都道府県別統計とランキングで見る県民性

傘購入量 [ 2018年第一位 鹿児島県 ]

| 家計・支出
傘購入量 [ 2018年第一位 鹿児島県 ]の都道府県別ランキング
総務省の家計調査から傘購入量のランキング。家計調査は全国から10000世帯を抽出して調査しており、この中から単身世帯を除いた二人以上の世帯の購入量を比較している。
家計調査には県庁所在地と政令指定都市の数値が掲載されており、複数の調査都市がある県はそれぞれの値を人口比で按分した数値を、それ以外の県は県庁所在地の数値を県の購入量としている。また、年による変動が考えられるので2014年~2018年の平均値をとっている。

傘購入量の全国平均は年間0.793本。購入量が最も多いのは鹿児島県で1.068本(偏差値71.0)。鹿児島県は桜島の降灰があり、灰まじりの汚れた雨粒で濡れるのを避けるために傘が必需品となっているようだ。

2位は石川県で1.047本。3位以下は福岡県(1.007本)、東京都(0.963本)、神奈川県(0.962本)の順。一方、最も購入量が少ないのは青森県で0.425本(偏差値23.6)。これに北海道(0.562本)、群馬県(0.574本)、山梨県(0.583本)、福島県(0.598本)と続いている。

分布地図を見ると地方や北日本で購入量が少ない。車社会の地方はどこに移動するのもドアトゥードアで傘を差して歩く機会が少ないためと思われる。雪が多いところは傘を差さなくてもフードなどで対応できるからか。

相関ランキングでは年間雨日数と正の相関があり、年間雪日数と負の相関があることから、雪が少なく雨が多いところで傘の購入量が多い。

農業就業人口と負の相関があり農業就業者が少ない都市部で傘の購入量が多い。
データ出典 家計調査

傘購入量ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
購入量偏差値
並替      
1鹿児島1.068本71.00
2石川1.047本69.45
3福岡1.007本66.50
4東京0.963本63.25
5神奈川0.962本63.18
6長崎0.957本62.81
7富山0.919本60.01
8山口0.898本58.46
8島根0.898本58.46
10千葉0.888本57.72
11熊本0.884本57.43
12埼玉0.881本57.21
13愛知0.879本57.06
14大阪0.864本55.95
15滋賀0.856本55.36
16奈良0.850本54.92
17鳥取0.849本54.85
18三重0.846本54.63
19大分0.830本53.45
19高知0.830本53.45
21広島0.828本53.30
22宮崎0.817本52.49
23静岡0.799本51.16
24新潟0.783本49.98
25岐阜0.778本49.61
26兵庫0.774本49.32
27栃木0.757本48.06
28茨城0.756本47.99
29京都0.737本46.59
30沖縄0.732本46.22
31徳島0.724本45.63
32岡山0.719本45.26
33長野0.713本44.82
34愛媛0.708本44.45
35福井0.700本43.86
36宮城0.691本43.19
37和歌山0.677本42.16
38香川0.671本41.72
39山形0.667本41.42
40岩手0.645本39.80
41秋田0.612本37.37
42佐賀0.608本37.07
43福島0.598本36.34
44山梨0.583本35.23
45群馬0.574本34.57
46北海道0.562本33.68
47青森0.425本23.58
全国0.793本

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
  2. ピアノ普及率の都道府県別ランキング画像
  3. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
  4. 在日韓国・朝鮮人の都道府県別ランキング画像
  5. うどん・そば消費量の都道府県別ランキング画像

新着ランキング

都道府県別ランキング

タイプ別ランキング

(全1369ランキングをタイプ別にまとめました)

この記事を見た人はこちらも見ています