都道府県別統計とランキングで見る県民性

若手医師数 [ 2014年第一位 東京都 ]

| 保健・医療
このエントリーをはてなブックマークに追加
若手医師数 [ 2014年第一位 東京都 ]の都道府県別ランキング
厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査から若手医師数ランキング。ここでは同調査の34歳以下の現役医師を比較している。現役医師の定義は現役医師数参照。現役医師数に占める若手医師の割合は若手医師比率参照。
34歳以下の医師は58,838人で、人口10万人あたり46.30人の若手医師がいる計算になる。

最も若手医師が多いのは東京都で75.77人。2位は京都府で69.62人。以下、福岡県、岡山県と続いている。これらの4都府県は偏差値も高く、特に若手医師が多い。東京都、京都府、福岡県は都市部で若者に人気があるのが原因と思われるが、岡山県で若手医師が多いのが興味深い。岡山県は大学医学部数でも上位に入っており、医者を育てる環境が充実しているのだろうか。

一方、若手医師が最も少ないのは埼玉県で人口10万人あたり24.38人。これに新潟県、福島県、鹿児島県、宮崎県と続いている。

分布図を見ると総医師数と同様に概ね西高東低と言える。

相関ランキングでは女性医師数との相関が特に高い。女性医師が好む職場環境と若手医師が好む職場環境が似ているためだろうか。

研修医数と正の相関が高いのは研修医が若いためだ。

この他、大学生数と正の相関があり、大学生が多いところに若手医師が多い。

■追記
岡山県に若手医師が多い理由をツイッターで教えていただいた。

@uz_tw

@mi_sya

@uz_tw

さっそく両病院についてネットで調べてみた。

wikipedia:倉敷中央病院
京都大学との関係

大原孫三郎が病院設立に先立って、当時の京都大学総長で岡山の第三高等中学校医学部へ赴任したこともあった荒木寅三郎と基本方針を検討。その後、荒木によって京大医学部から多くの人材が派遣された。それ以来、京大医学部とは密接な関係が続いており、現在でも京大出身の医師が多く、小笠原院長や後述の光藤医師も京大出身である。

医療技術

病院の実績を評価する基準に手術件数があるが、多くの手術分野で中四国ではトップクラスにある。特に、光藤和明(みつどう・かずあき)が心カテーテル治療の分野では有名で、1982年(昭和57年)から1万9千例以上の実績がある。以前、台湾で光藤の治療を受けた李登輝元総統が、再度診察を受けるために、2001年(平成13年)4月、倉敷を訪れたことが全国ニュースで報じられ話題となった。


岡山市にある心臓病センター榊原病院も中四国一の心臓手術症例数を持ち、若手医師の研修先として人気が高い。

これらの病院が若い研修医を集めているため岡山県に若手医師が多いと言えそうだ。
こちらは人口10万人あたりの医師数の順位です。総医師数の順位は若手医師数【総数順】参照

若手医師数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
医師数偏差値
 総 数 人口10万人
あたり
並替        
1東京10,145人75.77人81.50
2京都1,817人69.62人75.58
3福岡3,184人62.54人68.78
4岡山1,187人61.69人67.96
5石川670人57.96人64.37
6佐賀465人55.69人62.19
7大阪4,780人54.10人60.65
8沖縄743人52.29人58.91
9和歌山499人51.39人58.05
10福井380人48.10人54.89
11徳島356人46.60人53.44
12愛知3,456人46.36人53.21
13神奈川4,207人46.25人53.11
14香川450人45.87人52.74
15栃木904人45.66人52.54
16鳥取257人44.77人51.69
17長崎614人44.30人51.23
18島根308人44.19人51.12
19高知325人44.04人50.98
20兵庫2,435人43.95人50.89
21滋賀618人43.64人50.60
22秋田449人43.30人50.27
23熊本760人42.36人49.37
24広島1,194人42.15人49.16
25宮城976人41.92人48.94
26山形469人41.47人48.51
27愛媛576人41.29人48.33
28千葉2,445人39.46人46.57
29静岡1,425人38.46人45.61
30北海道2,062人38.19人45.35
31山梨317人37.69人44.87
32岐阜764人37.43人44.62
33長野776人36.80人44.01
34富山392人36.64人43.86
35奈良489人35.54人42.80
36大分412人35.18人42.46
37山口493人35.01人42.30
38群馬689人34.87人42.16
39岩手447人34.81人42.10
40茨城1,000人34.26人41.57
41三重615人33.70人41.03
42青森418人31.64人39.05
43宮崎350人31.42人38.84
44鹿児島517人31.00人38.43
45福島564人29.15人36.65
46新潟674人29.14人36.65
47埼玉1,765人24.38人32.07
全国58,838人46.30人
単位人口:人口10万人あたり (2014)

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
    1位 全国学力テスト正答率【石川県】
  2. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
    2位 コンビニ勢力図
  3. 在日韓国・朝鮮人の都道府県別ランキング画像
    3位 在日韓国・朝鮮人【大阪府】
  4. 県内総生産の都道府県別ランキング画像
    4位 県内総生産【東京都】
  5. 中学男子ハンドボール部員数の都道府県別ランキング画像
    5位 中学男子ハンドボール部員数【沖縄県】

新着ランキング

都道府県別ランキング

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

タイプ別ランキング

(全1334ランキングをタイプ別にまとめました)

この記事を見た人はこちらも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加