年間降雪量 [ 2011年第一位 青森県 ]

 

年間降雪量 [ 2011年第一位 青森県 ]

年間降雪量 [ 2011年第一位 青森県 ] 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

スポンサードリンク

気象庁の観測データから降雪量ランキング。気象庁では地方気象台のデータを都道府県の値としており、このサイトでもこれにならっている。ほとんどの地方気象台が県庁所在地にあるが、以下の県では県庁所在地と地方気象台所在地が異なっている。

埼玉県:熊谷市 千葉県:銚子市 滋賀県:彦根市 山口県:下関市

気象庁では過去30年間のデータから平年値を出しており、ここでは1981年から2010年のデータによる平年値を比較している。

年間降雪量の全国平均は101cm。これは各都道府県のデータを相加平均したもので、気象庁が発表したものではない。

最も降雪量が多いのは青森県の669cm。上位には東北各県に加えて北陸地方の各県が入っている。4位の富山県は年間雪日数では10位となっており、北陸地方は東北地方よりも雪の日数は少ないが、降る量は多いと言えそうだ。一方、降雪量が少ない地域を見ると、沖縄県、宮崎県に加えて静岡県の降雪量が0cmとなっている。
データ出典 気象庁

スポンサードリンク

年間降雪量ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県降雪量偏差値
並替  降順  昇順降順  昇順
1青森県669cm84.71
2北海道597cm80.31
3山形県426cm69.87
4富山県383cm67.24
5秋田県377cm66.87
6福井県286cm61.31
7石川県281cm61.01
8岩手県272cm60.46
9長野県263cm59.91
10新潟県217cm57.10
11鳥取県214cm56.92
12福島県189cm55.39
13滋賀県104cm50.20
14島根県89cm49.28
15宮城県71cm48.18
16岐阜県47cm46.71
17山梨県29cm45.61
18栃木県28cm45.55
19群馬県24cm45.31
20埼玉県22cm45.19
21京都府19cm45.00
22愛知県16cm44.82
22茨城県16cm44.82
24神奈川県13cm44.64
25広島県12cm44.58
26東京都11cm44.52
27奈良県8cm44.33
28三重県7cm44.27
29佐賀県6cm44.21
30福岡県4cm44.09
30山口県4cm44.09
30長崎県4cm44.09
30徳島県4cm44.09
30鹿児島県4cm44.09
35香川県3cm44.03
35岡山県3cm44.03
35大阪府3cm44.03
38熊本県2cm43.97
38大分県2cm43.97
38愛媛県2cm43.97
38和歌山県2cm43.97
38兵庫県2cm43.97
43高知県1cm43.90
43千葉県1cm43.90
--沖縄県----
--静岡県----
--宮崎県----
全国101cm

降雪量の分布 (変動係数 1.6243)

分布図

コメント

お名前  

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
odomon 2016/09/21
全県平均も考えましたが、観測所の配置が均等でない、そもそも均等な観測所配置の定義が難しい、という理由で断念しました。

実際、張っていただいたまとめページでも、北海道の降雪量が長野以下になっていて、これも実感から乖離した印象です。

他にも実感との乖離を感じるのが千葉県です。千葉県は地方気象台が銚子にあって、海沿いの銚子の気候をもって千葉県を代表させるのは無理を感じます。ヒートアイランド現象がある千葉市と涼しい潮風が吹く銚子では夏の気温もだいぶ違いますし。

とはいえ、それに代わる計算方法が見つけられないので、現状維持とさせてください。
新潟市ってあんまり雪降らないんだよね 2016/09/16
地方気象台所在地=県庁所在地だけのデータで比較しても実感と乖離してるような。
http://matome.naver.jp/odai/2141902614197610301
こっちの方が実感に近い気がする
厳冬反対、暖冬賛成 2015/07/12
やはり、2016年シーズンはできれば、ケチで少ない日照時間の冬が来ませんように。 高温少雪 高温多雨の冬になってほしい。
1976年 2月のみ暖冬 ほか平年並 1986年 20世紀最後の大厳冬 1996年 北海道のみ暖冬 他は平年並みか厳冬
2006年 21世紀最初の厳冬 1986年以来の厳冬 大厳冬
2016年は奄美沖縄は超暖冬で 平年比 +1.5℃ 他は暖冬 大暖冬 平年比 +0.5℃以上+1.5℃未満
積雪量降雪量が2015年の4割以下にとどまってほしい
できれば、日照時間は全国的に最低でも100時間ほどあってほしいです。
少なくてケチな冬の日照時間は反対ですから。
元青森人 2015/02/19
青森の豪雪地帯は西側に集中しています。
八甲田に阻まれている為、東側は比較的少ないです。
わにわにしちょし 2015/01/09
そんなこんいっちょし
ほうけほうけ
青森は、雪おおいずら?
優衣 2012/03/28
やっぱり青森が一番雪が多いんですね。

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

気候 記事一覧

2011-6-8 | 気候

スポンサードリンク

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1059 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事