以上:補正あり)【茨城県】
[ ]地震回数(震度5弱以上:補正あり)【福島県】
[ ]年間自然放射線量【岐阜県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]魅力度【北海道】
[ ]在日外国人【東京都】
[ ]在日韓国・朝鮮人【大阪府】
[ ]在日中国人【東京都】
[ ]全国学力テスト中学生正答率【福井県】
[ ]全国学力テスト小学生正答率【秋田県】
[ ]小学生朝食摂取率【島根県】
[ ]中学生朝食摂取率【秋田県】
[ ]中学生定時就寝・起床率【秋田県】
[ ]小学生定時就寝・起床率【秋田県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.漁業就業人口【長崎県】
2位.しめじ消費量【香川県】
3位.年間降水量【高知県】
4位.高校女子バドミントン部員数【鳥取県】
5位.弁当消費量【熊本県】
6位.男子小中学生体力テスト【福井県】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.温室効果ガス排出量【大分県】
9位.エンゲル係数【京都府】
10位.ミネラルウォーター消費量【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ