都道府県別統計を比較した都道府県ランキング。1449 ランキング掲載中

都道府県別自由民主党得票率標準偏差(直近10年)

公開日:2019-9-11 | 最終更新日:2022-10-17
カテゴリ: 政治
都道府県別自由民主党得票率標準偏差(直近10年) - とどラン 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
総務省選挙関連資料から直近10年間の自由民主党得票率の標準偏差ランキング。ここでは直近10年間の選挙における自民党の比例代表得票率の標準偏差を比較している。標準偏差が高いところは得票率の変動が大きく、標準偏差が低いところは得票率の変動が低い。得票率の変動が低いということは、高い支持率で安定しているケースや、逆に低い支持率で安定しているケースがあるので注意願いたい。

選挙区は支持する政党とは別に候補者の個人的な好みも反映される可能性があるので除外している。また、支持率計算の分母となる投票数には無効票は含まれていない。

直近10年間の選挙は以下の通り
2013年参議院 自民党が大勝し、衆参のねじれが解消
2014年衆議院 与党が衆議院で議席数の3分の2を維持
2016年参議院 参議院で改憲勢力が3分の2を占める
2017年衆議院 自民・公明が3分の2を占める
2019年参議院 参議院で改憲勢力が3分の2割れ
2021年衆議院 自民が絶対安定多数を確保、維新が躍進
2022年参議院 改憲勢力が衆参で3分の2を獲得

10年間の自由民主党得票率標準偏差の全国平均は0.94%。この10年間は安倍政権以来の自民党一強下の選挙が続いており、変動が少なくなっている。

標準偏差が最も高いのは福島県で3.84%(偏差値69.5)。2位は山形県で3.67%。3位以下は石川県(3.53%)、和歌山県(3.53%)、秋田県(3.48%)の順。福島県や山形県は民主党や旧民主党系と自民党の間で票の取り合いがあり、和歌山県は日本維新の会と自民党の間で得票率が揺れ動いている。

一方、最も標準偏差が低いのは神奈川県で0.57%(偏差値28.9)。これに埼玉県(0.76%)、東京都(1.21%)、滋賀県(1.23%)、茨城県(1.23%)と続いている。自由民主党得票率(直近10年平均)を見ると関東周辺は自民党の得票率が低位で安定している。

地図の青いところは良くも悪くも自民党の得票率が安定しているところであり、赤いところは選挙ごとの変動が激しい。つまり自民党が得票を伸ばすには狙い目の選挙区と言えそうだ。
データ出典  総務省選挙関連資料 2022

都道府県別自由民主党得票率標準偏差(直近10年)

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県標準偏差偏差値
並替  降順  昇順降順  昇順
1福島県3.84%69.48
2山形県3.67%67.37
3石川県3.53%65.63
3和歌山県3.53%65.63
5秋田県3.48%65.01
6長野県3.36%63.52
7長崎県3.31%62.90
8鹿児島県3.30%62.77
9熊本県3.11%60.41
10新潟県3.04%59.54
11広島県2.95%58.42
12高知県2.87%57.43
13岩手県2.81%56.68
14大分県2.77%56.19
15愛媛県2.73%55.69
16島根県2.70%55.32
17佐賀県2.65%54.70
18大阪府2.55%53.45
19栃木県2.42%51.84
20静岡県2.41%51.72
21群馬県2.38%51.34
22宮城県2.33%50.72
23香川県2.28%50.10
24鳥取県2.23%49.48
25山梨県2.22%49.36
26青森県2.20%49.11
27岐阜県2.11%47.99
28北海道2.07%47.49
29京都府1.89%45.26
30宮崎県1.87%45.01
31兵庫県1.82%44.39
32徳島県1.81%44.26
33岡山県1.78%43.89
34奈良県1.74%43.39
35沖縄県1.72%43.14
36三重県1.69%42.77
37山口県1.67%42.52
38福岡県1.53%40.78
39福井県1.51%40.53
40富山県1.31%38.05
41千葉県1.30%37.93
42愛知県1.29%37.80
43茨城県1.23%37.06
43滋賀県1.23%37.06
45東京都1.21%36.81
46埼玉県0.76%31.22
47神奈川県0.57%28.86
全国0.94%

他との相関 相関とは?

政治に関するその他の記事

標準偏差の分布 (変動係数 0.3543)

分布図

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、5分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
2022-10-17 | 政治