年間雪日数 [ 2010年第一位 北海道 ]

 

年間雪日数 [ 2010年第一位 北海道 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
年間雪日数 [ 2010年第一位 北海道 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
気象庁の観測データから雪日数ランキング。気象庁では地方気象台のデータを都道府県の値としており、このサイトでもこれにならっている。ほとんどの地方気象台が県庁所在地にあるが、以下の県では県庁所在地と地方気象台所在地が異なっている。

埼玉県:熊谷市 千葉県:銚子市 滋賀県:彦根市 山口県:下関市

気象庁では過去30年間のデータから平年値を出しており、ここでは1981年から2010年のデータによる平年値を比較している。

年間雪日数の全国平均は32.6日。これは各県のデータを平均したものであり、気象庁が発表したデータではないので注意いただきたい。

最も雪日数が多いのは北海道で125.9日。以下、青森県、岩手県、秋田県、山形県と緯度が高い順に並んでいる。その次には長野県と北陸地方が続いている。豪雪といえば北陸のイメージだが、雪の日数が極端に多いわけではない。北陸よりも東北の方が気温が低く、北陸で雨が降っている時、東北では雪になっているためだと思われる。

逆に最も少ないのは沖縄県で0.0日。以下、宮崎県、静岡県、鹿児島県、千葉県、高知県、東京都、神奈川県と太平洋沿岸の各県が上位を占めている。

地域的に見ると冬に北西季節風が吹き付ける日本海側で雪日数が多く、太平洋岸で少ない。福岡県や佐賀県よりも南関東の雪日数が少ないのはこのためだ。冬に雪が多い日本海側気候をデータで裏付けている。地図をみると長野県だけ若干張り出しているように見えるが、これは日本海側気候の長野市に観測点があるためで、太平洋岸気候の南部では雪日数は少ない。

相関ランキングでは年間平均気温と負の相関となっていて、平気気温が低い地域ほど雪日数が多い。また、年間晴天日数とも負の相関になっている。雪日数が多い地域ほど晴天日数が少ないことを表しており、日本海側は雪の日が多いため、晴れの日が少ないと言える。

この他、甲子園通算勝率とも負の相関があり、雪が多い地域は甲子園で弱いことが分かる。
データ出典 気象庁

年間雪日数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県雪日数偏差値
並替  降順  昇順降順  昇順
1北海道125.9日79.32
2青森県108.6日73.88
3岩手県103.8日72.37
4秋田県98.9日70.83
5山形県90.6日68.23
6長野県75.3日63.42
7新潟県70.8日62.00
8福島県69.9日61.72
9宮城県66.5日60.65
10富山県56.0日57.35
11石川県54.8日56.97
12福井県52.5日56.25
13鳥取県44.7日53.80
14島根県39.6日52.20
15滋賀県35.6日50.94
16京都府30.0日49.18
17岐阜県24.6日47.48
18広島県23.3日47.07
19奈良県22.5日46.82
20山口県20.0日46.04
21兵庫県18.6日45.60
22群馬県18.2日45.47
23栃木県17.9日45.38
24三重県17.7日45.31
25福岡県17.1日45.13
26愛知県16.6日44.97
27大阪府15.5日44.62
28岡山県15.4日44.59
29佐賀県15.3日44.56
30香川県14.3日44.25
31和歌山県13.9日44.12
32長崎県13.5日43.99
33徳島県13.4日43.96
34愛媛県12.9日43.81
35熊本県12.5日43.68
36茨城県12.0日43.52
37山梨県11.8日43.46
38埼玉県11.0日43.21
39大分県9.8日42.83
40神奈川県9.7日42.80
40東京都9.7日42.80
42高知県6.4日41.76
43千葉県6.1日41.67
44鹿児島県5.5日41.48
45静岡県2.6日40.57
46宮崎県1.3日40.16
--沖縄県----
全国32.6日

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
odomon 2012/06/04
さかまきさん

新潟市は県内では雪が少ないところなんですね。知りませんでした。

たしかに今の方式で都道府県の値とするには無理がありますね。かといって、全観測地点を単純に平均化すればいいかというと、山間部などの人口が少なく雪が多いところの値で全体が引きずられてしまう可能性も考えられます。気象庁としても苦肉の策として現在の方式に落ち着いているのかもしれません。
さかまき 2012/06/04
新潟市は、新潟県の中でも極端に積雪量の少ないところですから、そこで比べたら比較になりませんね。
気象庁の統計の発表の仕方に問題ありです。

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

気候 記事一覧

2011-5-30 | 気候

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1154 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加