第一次産業従業者数 [ 2014年第一位 宮崎県 ]

 

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

おすすめの本

とどランが本になりました!
様々な角度から県民性を分析した、地域マーケティングに役立つ一冊です。
47都道府県ランキング
47都道府県の偏差値
第2巻 消費・活動編
第1巻 総合編
都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1271 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

第一次産業従業者数 [ 2014年第一位 宮崎県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
第一次産業従業者数 [ 2014年第一位 宮崎県 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
経済センサス基礎調査より第一次産業従業者数のランキング。

経済センサスは事業所の統計であるため、個人で行っている農家や漁師は含まれていないので注意願いたい。一方、農事組合法人などは調査の対象に含まれている。

経済センサス基礎調査 よくある質問:農事組合法人は、この調査の対象となるのか。
農事組合法人は、本調査の対象外となっている個々の「農家」とは別個の法人格を有するものであるため、調査の対象となります。


活動調査の基本に関するQ&A:A-4 農業も調査の対象ですか。
個人で行っている農業は、調査対象外です。

 経済センサス‐活動調査は、統計法(総務省)第2条第9項に規定する統計基準である日本標準産業分類に掲げる産業に属する事業所のうち、以下に掲げる事業所、国及び地方公共団体の事業所を除く事業所を調査の対象としています。

1 農業・林業に属する個人経営の事業所
2 漁業に属する個人経営の事業所
3 生活関連サービス業、娯楽業のうち、家事サービス業に属する事業所
4 サービス業(他に分類されないもの)のうち、外国公務に属する事業所


全国の第一次産業従業者数は36万3981人で、従業者1000人あたり5.89人。従業者数が最も多いのは宮崎県で従業者1000人あたり23.70人(偏差値77.1)。2位は鹿児島県で19.89人。3位以下は岩手県(18.17人)、北海道(18.07人)、秋田県(17.08人)の順。一方、最も従業者数が少ないのは東京都で従業者1000人あたり0.43人(偏差値33.5)。これに大阪府(0.55人)、神奈川県(1.61人)、愛知県(2.37人)、埼玉県(2.39人)と続いている。

分布地図を見ると地方で第一次産業従業者数が多い。

相関ランキングでは食糧自給率(生産額ベース)食糧自給率(カロリーベース)農業就業人口と正の相関が高く、農業就業人口が多く食糧自給率が高いところで第一次産業従業者数が多い。(ここで言う農業就業人口は農林業センサスによるもので、個人の農家も含まれている。)

また、肉用牛飼育頭数肉用牛畜産農家数とも正の相関があり、畜産が盛んなところで第一次産業従業者数が多い。
こちらは従業者1000人あたりの従業者数の順位です。総従業者数の順位は第一次産業従業者数【総数順】参照

第一次産業従業者数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県従業者数偏差値
 総 数 従業者1000人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1宮崎県11,870人23.70人77.12
2鹿児島県14,874人19.89人69.97
3岩手県10,819人18.17人66.75
4北海道44,181人18.07人66.55
5秋田県7,946人17.08人64.70
6大分県8,477人15.91人62.51
7島根県5,123人15.57人61.87
8青森県8,896人15.45人61.64
9高知県4,937人15.31人61.38
10長野県14,251人13.96人58.86
11鳥取県3,547人13.61人58.19
12新潟県15,220人13.52人58.03
13熊本県9,422人12.04人55.25
14富山県6,634人12.03人55.23
15長崎県6,907人11.15人53.58
16山形県5,638人10.62人52.59
17愛媛県6,302人10.04人51.50
18徳島県3,337人9.66人50.77
19香川県4,582人9.52人50.52
20福井県3,879人9.50人50.47
21佐賀県3,342人8.62人48.83
22福島県7,519人8.61人48.80
23山口県5,357人8.32人48.26
24滋賀県5,387人8.19人48.03
25三重県7,068人8.06人47.78
26茨城県10,535人7.97人47.62
27山梨県3,119人7.78人47.26
28岐阜県7,233人7.57人46.86
29群馬県7,303人7.54人46.81
30石川県4,419人7.50人46.73
31栃木県6,733人7.23人46.23
32広島県9,856人7.05人45.89
33和歌山県2,922人6.95人45.71
34宮城県7,367人6.69人45.21
35岡山県5,495人6.21人44.31
36沖縄県3,512人5.76人43.46
37千葉県11,034人4.84人41.73
38静岡県8,840人4.76人41.59
39福岡県8,220人3.44人39.11
40京都府4,207人3.39人39.01
41兵庫県7,602人3.19人38.64
42奈良県1,264人2.60人37.53
43埼玉県6,601人2.39人37.15
44愛知県9,448人2.37人37.11
45神奈川県6,010人1.61人35.69
46大阪府2,595人0.55人33.69
47東京都4,151人0.43人33.47
全国363,981人5.89人
単位人口:従業者1000人あたり (2014)

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

雇用・労働 記事一覧

2018-11-5 | 雇用・労働