都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
現役医師増加率
2014年 第1位 千葉県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査から現役医師の増加率ランキング。現役医師の定義については現役医師増加率を参照のこと。ここでは2008年から2014年にかけての医師増加率を比較している。

この6年間で現役医師数は271897人から296845人に増えており、増加率は9.18%。最も医師の増加率が高いのは千葉県で15.04%。これに東京都、沖縄県、神奈川県、埼玉県と続いており、都市部が上位に多い。

その中で2位に入っている沖縄県については2004年に始まった臨床研修制度が原因という意見がある。(くわしくは研修医数を参照)

一方、医師の増加率が最も低いのは福島県で-2.85%と全国で唯一減少している。

震災の影響も考えられるが震災前からの増減を見ると

2008年 3760人
2010年 3705人(55人減)
2014年 3653人(52人減)

となっており、震災前の方が減少数が多い。福島県では医療と司法の線引きが問題になった大野病院事件が起こっており、福島県で働くことを避ける医師が多かった可能性も考えられる。

福島県立大野病院産科医逮捕事件
福島県立大野病院産科医逮捕事件は、2004年12月17日に福島県双葉郡大熊町の福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた産婦が死亡したことにつき、手術を執刀した同院産婦人科の医師1人が業務上過失致死と医師法違反の容疑で2006年2月18日に逮捕、翌月に起訴された事件である。

2008年8月20日、福島地方裁判所は、被告人の医師を無罪とする判決を言い渡し、検察側が控訴を断念したため確定した。医師は休職中であったが同病院に復職した。


分布地図を見ると三大都市圏で増加率が高い。

相関ランキングでは人口増減率生産年齢人口と正の相関が高く、人口増加率が高く働き盛り世代が多いところで医師が増えている。医師もその他の人々と同じく地方から都会に流れているものと思われる。

また、65歳以上人口(高齢者数)農業就業人口と負の相関があり、高齢者や農業就業者が多いところで医師の増加率が低い。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■総数順ランキング■
比率順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1千葉15.0471.4
2東京14.4769.8
3沖縄14.1368.9
4神奈川13.4967.1
5埼玉11.0960.6
6愛知10.9860.3
7熊本10.9760.3
8岐阜10.9060.1
9三重10.5559.1
10兵庫10.0457.7
11石川9.9957.6
11福岡9.9957.6
13岡山9.7156.8
14広島9.5256.3
15京都9.5056.3
16滋賀9.0655.1
17茨城8.6754.0
18佐賀8.3453.1
19大阪8.0152.2
20福井7.8551.8
21大分7.5751.0
22宮城7.5651.0
23群馬7.4550.7
24長野7.2550.1
25静岡7.2150.0
26奈良6.8148.9
27鹿児島6.6648.5
28香川6.5648.2
29山梨5.4145.1
30宮崎5.1844.5
31青森5.1544.4
32徳島5.1344.3
33北海道5.0844.2
34鳥取4.8643.6
35愛媛4.8543.6
36長崎4.7843.4
37山形4.7443.3
38栃木4.4942.6
39新潟4.4142.4
40和歌山3.5840.1
41高知2.9538.4
42秋田2.8938.2
43島根2.6137.5
44岩手2.2836.6
45富山2.0736.0
46山口1.6234.8
47福島-2.8522.6
全国9.18
比率順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]総医師数【京都府】
[2]現役医師数【徳島県】
[3]病院数【高知県】
[4]薬剤師数【徳島県】
[5]歯科医師数【東京都】
[6]准看護師比率【宮崎県】
[7]看護師数【高知県】
[8]保健師数【山梨県】
[9]助産師数【島根県】
[ ]耳鼻咽喉科医師比率【福井県】
[ ]耳鼻咽喉科医師数【京都府】
[ ]眼科医師比率【愛知県】
[ ]眼科医師数【東京都】
[ ]美容外科医師数【東京都】
[ ]整形外科医師比率【香川県】
[ ]整形外科医師数【徳島県】
[ ]精神科・心療内科医師比率【沖縄県】
[ ]精神科・心療内科医師数【沖縄県】
[ ]小児科医師比率【岐阜県】
[ ]小児科医師数【徳島県】
[ ]産科・産婦人科医師比率【沖縄県】
[ ]産科・産婦人科医師数【東京都】
[ ]麻酔科医師比率【北海道】
[ ]麻酔科医師数【香川県】
[ ]循環器科医師比率【和歌山県】
[ ]循環器科医師数【徳島県】
[ ]呼吸器科医師比率【徳島県】
[ ]呼吸器科医師数【徳島県】
[ ]消化器科医師比率【和歌山県】
[ ]消化器科医師数【和歌山県】
[ ]内科医師比率【徳島県】
[ ]内科医師数【徳島県】
[ ]外科医師比率【岩手県】
[ ]外科医師数【徳島県】
[ ]勤務医比率【北海道】
[ ]男性医師数【長崎県】
[ ]女性医師比率【東京都】
[ ]女性医師数【東京都】
[ ]研修医比率【沖縄県】
[ ]研修医数【沖縄県】
[ ]若手医師比率【東京都】
[ ]若手医師数【東京都】
[ ]現役医師増加率【千葉県】
[ ]歯科診療所数【東京都】
[ ]精神病床数【鹿児島県】
[ ]療養病床数【高知県】
[ ]一般病床数【大分県】
[ ]精神科病院数【鹿児島県】
[ ]診療所数【和歌山県】
[ ]病院増減率【鳥取県】
[ ]整骨院数【富山県】
[ ]大学医学部数【石川県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]在日台湾人【東京都】
[ ]在日ネパール人【東京都】
[ ]在日ブラジル人【静岡県】
[ ]在日フィリピン人【岐阜県】
[ ]在日外国人【東京都】
[ ]在日ベトナム人【群馬県】
[ ]外国人研修生・技能実習生数【岐阜県】
[ ]小学校外国人児童数【愛知県】
[ ]小学校一校あたり児童数【神奈川県】
[ ]標高【長野県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.男子小中学生体力テスト【福井県】
3位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
4位.温室効果ガス排出量【大分県】
5位.コンビニ勢力図
6位.東京大学合格者数【東京都】
7位.うつ病患者数【北海道】
8位.共働き率【山形県】
9位.コンビニ店舗数【北海道】
10位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ