都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
道路舗装率
2017年 第1位 佐賀県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
国土交通省の道路統計年報より道路舗装率のランキング。ここでは道路延長に占める舗装道と簡易舗装道の比率を比較している。舗装道とは大型車も通行できる舗装のことで、簡易舗装とは小型車向けの薄い舗装のことだ。道路全体に占める長さは以下のようになっている。


set,a,thcnr,thc,thc
set,b,thcnr,tdr,tdr
data,a,種類,総延長,割合
data,b,舗装道,34万4689km,28.2%
data,b,簡易舗装道,65万7800km,53.8%
data,b,未舗装道,21万9830km,18.0%
data,b,合計,122万2319km,100%


道路舗装率の全国平均は82.02%。舗装率が最も高いのは佐賀県で96.68%(偏差値64.2)。2位は大阪府で96.26%。3位以下は香川県(95.47%)、滋賀県(94.13%)、山口県(94.08%)の順。一方、最も舗装率が低いのは岩手県で63.04%(偏差値24.8)。これに北海道(66.05%)、茨城県(66.75%)、秋田県(70.05%)、青森県(70.74%)と続いている。

分布地図を見ると西日本で舗装率が高く、東日本で低い西高東低型となっている。

相関ランキングでは年間平均気温と正の相関があり、気温が高いところで舗装率が高く、気温が低いところで舗装率が低い。気温が低いところではアスファルト内の水分が凍結してもろくなったり、土の中の水分が凍結して路面が上昇したりしてアスファルトが傷みやすい上、地面が凍結して雪におおわれる冬は道路工事がしにくい。これらの理由により温暖地よりも敷設や維持にコストがかかるため舗装率が低くなっているようだ。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
偏:偏差値
1佐賀96.6864.2
2大阪96.2663.7
3香川95.4762.8
4滋賀94.1361.2
5山口94.0861.1
6福井92.9159.8
7大分92.8359.7
8長崎92.6459.4
9鳥取92.1958.9
10石川91.8258.5
11富山91.3958.0
11鹿児島91.3958.0
13熊本90.8957.4
14広島90.8557.3
15愛知90.3656.8
16東京89.4055.6
17兵庫88.5854.7
18神奈川88.3354.4
19宮崎88.0654.1
20愛媛87.5853.5
21栃木87.5753.5
22沖縄87.5153.4
23高知87.4553.4
24和歌山86.8252.6
25山梨86.5752.3
26福岡85.8751.5
27岐阜85.7451.4
28千葉84.4249.8
29静岡83.8849.2
30岡山83.7149.0
31三重83.5548.8
32山形83.3448.5
33徳島83.0348.2
34奈良82.6747.8
35島根82.3447.4
36京都82.0147.0
37新潟79.4444.0
38宮城75.2639.1
39長野74.5138.2
40福島73.2536.7
41群馬72.4535.8
42埼玉71.3634.5
43青森70.7433.8
44秋田70.0533.0
45茨城66.7529.1
46北海道66.0528.3
47岩手63.0424.8
全国82.02
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]水道料金【青森県】
[2]下水道普及率【東京都】
[3]道路舗装率【佐賀県】
[4]道路延長【島根県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]土俵・相撲場数【佐賀県】
[ ]京都大学合格者数【奈良県】
[ ]東京大学合格者数【東京都】
[ ]テニスコート数【長野県】
[ ]剣道場数【山梨県】
[ ]柔道場数【山梨県】
[ ]水泳プール数【山梨県】
[ ]陸上競技場数【沖縄県】
[ ]野球場数【栃木県】
[ ]学芸員数【福井県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.エンゲル係数【京都府】
3位.電力消費量【福井県】
4位.溺死者数(浴槽での溺死)【富山県】
5位.在日韓国・朝鮮人【大阪府】
6位.ミネラルウォーター消費量【沖縄県】
7位.男子小中学生体力テスト【福井県】
8位.マクドナルド店舗数【京都府】
9位.コンビニ勢力図
10位.自動車保有台数【群馬県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ