都道府県統計
県民性ランキング
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
土俵・相撲場数
2015年 第1位 佐賀県
パソコン用ページ

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
文部科学省の社会教育調査より土俵・相撲場数のランキング。ここでは公営と民営の「相撲場(屋外)」と「相撲場(屋内)」の合計を比較している。定義は以下の通り。

相撲場(屋外):規定の大きさの土俵を有するもの。
相撲場(屋内):規定の大きさの土俵を有するもの。


計上しているのは「一般の利用に供する目的で地方公共団体,独立行政法人又は民間が設置したスポーツ施設」で、学校の施設や企業職員の福利・厚生用の施設は含んでいない。

全国の相撲場数は446ヶ所で、人口10万人あたり0.35ヶ所。相撲場数が最も多いのは佐賀県で人口10万人あたり2.76ヶ所(偏差値86.3)。2位は青森県で2.22ヶ所。3位以下は鹿児島県(1.94ヶ所)、秋田県(1.66ヶ所)、石川県(1.65ヶ所)の順。一方、最も相撲場数が少ないのは神奈川県で人口10万人あたり0.04ヶ所(偏差値40.8)。これに兵庫県(0.07ヶ所)、京都府(0.08ヶ所)、大阪府(0.10ヶ所)、東京都(0.10ヶ所)と続いている。

1位の佐賀県は現役力士出身地で12位、2位の青森県は現役力士出身地で3位、3位の鹿児島県は現役力士出身地で1位、と相撲場が多いところは現役力士が多い。

相関ランキングでも現役力士出身地現役親方出身地戦後幕内力士出身地と正の相関があり、相撲場が多いところは力士が多い。

身近に土俵があることで若い世代が相撲に興味を持ち、力士になっているようだ。
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■比率順ランキング■
総数順はこちら
総:総数
比:人口10万あたりの数
偏:偏差値
1佐賀232.886.3
2青森292.277.2
3鹿児島321.972.6
4秋田171.767.9
5石川191.667.6
6長崎191.463.2
7岩手161.361.0
8高知91.260.7
9鳥取50.954.7
10山形90.853.5
11富山80.852.6
12徳島50.751.1
13島根40.649.7
14新潟130.649.5
15宮崎60.549.1
16大分60.548.6
17福井40.548.5
18愛媛70.548.5
19熊本90.548.5
20福島90.547.9
21栃木90.547.7
22三重80.447.4
23長野80.446.4
24山口50.446.0
25沖縄50.345.9
26岐阜70.345.8
27宮城80.345.8
28福岡170.345.6
29岡山60.345.3
30和歌山30.345.2
31群馬60.345.1
32北海道130.244.1
33茨城70.244.1
34山梨20.244.0
35奈良30.243.7
35埼玉160.243.7
37滋賀30.243.6
38千葉130.243.5
39香川20.243.5
40静岡70.243.2
41愛知130.242.9
42広島30.141.8
43東京140.141.8
44大阪90.141.7
45京都20.141.3
46兵庫40.141.2
47神奈川40.040.8
全国4460.4
総数順はこちら

先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■関連記事■
[1]ゴルフ場数(体育・スポーツ施設現況調査)【栃木県】
[2]弓道場数【鹿児島県】
[3]土俵・相撲場数【佐賀県】
[4]テニスコート数【長野県】
[5]剣道場数【山梨県】
[6]柔道場数【山梨県】
[7]水泳プール数【山梨県】
[8]陸上競技場数【沖縄県】
[9]野球場数【栃木県】
[ ]体育館数【鳥取県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■新着■
[ ]ゴルフ場数(体育・スポーツ施設現況調査)【栃木県】
[ ]旧七帝大+東工大+一橋大合格者数【奈良県】
[ ]旧七帝大合格者数【奈良県】
[ ]一橋大学合格者数【東京都】
[ ]東京工業大学合格者数【東京都】
[ ]九州大学合格者数【福岡県】
[ ]大阪大学合格者数【奈良県】
[ ]名古屋大学合格者数【愛知県】
[ ]弓道場数【鹿児島県】
[ ]弓道連盟登録人口【高知県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
■人気記事■
1位.相対的貧困世帯率【高知県】
2位.エンゲル係数【京都府】
3位.電力消費量【福井県】
4位.お菓子消費量【石川県】
5位.自殺者数【秋田県】
6位.東京大学合格者数【東京都】
7位.相対的貧困世帯率【高知県】
8位.全国学力テスト正答率【石川県】
9位.平均寿命:男性【滋賀県】
10位.土俵・相撲場数【佐賀県】
先頭 新着 人気 関連
ランキング 地図
[0]トップページ