都道府県別統計とランキングで見る県民性

ケンタッキーフライドチキン店舗数 [ 2018年第一位 沖縄県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
ケンタッキーフライドチキン店舗数 [ 2018年第一位 沖縄県 ]の都道府県別ランキング
ケンタッキーフライドチキンの店舗数ランキング。
ケンタッキーフライドチキンの沿革(店舗数に関係するもの)
内容
1970日本万国博覧会にKFCインターナショナルの実験店を出店、1日に最高280万円の売上を記録。
名古屋にKFC第1号店・名西店開店。
1971青山店(第5号店)を皮切りに、KFC東京に進出。
KFCフランチャイズ第1号店・江の島店開店
1973KFCチェーン第100号店・赤坂店開店。
1977日本のファストフードチェーンで初めてのドライブスルー店舗・久米川店開店。
1979KFCチェーン第200号店・東海店開店。
1980KFCチェーン第300号店・南鹿児島店開店
1983KFCチェーン第400号店・南郷18丁目店開店。
1985KFCチェーン第500号店・渋谷公園通り店開店。
1986KFCチェーン第600号店・川崎地下街店開店。
1987KFCチェーン第700号店・名取バイパス店開店。
1989KFCチェーン第800号店・長野中御所店開店。
1990KFCチェーン第900号店・多賀城店開店。
1992KFCチェーン第1000号店・新千歳空港店開店。
2010KFC次世代店舗1号店・渋谷公園通り店開店


全国のケンタッキーフライドチキン店舗数は1,140軒で、人口10万人あたり0.90軒。店舗数が最も多いのは沖縄県で人口10万人あたり1.39軒(偏差値74.5)。2位は北海道で1.21軒。3位以下は神奈川県(1.17軒)、群馬県(1.17軒)、熊本県(1.13軒)の順。一方、最も店舗数が少ないのは富山県で人口10万人あたり0.38軒(偏差値31.1)。これに高知県(0.42軒)、石川県(0.43軒)、愛媛県(0.44軒)、岩手県(0.47軒)と続いている。

ケンタッキーフライドチキン(Wikipedia)
ケンタッキーフライドチキンの都道府県別の県民1人あたり消費量は沖縄県が大変高い。これはアメリカ軍による占領の歴史やその後の基地の存在、これによるアメリカ人の顧客の存在(米軍基地内にKFCの店舗は存在しない)や、他都道府県と違い、贈答品や結婚式の引出物として使われたりするなど独特な商品の活用方法があるなどの理由が考えられているが、そもそも何故そのように活用されるようになったかは社内でもよくわかっていないと渡辺社長(2006年5月現在)はテレビ番組で言及している。

と説明されている。また、大分県についても

分布地図を見ると、九州沖縄、関西、関東、北日本に店舗が多い。九州は鶏肉消費量が多いところでケンタッキーフライドチキンの店舗数も多い。その九州にありながらそれほど店舗が多くない大分県については以下のような理由があげられている。

ケンタッキーフライドチキン(Wikipedia)
沖縄とは対照的に、大分県北部地方(中津市・宇佐市・豊後高田市・国東市・杵築市など)にはケンタッキーフライドチキンの店舗がほとんど無く、消費量が少ない。

これはこの地方に「中津風」と呼ばれる独特の鶏の唐揚げの食文化が存在しており、このにんにく入りの調味液に漬け込んだ濃い目の味付けの「中津風」唐揚げを扱う唐揚げ屋が多数存在する上、店舗間での競争が激しい事から、ことこの地域に限れば価格面や味の嗜好面でケンタッキーに他店との対抗の余地が無いことが理由として挙げられる。

さらに、大分県にはとり天という鶏肉に天ぷら衣をつけて揚げ、カボスポン酢をつけて食べるスタイルで知られる郷土料理があり、これが弁当のおかずなどとして非常にポピュラーであることも考えられる。かつてケンタッキーが中津市内に出店したことがあったものの、業績不振で一旦は撤退を余儀なくされた。しかしケンタッキーは2007年に再度、中津市内のゆめタウン中津に出店した。


相関ランキングでは非正規雇用率と正の相関があり、非正規雇用者が多いところにケンタッキーフライドチキンが多い。また、神社数と負の相関があり、ケンタッキーフライドチキンが多いところは神社が少ない。両者に因果関係はないと思われるが面白い結果となっている。
こちらは人口10万人あたりの店舗数の順位です。総店舗数の順位はケンタッキーフライドチキン店舗数【総数順】参照

ケンタッキーフライドチキン店舗数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
店舗数偏差値
 総 数 人口10万人
あたり
並替        
1沖縄20軒1.39軒74.46
2北海道65軒1.21軒66.93
3神奈川107軒1.17軒65.05
4群馬23軒1.17軒65.01
5熊本20軒1.13軒63.21
6栃木22軒1.12軒62.87
7佐賀9軒1.09軒61.50
8千葉65軒1.04軒59.57
9京都27軒1.04軒59.32
10東京141軒1.04軒59.27
11青森13軒1.01軒57.99
12宮崎11軒1.00軒57.95
13福岡50軒0.98軒56.92
14埼玉70軒0.96軒56.06
15奈良13軒0.96軒56.02
16和歌山9軒0.94軒55.34
17滋賀13軒0.92軒54.35
18鹿児島15軒0.92軒54.18
19茨城26軒0.90軒53.28
20兵庫49軒0.89軒52.98
21島根6軒0.87軒52.21
22宮城20軒0.86軒51.70
23大阪74軒0.84軒50.84
24長野17軒0.81軒49.82
25福島15軒0.79軒48.75
26新潟18軒0.79軒48.66
27大分9軒0.78軒48.19
28長崎10軒0.73軒46.31
29山梨6軒0.72軒45.92
30鳥取4軒0.70軒45.03
31愛知52軒0.69軒44.64
32岐阜14軒0.69軒44.60
33静岡25軒0.68軒44.00
34三重12軒0.66軒43.40
35福井5軒0.64軒42.33
36広島18軒0.63軒42.12
37山形7軒0.63軒41.90
38岡山12軒0.63軒41.82
39香川6軒0.62軒41.39
40秋田6軒0.59軒40.41
41山口8軒0.57軒39.55
42徳島4軒0.53軒37.80
43岩手6軒0.47軒35.23
44愛媛6軒0.44軒33.65
45石川5軒0.43軒33.56
46高知3軒0.42軒32.79
47富山4軒0.38軒31.12
全国1,140軒0.90軒
単位人口:人口10万人あたり (2016)

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
    1位 コンビニ勢力図
  2. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
    2位 全国学力テスト正答率【石川県】
  3. アルコール消費量の都道府県別ランキング画像
    3位 アルコール消費量【東京都】
  4. 在日韓国・朝鮮人の都道府県別ランキング画像
    4位 在日韓国・朝鮮人【大阪府】
  5. ラーメン店舗数の都道府県別ランキング画像
    5位 ラーメン店舗数【山形県】

新着ランキング

都道府県別ランキング

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

タイプ別ランキング

(全1348ランキングをタイプ別にまとめました)

この記事を見た人はこちらも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加