都道府県別統計とランキングで見る県民性

研修医数 [ 2014年第一位 沖縄県 ]

| 保健・医療
このエントリーをはてなブックマークに追加
研修医数 [ 2014年第一位 沖縄県 ]の都道府県別ランキング
厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査から研修医数ランキング。ここでは同調査の医療施設に従事している研修医数を比較している。医師数に占める研修医の割合は研修医比率参照。
Wikipedia 研修医
日本では大学において6年間の医学教育が行われているが、医師免許・歯科医師免許を持たない学生は法律的に医療行為を行えないため、大学卒業時点では医師・歯科医師としての実地経験はないに等しい。そのため、診療に従事しようとする医師・歯科医師に対し、免許取得の後に、臨床研修の名で上級医の指導の下に臨床経験を積む卒後教育が制度化された。


全国の研修医は15,340人で人口10万人あたり12.07人。最も研修医が多いのは沖縄県で20.13人。2位は東京都で18.35人。3位以下は京都府、和歌山県、岡山県と続いている。一方、研修医が少ないのは埼玉県で5.90人。この他、奈良県、新潟県、群馬県、宮崎県などで研修医が少ない。

沖縄県に研修医が多いのは2004年に始まった臨床研修制度が原因という意見がある。

琉球新報「初期臨床研修 県内の病院、人気2位」
 医大生らが医師免許を取得した後の2年間、現場で診療経験を積む初期臨床研修で、沖縄の研修病院は東京都に次いで、高い人気を誇っている。特定の診療科だけでなく、幅広い診療科での研修を義務付けた2004年度からの新臨床研修制度は県立中部病院(うるま市)をモデルにしたとも言われ、関係者は「離島県の沖縄では自前で医師を育て確保する必要があった。40年かけてつくり上げてきたシステム」と胸を張る。

 県内外から高い評価を受けている中部病院の研修は重症度を問わず、すべての患者を受け入れる同院の救急体制もあり、症例数の多さが魅力。指導医の下、2年目の研修医が入院患者の治療に当たる実務経験も研修医たちを鍛え上げる。

 初期研修2年目の反田篤志医師(26)=東大卒=は「長い時間をかけて培ってきた教育システムが魅力。病棟のマネジメントも自分でやる責任がある」とやりがいに満ちた様子。

 1年目の渡口真史医師(25)=琉大卒=も「学生の時に実習で来て、医師が熱心だと感じた」と中部病院を研修先として選んだ理由を挙げる。


琉球新報「57%が離島研修希望 研修医アンケート」
 県内の研修病院で「後期研修」を受けている131人の研修医のうち、半数以上の75人が離島研修を希望していることが、県立中部病院の遠藤和郎医師と尾原晴雄医師が昨年12月に実施したアンケートで分かった。県内では離島勤務医の確保が課題になっているが、離島研修がプログラムに組み込まれているのは1病院しかない。一方で今回の結果は、研修医の多くが離島医療に興味を抱いていることを示しており、こうした研修医を離島勤務につなげる対策の必要性が浮き彫りとなった。


これらを見ると充実した研修環境と離島人気が沖縄の研修医の多さにつながっているようだ。

岡山県は手術件数が多く研修先として人気の榊原病院と倉敷中央病院があるためと思われる。

wikipedia:倉敷中央病院
京都大学との関係

大原孫三郎が病院設立に先立って、当時の京都大学総長で岡山の第三高等中学校医学部へ赴任したこともあった荒木寅三郎と基本方針を検討。その後、荒木によって京大医学部から多くの人材が派遣された。それ以来、京大医学部とは密接な関係が続いており、現在でも京大出身の医師が多く、小笠原院長や後述の光藤医師も京大出身である。

医療技術

病院の実績を評価する基準に手術件数があるが、多くの手術分野で中四国ではトップクラスにある。特に、光藤和明(みつどう・かずあき)が心カテーテル治療の分野では有名で、1982年(昭和57年)から1万9千例以上の実績がある。以前、台湾で光藤の治療を受けた李登輝元総統が、再度診察を受けるために、2001年(平成13年)4月、倉敷を訪れたことが全国ニュースで報じられ話題となった。


相関ランキングでは若手医師数と高い相関があり、研修医が多いところは若手医師が多い。研修した医師が残るためだろう。
こちらは人口10万人あたりの医師数の順位です。総医師数の順位は研修医数【総数順】参照

研修医数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
医師数偏差値
 総 数 人口10万人
あたり
並替        
1沖縄286人20.13人78.07
2東京2,457人18.35人72.11
3京都472人18.08人71.22
4和歌山173人17.82人70.32
5岡山308人16.01人64.25
6佐賀133人15.93人63.98
7福岡730人14.34人58.65
8福井113人14.30人58.53
9石川165人14.27人58.43
10高知102人13.82人56.91
11島根96人13.77人56.75
12大阪1,193人13.50人55.84
13栃木251人12.68人53.08
14秋田129人12.44人52.28
15滋賀171人12.08人51.06
16愛知899人12.06人51.00
17神奈川1,094人12.03人50.89
18山梨101人12.01人50.84
19長崎166人11.98人50.73
20兵庫652人11.77人50.02
21山形131人11.58人49.40
22香川113人11.52人49.19
23鳥取66人11.50人49.12
24愛媛158人11.33人48.54
25徳島84人11.00人47.43
26熊本196人10.93人47.20
27青森144人10.90人47.12
28三重198人10.85人46.94
29長野228人10.81人46.81
30岐阜220人10.78人46.71
31山口150人10.65人46.28
32北海道556人10.30人45.09
33広島291人10.27人45.01
34千葉630人10.17人44.65
35宮城234人10.05人44.27
36富山107人10.00人44.09
37岩手128人9.97人43.99
38静岡361人9.74人43.23
39茨城281人9.63人42.84
40福島182人9.41人42.10
41鹿児島146人8.75人39.91
42大分102人8.71人39.77
43宮崎97人8.71人39.76
44群馬163人8.25人38.22
45新潟167人7.22人34.77
46奈良89人6.47人32.24
47埼玉427人5.90人30.33
全国15,340人12.07人
単位人口:人口10万人あたり (2014)

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
    1位 全国学力テスト正答率【石川県】
  2. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
    2位 コンビニ勢力図
  3. ラーメン店舗数の都道府県別ランキング画像
    3位 ラーメン店舗数【山形県】
  4. 横断歩道での一時停止率の都道府県別ランキング画像
    4位 横断歩道での一時停止率【長野県】
  5. 在日韓国・朝鮮人の都道府県別ランキング画像
    5位 在日韓国・朝鮮人【大阪府】

新着ランキング

都道府県別ランキング

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

タイプ別ランキング

(全1315ランキングをタイプ別にまとめました)

この記事を見た人はこちらも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加