都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
自家用車通勤・通学率
2010年 第1位 富山県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
国勢調査から自家用車通勤・通学率ランキング。ここでは15歳以上の通勤・通学者に占める自家用車通勤・通学者の割合を比較している。また、自家用車と鉄道、自家用車とバスなど、自家用車を含む複数の手段で通勤・通学している者も含んでいる。

全国で自家用車通勤・通学する15歳以上の人は2702万9618人で、全通勤・通学者5842万3465に占める割合は46.27%。これは鉄道通勤・通学率の1.9倍で全国的に見ると自家用車通勤・通学の方が電車よりも多いと言える。また母集団には車が運転できない15歳〜17歳が含まれており、実態はもう少し高くなると思われる。

交通手段別の通勤・通学率は以下の通り
46.27% 自家用車
27.48% 公共交通機関
24.53% 鉄道
18.09% 徒歩・自転車
7.24% バス
(※公共交通機関と鉄道、バスは重複する。その他の注意点は各記事参照)


自家用車通勤・通学率が最も高いのは富山県で77.34%。2位は山形県で77.26%。これに福井県、秋田県、群馬県、福島県が続いており、東日本の地方で自家用車通勤・通学率が高い。

一方、最も低いのは東京都で9.55%。大阪府、神奈川県、京都府、埼玉県がこれに続いており、大都市とその周辺で自動車通勤・通学率が低い。

分布地図を見ると都市部で低く、地方で高い。相関ランキングでも人口集中度と負の相関があり、農業就業人口と正の相関があることから、人口がまばらで農業就業人口が多い地方で自動車通勤・通学率が高い。

また、自動車普及率(2台以上)と正の相関が高く、ほぼ正比例となっている。地方は都市部に比べて共働き率が高く、夫婦で別々の通勤車が必要になるためだ。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■総数順ランキング■
比率順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1富山77.3460.7
2山形77.2660.7
3福井75.3559.5
4秋田75.1659.4
5群馬74.8659.3
6福島73.3658.3
7島根72.8658.0
8長野72.3457.7
9鳥取72.1857.6
10栃木71.9757.5
11新潟71.7157.4
12宮崎71.4957.2
13佐賀71.3757.2
14岩手70.5356.6
15岐阜70.2956.5
16山梨69.9656.3
17石川69.8356.2
18茨城69.1455.8
19青森68.7555.6
20三重67.9755.1
21徳島67.2654.7
22山口67.2154.6
23大分67.0454.5
24香川64.8853.2
25岡山64.5753.1
26熊本64.3052.9
27鹿児島64.0152.7
28静岡63.3752.3
29沖縄62.3051.7
30高知59.3749.9
31和歌山59.1549.8
32宮城57.8349.0
33滋賀57.2048.6
34長崎56.1648.0
35愛媛55.9947.9
36北海道53.0646.1
37愛知52.2145.6
38福岡48.8043.6
39広島47.5642.8
40奈良39.8238.1
41兵庫35.5035.5
42千葉34.9835.2
43埼玉32.7833.9
44京都29.2831.8
45神奈川19.7226.0
46大阪18.9825.6
47東京9.5519.9
全国46.27
比率順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]横断歩道での一時停止率【長野県】
[2]軽自動車比率【沖縄県】
[3]軽自動車保有台数【沖縄県】
[4]自動車保有台数【群馬県】
[5]タクシー旅客輸送量【北海道】
[6]乗合バス旅客域内移動率【沖縄県】
[7]乗合バス旅客輸送量【神奈川県】
[8]鉄道旅客域内移動率【沖縄県】
[9]鉄道旅客輸送量【東京都】
[ ]徒歩・自転車通勤・通学率【大阪府】
[ ]公共交通機関通勤・通学率【東京都】
[ ]バス通勤・通学率【神奈川県】
[ ]鉄道通勤・通学率【東京都】
[ ]自家用車通勤・通学率【富山県】
[ ]運転免許保有者数【群馬県】
[ ]鉄道駅数【高知県】
[ ]自転車保有台数【埼玉県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]2019年参議院比例代表:立憲民主党+国民民主党得票率【長野県】
[ ]2019年参議院比例代表:国民民主党得票率【香川県】
[ ]2019年参議院比例代表:日本共産党得票率【京都府】
[ ]2019年参議院比例代表:日本維新の会得票率【大阪府】
[ ]2019年参議院比例代表:公明党得票率【和歌山県】
[ ]2019年参議院比例代表:立憲民主党得票率【青森県】
[ ]2019年参議院比例代表:自由民主党得票率【石川県】
[ ]2019年参議院比例代表:投票率【山形県】
[ ]小中学校非常勤教職員率【東京都】
[ ]最低賃金【東京都】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.エンゲル係数【京都府】
3位.男子小中学生体力テスト【福井県】
4位.電力消費量【福井県】
5位.お菓子消費量【石川県】
6位.ラーメン店舗数【山形県】
7位.デイリーヤマザキ店舗数【山梨県】
8位.ファミリーマート店舗数【沖縄県】
9位.米生産量【富山県】
10位.ミネラルウォーター消費量【沖縄県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ