都道府県別統計を比較した都道府県ランキング。1385 ランキング掲載中

都道府県別ポプラ店舗数

公開日:2009-6-5 | 最終更新日:2020-7-7
カテゴリ: コンビニ
都道府県別ポプラ店舗数 - とどラン 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
ポプラの店舗数の都道府県ランキング。ポプラは広島からスタートしたコンビニチェーンで中国地方や山陰地方で店舗数が多い。また、ココストアと同じく、吸収合併により店舗を増やしているため、密度が高いエリアが分散している。系列コンビニにはポプラ、生活彩家、ハイウェイ彩家、くらしハウス、スリーエイトがあるが、ここではこれらの合計数をとっている。

直近の店舗数推移は以下の通り。

2009年4月 707軒
2010年6月 688軒(2.7%減)
2011年11月 685軒(0.4%減)
2013年1月 692軒(1.0%増)
2014年1月 627軒(9.4%減)  
2015年3月 495軒(21.1%減)
2016年5月 473軒(4.4%減)
2017年11月 462軒(2.3%減)
2018年9月 471軒(1.9%増)
2019年5月 475軒(0.8%増)
2019年5月 473軒(0.4%減)

ポプラはローソンと資本業務提携を結び、山陰地区で「ローソン・ポプラ」ダブルブランド店を展開しており、今後の展開が注目される。

ローソン/ポプラとの業務提携でダブルブランド店舗
ローソンとポプラは9月18日、双方のチェーンブランドの強みを相互活用するため、新たに店舗レベルでの業務提携について基本合意書を締結したと発表した。

新規事業として、山陰地区で「ローソン・ポプラ」ダブルブランド店を展開する。山陰地区の鳥取、島根では、少子高齢化が加速しており、地域社会の構造と事業環境が大きく変化している。

急激な変化に対応するために、山陰地区でNo.1のシェアを持つローソンと、特長ある商品づくりで地域のお客に支持されるポプラで、共同運営会社を設立し、両社が持つ店舗・配送インフラの段階的な共通化を促進、商品開発や品そろえで連携することで効率的店舗運営体制を整え、山陰地区のお客のニーズにきめ細かく対応する。


鳥取県と島根県に注目すると2016年から2020年にかけて

鳥取県 41軒→7軒
島根県 51軒→10軒

と大幅に減少しており、ローソンへの転換が進んでいるようだ。

ポプラの沿革(主に店舗数や出店状況に関わる部分)
内容
1976年株式会社ポプラ設立
1983年フランチャイズ店舗1号店「本浦店(広島市南区)」を開店
1987年ポプラ50店舗目をオープン
1988年ポプラ100店舗目をオープン
1992年トップマート株式会社を合併、九州展開
1993年ポプラ200店舗目をオープン
1995年ポプラ300店舗目をオープン
1996年ポプラ400店舗目をオープン
1997年ポプラ500店舗目をオープン
1998年株式会社ハイリテイルシステム(店名:生活彩家)を買収
2001年株式会社ジャイロ(店名:くらしハウス)を買収
2002年関西地区にて生活彩家を出店
2003年株式会社ヒロマルチェーン(店名:スリーエイト他)、エフジーマイチャミー株式会社(店名:マイチャミー)を買収
2004年株式会社チックタックシステムズ(店名:チックタック)、北陸ホットスパー株式会社(店名:ホットスパー)を買収
2014年株式会社ローソンと資本業務提携


全国のポプラ店舗数は473軒で、小学生10万人あたり7.36軒。店舗数が最も多いのは広島県で小学生10万人あたり57.32軒(偏差値92.5)。2位は山口県で33.72軒。3位以下は島根県(28.74軒)、岡山県(26.71軒)、鳥取県(24.19軒)の順。本拠地の中国地方の他、買収先の北陸、関東、九州にも店舗が広がっている。
データ出典  ポプラ店舗検索 2020

都道府県別ポプラ店舗数

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県店舗数偏差値
 総 数 小学生10万人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1広島県87軒57.32軒92.50
2山口県23軒33.72軒72.42
3島根県10軒28.74軒68.18
4岡山県27軒26.71軒66.45
5鳥取県7軒24.19軒64.31
6長崎県16軒22.45軒62.83
7石川県12軒20.13軒60.86
8富山県10軒19.64軒60.45
9福岡県51軒18.12軒59.15
10大分県8軒13.51軒55.22
11熊本県13軒13.27軒55.03
12東京都69軒11.32軒53.37
13佐賀県5軒11.01軒53.10
14千葉県31軒9.81軒52.08
15大阪府30軒6.83軒49.55
16埼玉県21軒5.63軒48.53
17茨城県8軒5.55軒48.45
18京都府6軒4.76軒47.79
19神奈川県20軒4.34軒47.42
20兵庫県8軒2.76軒46.08
21栃木県2軒1.98軒45.42
22愛知県7軒1.68軒45.17
23愛媛県1軒1.44軒44.96
24滋賀県1軒1.22軒44.77
--宮崎県------
--鹿児島県------
--徳島県------
--香川県------
--高知県------
--沖縄県------
--北海道------
--和歌山県------
--新潟県------
--岩手県------
--宮城県------
--秋田県------
--山形県------
--福島県------
--群馬県------
--福井県------
--奈良県------
--山梨県------
--長野県------
--岐阜県------
--静岡県------
--三重県------
--青森県------
全国473軒7.36軒
単位人口:小学生10万人あたり (2018)

他との相関 相関とは?

コンビニに関するその他の記事

10万あたり店舗数の分布 (変動係数 1.5961)

分布図

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、5分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
てん 2011/04/17
福岡の田舎で、やたら駐車場が広いコンビニは大抵ポプラ。

以前、福岡に住んでるときにテレビのCMで「九州のコンビニといえば、やっぱポプラやね」と言ってたけど、本社は広島だったのね。
お弁当のご飯を大盛りにしてくれるポプラが大好きです。
2020-7-7 | コンビニ