都道府県別統計とランキングで見る県民性

合計特殊出生率 [ 2016年第一位 沖縄県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
合計特殊出生率 [ 2016年第一位 沖縄県 ]の都道府県別ランキング
厚生労働省の人口動態調査から合計特殊出生率のランキング。合計特殊出生率とは一人の女性が一生に産む子供の平均数のことで、理論上、2以上なら人口が増え、2未満なら人口が増えることになる。
合計特殊出生率の推移は以下の通り



乳児死亡率が下がるのに合わせて出生率も下がっており、子どもが死ななくなったので、子どもをたくさん産まなくなったと思われる。

合計特殊出生率の全国平均は1.44。出生率が最も高いのは沖縄県で1.95(偏差値82.7)。沖縄県は偏差値も82と高く、突出している。2位は島根県で1.75。3位以下は長崎県(1.71)、宮崎県(1.71)、鹿児島県(1.68)と西日本が上位を占めている。一方、最も出生率が低いのは東京都で1.24(偏差値28.7)。これに北海道(1.29)、宮城県(1.34)、京都府(1.34)、千葉県(1.35)と続いている。

分布地図を見ると都市で低く地方で高い傾向と、西日本で高く東日本で低い傾向のふたつの傾向がある。

相関ランキングでは兄弟姉妹数小学校児童数と正の相関があり、合計特殊出生率が高いところは兄弟姉妹が多く、小学生が多い。

また、出産年齢と負の相関が高く、デキ婚率と正の相関が高いことから、デキ婚が多く子供を早く産む地域ほど合計特殊出生率が高い。

東西対立型の分布であるウイスキー消費量と負の相関が高いことから、合計特殊出生率には西高東低の傾向があることも分かる。
データ出典 人口動態調査

合計特殊出生率ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
出生率偏差値
並替      
1沖縄1.9582.71
2島根1.7567.50
3宮崎1.7164.45
3長崎1.7164.45
5鹿児島1.6862.17
6熊本1.6660.65
7福井1.6559.89
7大分1.6559.89
9香川1.6459.13
10佐賀1.6358.37
11鳥取1.6056.09
12福島1.5955.32
12長野1.5955.32
14山口1.5854.56
15広島1.5753.80
16岡山1.5653.04
16滋賀1.5653.04
16愛知1.5653.04
19静岡1.5552.28
20愛媛1.5451.52
20岐阜1.5451.52
22石川1.5350.76
23山梨1.5149.24
23三重1.5149.24
23徳島1.5149.24
26福岡1.5048.48
26和歌山1.5048.48
26富山1.5048.48
29兵庫1.4947.72
30群馬1.4846.96
30青森1.4846.96
32茨城1.4746.20
32山形1.4746.20
32高知1.4746.20
35栃木1.4645.44
36岩手1.4544.68
37新潟1.4343.15
38秋田1.3940.11
39埼玉1.3738.59
39大阪1.3738.59
41神奈川1.3637.83
41奈良1.3637.83
43千葉1.3537.07
44宮城1.3436.31
44京都1.3436.31
46北海道1.2932.50
47東京1.2428.70
全国1.44

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
    1位 全国学力テスト正答率【石川県】
  2. 100歳以上高齢者数の都道府県別ランキング画像
    2位 100歳以上高齢者数【島根県】
  3. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
    3位 コンビニ勢力図
  4. コンビニ店舗数の都道府県別ランキング画像
    4位 コンビニ店舗数【北海道】
  5. 全国学力テスト小学生正答率の都道府県別ランキング画像
    5位 全国学力テスト小学生正答率【石川県】

新着ランキング

都道府県別ランキング

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

タイプ別ランキング

(全1252ランキングをタイプ別にまとめました)

この記事を見た人はこちらも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加