中学男子部活動部員数 [ 2017年第一位 福島県 ]

 

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

おすすめの本

とどランが本になりました!
様々な角度から県民性を分析した、地域マーケティングに役立つ一冊です。
47都道府県ランキング
47都道府県の偏差値
第2巻 消費・活動編
第1巻 総合編
都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1263 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学男子部活動部員数 [ 2017年第一位 福島県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
中学男子部活動部員数 [ 2017年第一位 福島県 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
日本中学校体育連盟の部活動調査集計から部活動参加率ランキング。ここでは集計されている28競技の部員数を合計して部活動参加者としている。ほとんどの競技が網羅されており、これ以外の部員数は少ないと思われる。なお、文化部は含まれていない。

28競技の内訳
陸上競技、水泳競技、バスケットボール、サッカー、ハンドボール、軟式野球、体操競技、新体操、バレーボール、ソフトテニス、卓球、バドミントン、ソフトボール、柔道、剣道、相撲、スキー、スケート、アイスホッケー、テニス、ホッケー、なぎなた、レスリング、弓道、ラグビー、空手、フィギュア、アーチェリー


全国の中学男子部活動部員数は126万9539人で、男子中学生100人あたり74.50人。部員数が最も多いのは福島県で男子中学生100人あたり95.37人(偏差値74.5)。ほぼ全生徒が何らかの運動部に所属している計算になる。2位は鳥取県で91.25人。3位以下は岩手県(89.96人)、宮城県(85.62人)、山形県(85.05人)の順。

一方、最も部員数が少ないのは福岡県で男子中学生100人あたり62.43人(偏差値28.4)。これに大阪府(63.21人)、東京都(65.14人)、沖縄県(67.49人)、長野県(67.99人)と続いていて都市部では部活動参加率が低い。都市部では部活以外のスポーツクラブに参加している可能性も考えられる。都市部以外に北海道と沖縄県も参加率が低く、なんらかの社会的な要因がありそうだ。

分布を見ると北関東から東北地方にかけて参加率が高く、西日本で全般的に低い。

相関ランキングを見ると三世代世帯人数と正の相関があり、核家族率と負の相関があることから、核家族が少なく大家族が多い地方で部活動の参加率が高い。

共働き率持ち家住宅延べ床面積農業就業人口とも正の相関があり、広い家に大家族が住み、共働きが多い農村部で部活の参加率が高い。部活のように体を鍛えることを重視する生活スタイルが農村社会に強く残っているようだ。

また、中学生部活動参加率:女子との相関も高く、部活の参加率に男女の間で大きな違いはないようだ。

生活面では中学生朝食摂取率と正の相関があり、部活動の参加率が高いところは朝食を食べる中学生が多い。しっかり食べないと体が動かないためだろうか。

参考:部員数から見る人気部活ランキング(男子)
種目部員数
サッカー212,239
軟式野球174,343
バスケットボール162,584
ソフトテニス161,643
卓球155,004
陸上126,465
バレーボール56,692
剣道52,634
バドミントン49,469
水泳32,210
テニス23,866
柔道23,718
ハンドボール17,483
ラグビー6,043
弓道5,721
空手1,668
体操競技1,650
ソフトボール1,593
スキー1,269
相撲952
ホッケー814
アーチェリー425
アイスホッケー420
新体操265
スケート150
レスリング133
なぎなた65
フィギュア21
合計1,269,539


追記 下記のコメントをいただきました
ttt 2012/02/13
私が通っていた福島県のある中学校では、学校の方針によって原則的に全員が部活動に参加するよう指導されていました。
周辺の学校も似たような感じだと思います。
データ出典 日本中学校体育連盟
こちらは男子中学生100人あたりの部員数の順位です。総部員数の順位は中学男子部活動部員数【総数順】参照

中学男子部活動部員数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県部員数偏差値
 総 数 男子中学生100人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1福島県24,995人95.37人74.50
2鳥取県7,196人91.25人68.74
3岩手県15,138人89.96人66.94
4宮城県26,831人85.62人60.85
5山形県12,814人85.05人60.06
6群馬県23,659人84.91人59.87
7青森県14,581人83.90人58.46
8栃木県23,066人83.61人58.05
9秋田県10,101人83.32人57.64
10新潟県24,293人83.25人57.54
11愛媛県15,081人83.14人57.38
12富山県12,067人82.63人56.68
13石川県13,221人82.53人56.53
14山口県14,851人82.11人55.95
15岐阜県24,299人82.07人55.88
16三重県21,036人81.83人55.55
17山梨県9,585人81.78人55.49
18香川県11,339人81.36人54.90
19佐賀県9,916人81.07人54.48
20島根県7,458人80.18人53.25
21埼玉県78,276人79.93人52.89
22広島県31,248人79.90人52.85
23福井県8,901人79.63人52.47
24長崎県15,119人79.36人52.10
25静岡県41,169人78.46人50.84
26京都府26,809人78.23人50.52
27愛知県83,885人77.88人50.03
28大分県11,861人77.14人48.99
29徳島県7,569人76.91人48.67
30滋賀県16,483人76.35人47.89
31茨城県30,323人75.09人46.12
32兵庫県56,985人74.53人45.33
33千葉県61,231人74.02人44.62
34高知県6,710人74.00人44.59
35宮崎県11,507人73.07人43.30
36和歌山県9,431人72.83人42.96
37熊本県18,461人72.79人42.90
38鹿児島県17,146人72.38人42.32
39奈良県13,851人70.03人39.03
40北海道46,055人69.17人37.84
41神奈川県80,224人68.35人36.68
42岡山県18,369人68.30人36.61
43長野県20,317人67.99人36.17
44沖縄県16,932人67.49人35.48
45東京都100,585人65.14人32.20
46大阪府75,096人63.21人29.49
47福岡県43,469人62.43人28.39
全国1,269,539人74.50人
単位人口:男子中学生100人あたり (2017)

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
Mr.Peki-chan 2015/01/14
女子にもコメントしたとおり岩手県は県教委のお達しで県内全中学校が全生徒に部活加入を強いていて残りのパーセンテージは文化部に入っているんですが、運動部しか無い学校や文化部が有っても男子は全員運動部に入ってる学校も多いようです。やりたくてやっている子ばかりではありません。学校の部活と表裏一体に中学生スポ少が組織されている学区もあり無休日・長時間練習の温床に他なりません。形式上別組織でも世間的には「学校の部活」そのものです。
ttt 2012/02/13
私が通っていた福島県のある中学校では、学校の方針によって
原則的に全員が部活動に参加するよう指導されていました。
周辺の学校も似たような感じだと思います。

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

部活動 記事一覧

2018-7-19 | 部活動