2010年参議院比例代表:自由民主党得票率 [ 2010年第一位 福井県 ]

 

2010年参議院比例代表:自由民主党得票率 [ 2010年第一位 福井県 ]

2010年参議院比例代表:自由民主党得票率 [ 2010年第一位 福井県 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

スポンサーリンク

2010年7月11日にあった参議院比例代表選出議員選挙の自民党得票率ランキング。参議院比例代表では党名と候補者名のどちらかを記入する非拘束名簿式をとっており、ここでは党名と候補者名の投票を合算して計算している。

自民党の100人あたり獲得票数の全国平均は24.07票でこれは民主党の31.56票を下回っている。自民党の得票率は2009年の衆院選比例代表の26.73票から減っており、民主党の得票率の凋落にもかかわらず、自民党の得票率が伸びてないことが分かる。

しかし今回の選挙では地方の1人区で勝利を積み重ねて議席数では民主党を圧倒する結果になった。今回の選挙では1票の格差が5倍を超えており、1票の価値が高い県を押さえた自民党が勝ったことは、選挙制度の矛盾とも言えそうだ。

相関ランキングを見ると最低賃金魅力と負の相関が高く、高齢者数衆議院小選挙区議席数教職員数地方公務員数と正の相関が高い。

高齢者が多く、魅力や最低賃金が低い地域で自民党の支持率が高いことを表しており、”恵まれた”地域の富を教職員や公務員、議席数といったかたちで”恵まれない”地域の人々に再配分してきた自民党の歴史が窺われる。

政党別に見ると、衆議院比例代表:共産党得票率衆議院比例代表:共産党得票率と負の相関関係がある。自民党が多いところは共産党の得票が少ないということで、自民党と共産党、民主党と公明党がそれぞれ相反する得票率となっているのは面白い。

スポンサーリンク

こちらは比例得票数100票あたりの得票数の順位です。総得票数の順位は2010年参議院比例代表:自由民主党得票率【総数順】参照

2010年参議院比例代表:自由民主党得票率ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県得票数偏差値
 総 数 比例得票数100票
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1福井県158,608票38.59票72.74
2鹿児島県288,295票36.54票68.77
3島根県148,998票36.10票67.92
4香川県162,688票35.00票65.79
5石川県189,901票34.95票65.69
6山口県248,122票34.22票64.26
7佐賀県140,470票33.63票63.13
8青森県198,915票32.90票61.70
9徳島県118,674票32.10票60.15
10富山県174,436票30.90票57.82
11鳥取県95,555票30.79票57.62
12宮崎県155,141票30.30票56.66
13長崎県207,335票30.02票56.11
14群馬県268,857票29.27票54.65
15熊本県253,382票28.72票53.60
16山形県170,244票28.65票53.45
17和歌山県137,617票28.53票53.23
18愛媛県189,486票28.42票53.01
19岐阜県275,215票28.11票52.41
20大分県166,917票27.74票51.68
21宮城県273,530票27.73票51.67
22新潟県317,167票27.58票51.39
23茨城県353,401票27.25票50.74
24秋田県155,497票26.78票49.83
25高知県94,608票26.48票49.25
26山梨県114,124票26.34票48.98
27静岡県451,097票26.26票48.82
28広島県305,838票25.31票46.97
29三重県223,833票25.17票46.71
30滋賀県157,293票24.16票44.74
31福岡県528,117票23.62票43.70
32千葉県636,738票23.53票43.52
33岩手県149,114票23.32票43.11
34長野県251,661票22.81票42.12
35奈良県150,923票22.80票42.11
36福島県221,971票22.71票41.93
37栃木県200,166票22.30票41.13
38京都府239,263票21.93票40.42
39北海道601,801票21.78票40.12
40愛知県680,080票20.86票38.34
41東京都1,253,625票20.66票37.95
42埼玉県653,497票20.59票37.82
43神奈川県815,730票20.55票37.74
44兵庫県487,499票20.27票37.19
45岡山県173,638票19.86票36.40
46大阪府739,215票19.03票34.80
47沖縄県93,385票17.64票32.09
全国14,071,671票24.07票
単位人口:比例得票数100票あたり (2010)

コメント

お名前  

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

2010参議院選挙 記事一覧

スポンサーリンク

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

おすすめの本

とどランが本になりました!
様々な角度から県民性を分析した、地域マーケティングに役立つ一冊です。
第2巻 消費・活動編
第1巻 総合編
都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1083 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事