都道府県別統計を比較した都道府県ランキング。1360 ランキング掲載中
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソン店舗数 [ 2019年第一位 鳥取県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
ローソン店舗数 [ 2019年第一位 鳥取県 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
ローソンホームページから2019年2月末現在のローソンの店舗数ランキング。ローソンはセブンイレブン、ファミリーマートに次いで国内第3位の店舗数をもち、1997年には全都道府県出店を達成した。

ローソンへの転換が進んでいるセーブオン、ポプラ、スリーエフについて2019年の段階では、セーブオンとスリーエフはすべてローソンに計上されている。ポプラはローソン・ポプラの店舗がローソンに計上されていて、ポプラは別立てとなっている。それにあわせて当サイトでもセーブオンとスリーエフの店舗数は更新を停止している。


ダイエーの子会社として1974年にスタートしたローソンは関西地区を中心に店舗を展開。1980年に東日本に拠点を持つサンチェーンと合併し、店舗を増やした。その後、九州、中京、中国、四国、北海道と店舗を広げ、1997年に沖縄県に出店して全都道府県進出を達成している。

店舗数に関係する沿革
内容
1974ダイエー、米国コンソリデーテッドフーズ社とコンサルティング契約締結
1975ローソン1号店「桜塚店」(大阪府)オープン
1976サンチェーン1号店オープン
関東エリアへ進出
1977サンチェーン100号店オープン
1978サンチェーンが東海、九州、北海道、東北エリアへ進出
1979ローソン100号店オープン
1980ローソン・サンチェーン業務提携
ローソンが九州エリア、東海エリアへ進出
1981中国エリアへ進出
1985四国エリアへ進出
1986ローソン・サンチェーン合計2000店達成
ローソンが北海道、北陸エリアへ進出
1988ローソン・サンチェーン合計3000店達成
1989ローソン・サンチェーン合併
19924000号店オープン
19945000号店オープン
19966000号店オープン
1997沖縄県に出店、47都道府県出店達成
19997000号店オープン
20048000号店オープン
2009株式会社ローソン沖縄を通じたエリアフランチャイズ展開の開始
2010サンクスアンドアソシエイツ富山がコンビニ事業をローソンに譲渡
2011国内10000号店オープン
2012CVSベイエリアとフランチャイズ契約を締結
富山県を撤退したセーブオンから店舗を継承
2014株式会社サニーマートと合弁会社「株式会社ローソン高知」を設立
株式会社ポプラと資本業務提携に係る基本合意書を締結
2015株式会社メトロコマースと業務提携契約を締結し、東京メトロ構内の売店をローソンに転換
長野県を撤退したセーブオンから店舗を継承
2016山形県・福島県・茨城県のセーブオンがローソンへ転換
スリーエフと資本業務提携


直近の店舗数の推移は以下のようになっている

2009年4月 8614軒
2010年6月 9792軒(前年比13.7%増)
2011年11月 10447軒(前年比6.7%増)
2013年1月 11151軒(前年比6.7%増)
2014年1月 11653軒(前年比4.5%増)
2015年2月 11606軒(前年比0.4%減)
2016年9月 12557軒(前年比8.2%増)
2017年2月 13111軒(前年比4.4%増)
2018年2月 13992軒(前年比6.7%増)
2019年2月 14659軒(前年比4.8%増)

店舗増加率の上位10県は
20192018増加率
群馬県254122108.2%
新潟県23015944.7%
福島県15814211.3%
広島県23421110.9%
岡山県2021887.4%
愛知県7306836.9%
青森県2622466.5%
山梨県1361286.3%
茨城県2232106.2%
福岡県5234936.1%
全国14659139924.8%

となっていて、セーブオンから店舗が転換した群馬県、新潟県で店舗数が増えている。

全国のローソン店舗数は14,659軒で、人口10万人あたり11.57軒。店舗数が最も多いのは鳥取県で人口10万人あたり25.31軒(偏差値80.4)。2位は島根県で21.61軒。3位以下は青森県(20.50軒)、高知県(19.61軒)、秋田県(19.08軒)の順。一方、最も店舗数が少ないのは静岡県で人口10万人あたり7.67軒(偏差値38.3)。これに茨城県(7.71軒)、三重県(7.83軒)、長崎県(8.05軒)、広島県(8.27軒)と続いている。

分布図を見ると創業地の関西をはじめ、セブンイレブンが少ない関西、中国、四国、北東北で店舗が多い。相関ランキングを見てもローソンとセブンイレブンは負の相関係数が高く、ローソンが多いところはセブンイレブンが少ない。店舗分布にも熾烈なライバル関係がはっきり表れていると言えよう。
データ出典 ローソン企業情報
こちらは人口10万人あたりの店舗数の順位です。総店舗数の順位はローソン店舗数【総数順】参照

ローソン店舗数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県店舗数偏差値
 総 数 人口10万人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1鳥取県143軒25.31軒80.39
2島根県148軒21.61軒71.55
3青森県262軒20.50軒68.91
4高知県140軒19.61軒66.78
5秋田県190軒19.08軒65.50
6徳島県138軒18.57軒64.30
7富山県194軒18.37軒63.82
8山梨県136軒16.53軒59.41
9大分県188軒16.32軒58.92
10沖縄県233軒16.15軒58.51
11和歌山県152軒16.09軒58.36
12愛媛県219軒16.06軒58.29
13福井県113軒14.51軒54.59
14岩手県179軒14.26軒54.01
15香川県133軒13.75軒52.80
16大阪府1,151軒13.05軒51.10
17群馬県254軒12.96軒50.90
18京都府336軒12.93軒50.83
19東京都1,748軒12.74軒50.37
20北海道670軒12.59軒50.03
21兵庫県687軒12.48軒49.77
22神奈川県1,121軒12.24軒49.18
23鹿児島県197軒12.12軒48.89
24滋賀県159軒11.25軒46.83
25宮城県252軒10.85軒45.86
26岡山県202軒10.59軒45.25
27奈良県140軒10.39軒44.76
28栃木県201軒10.27軒44.48
29福岡県523軒10.24軒44.41
30山形県112軒10.16軒44.22
31新潟県230軒10.15軒44.18
32千葉県616軒9.86軒43.50
33宮崎県107軒9.83軒43.42
34愛知県730軒9.70軒43.12
35埼玉県702軒9.60軒42.89
36佐賀県75軒9.10軒41.69
37岐阜県180軒8.96軒41.36
38熊本県157軒8.90軒41.20
39石川県102軒8.89軒41.19
40山口県117軒8.46軒40.16
41長野県175軒8.43軒40.09
42福島県158軒8.40軒40.00
43広島県234軒8.27軒39.71
44長崎県109軒8.05軒39.18
45三重県141軒7.83軒38.66
46茨城県223軒7.71軒38.37
47静岡県282軒7.67軒38.28
全国14,659軒11.57軒
単位人口:人口10万人あたり (2017)

この記事を見た人はこちらも見ています

10万あたり店舗数の分布 (変動係数 0.3329)

分布図

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、5分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
ミー 2011/08/16
mjkー

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

コンビニ 記事一覧

2019-7-11 | コンビニ