高校男子水泳部員数 [ 2017年第一位 東京都 ]

 

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

おすすめの本

とどランが本になりました!
様々な角度から県民性を分析した、地域マーケティングに役立つ一冊です。
47都道府県ランキング
47都道府県の偏差値
第2巻 消費・活動編
第1巻 総合編
都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1268 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校男子水泳部員数 [ 2017年第一位 東京都 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校男子水泳部員数 [ 2017年第一位 東京都 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
全国高等学校体育連盟の統計情報から高校男子水泳部員数のランキング。ここでは競泳部、飛込部、水球部の合計部員数を比較している。都道府県によって3つの部が別々に計上されていたり、水泳部に合算されていたりと基準が分かれているためだ。

全国の高校男子水泳部員数は23,780人で、男子高校生100人あたり1.44人。部員数が最も多いのは東京都で男子高校生100人あたり2.39人(偏差値75.5)。2位は愛知県で2.36人。3位以下は兵庫県(2.22人)、大阪府(1.91人)、静岡県(1.87人)の順。一方、最も部員数が少ないのは北海道で男子高校生100人あたり0.37人(偏差値33.2)。これに徳島県(0.43人)、岡山県(0.48人)、福井県(0.49人)、青森県(0.59人)と続いている。

分布地図を見ると太平洋岸で部員が多い。

相関ランキングでは人口と正の相関があり、人口が多いところで水泳部員が多い。

公立高校プール設置率とは弱いながらも正の相関があり、プール設置率が高いところで部員数が多い。小中高のプール設置率との相関を比べると

0.6099 公立中学校プール設置率
0.4992 公立小学校プール設置率
0.4728 公立高校プール設置率

と中学校のプール設置率との相関が一番高くなっている。

参考:部員数から見る人気部活ランキング(高校男子)
種目部員数
サッカー165,977
硬式野球161,573
バスケットボール94,433
陸上競技68,681
テニス64,905
バドミントン61,177
卓球51,764
ソフトテニス49,115
バレーボール46,712
弓道33,364
ハンドボール28,215
剣道27,190
水泳(競泳・飛込・水球)23,780
ラグビーフットボール22,434
柔道15,861
軟式野球9,303
登山9,118
空手道5,442
ソフトボール5,028
アーチェリー3,118
ボート3,074
体操・新体操2,770
レスリング2,290
ボクシング2,148
ホッケー2,103
自転車競技2,017
ウエイトリフティング1,777
少林寺拳法1,595
スキー1,541
フェンシング1,518
カヌー1,203
ヨット1,009
相撲935
スケート905
合計1,050,291
こちらは男子高校生100人あたりの部員数の順位です。総部員数の順位は高校男子水泳部員数【総数順】参照

高校男子水泳部員数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県部員数偏差値
 総 数 男子高校生100人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1東京都3,711人2.39人75.51
2愛知県2,368人2.36人74.91
3兵庫県1,572人2.22人71.94
4大阪府2,232人1.91人65.63
5静岡県954人1.87人64.59
6熊本県423人1.74人61.86
7鹿児島県382人1.66人60.36
8滋賀県337人1.65人60.02
9神奈川県1,689人1.62人59.39
10奈良県276人1.49人56.75
11岐阜県402人1.42人55.17
12鳥取県104人1.35人53.66
13千葉県1,018人1.31人53.02
14栃木県347人1.26人51.91
15福岡県822人1.25人51.62
16岩手県218人1.25人51.60
17高知県124人1.24人51.55
18宮城県383人1.24人51.54
19愛媛県217人1.24人51.46
20宮崎県196人1.23人51.26
21埼玉県1,131人1.23人51.23
22京都府430人1.22人50.95
23三重県298人1.20人50.68
24福島県316人1.19人50.38
25秋田県147人1.17人49.97
26長崎県228人1.16人49.78
27山口県196人1.14人49.34
28山形県176人1.13人49.23
29群馬県286人1.07人47.80
30香川県131人0.99人46.15
31広島県356人0.97人45.71
32和歌山県133人0.96人45.50
33長野県279人0.94人45.10
34茨城県338人0.85人43.17
35佐賀県102人0.78人41.87
36石川県127人0.77人41.55
37新潟県229人0.76人41.48
38島根県74人0.76人41.29
39大分県120人0.75人41.17
40沖縄県157人0.67人39.42
41富山県94人0.65人39.09
42山梨県84人0.63人38.66
43青森県107人0.59人37.77
44福井県55人0.49人35.61
45岡山県133人0.48人35.60
46徳島県42人0.43人34.55
47北海道236人0.37人33.22
全国23,780人1.44人
単位人口:男子高校生100人あたり (2017)

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

部活動 記事一覧

2018-10-4 | 部活動