2114 最低賃金 [ 2018年第一位 東京都 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
都道府県別統計を比較した都道府県ランキング。1360 ランキング掲載中
このエントリーをはてなブックマークに追加

最低賃金 [ 2018年第一位 東京都 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
最低賃金 [ 2018年第一位 東京都 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
厚生労働省より最低賃金の都道府県別ランキング。最低賃金とは最低賃金法により定められた賃金で地域別と産業別とが設定されているが、今回は地域別最低賃金を比較した。全国平均は厚労省で発表している金額ではなく当サイトが計算したもので、各都道府県の金額を相加平均している。

最低賃金の全国平均は815円。最低賃金が最も高いのは東京都で985円(偏差値79.8)。2位は神奈川県で983円。3位以下は大阪府(936円)、愛知県(898円)、埼玉県(898円)の順。一方、最も最低賃金が低いのは鹿児島県で761円(偏差値40.5)。これに青森県(762円)、秋田県(762円)、岩手県(762円)、高知県(762円)と続いている。

相関ランキングでは家賃サラリーマン年収人口と正の相関が高く、農業就業人口と負の相関が高い。

人口が多くサラリーマン年収や家賃が高い都市部で最低賃金が高く、農業就業者が多い地方で最低賃金が低い。都市と地方を分ける典型的な指標と言えるだろう。
データ出典 厚生労働省

最低賃金ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県最低賃金偏差値
並替  降順  昇順降順  昇順
1東京都985円79.84
2神奈川県983円79.49
3大阪府936円71.23
4愛知県898円64.55
4埼玉県898円64.55
6千葉県895円64.02
7京都府882円61.74
8兵庫県871円59.81
9静岡県858円57.52
10三重県846円55.41
11広島県844円55.06
12滋賀県839円54.18
13北海道835円53.48
14栃木県826円51.90
15岐阜県825円51.72
16茨城県822円51.19
17富山県821円51.02
17長野県821円51.02
19福岡県814円49.79
20奈良県811円49.26
21山梨県810円49.08
22群馬県809円48.91
23岡山県807円48.56
24石川県806円48.38
25福井県803円47.85
25和歌山県803円47.85
25新潟県803円47.85
28山口県802円47.68
29宮城県798円46.97
30香川県792円45.92
31福島県772円42.41
32徳島県766円41.35
33愛媛県764円41.00
33島根県764円41.00
35山形県763円40.82
36大分県762円40.65
36長崎県762円40.65
36沖縄県762円40.65
36熊本県762円40.65
36宮崎県762円40.65
36鳥取県762円40.65
36佐賀県762円40.65
36高知県762円40.65
36岩手県762円40.65
36秋田県762円40.65
36青森県762円40.65
47鹿児島県761円40.47
全国815円

この記事を見た人はこちらも見ています

最低賃金の分布 (変動係数 0.0698)

分布図

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、5分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
7743 2017/08/28
都市と地方を分ける典型的な指標と言えるだろう。
7743 2014/09/19
東名阪周辺とそれ以外の格差はまだ大きいな

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

社会 記事一覧

2019-8-1 | 社会