中学男子軟式野球部員数 [ 2008年第一位 秋田県 ]

 

中学男子軟式野球部員数 [ 2008年第一位 秋田県 ]

こちらは中学生男子100人あたりの部員数の順位です。総部員数の順位は中学男子軟式野球部員数【総数順】参照
中学男子軟式野球部員数 [ 2008年第一位 秋田県 ] 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

スポンサードリンク

男子中学生の部活で部員数が最も多いのが軟式野球。全国で29万の部員がおり、男子中学生の16%が軟式野球部に所属してる。
画像

2002年以降の野球部参加率を見ると、16%前後で横ばいになっている。

部活率が高かった東北諸県が上位に入っている。秋田では加入率27%で、男子中学生の4人に1人が野球部に入っている計算になる。この他にも山陰、九州など日本の両端で部員率が高い。

一方、東海から首都圏、大阪は部員が少なく、日本の真ん中では部員率が低く、同心円上に部員率が高くなっていくようだ。

相関ランキングを見ると夏の甲子園予選出場校数と正の相関が高い。夏の甲子園予選出場校数は出場校数を高校生の数で割ったもので、多い地域は学生数に比べて多くの学校が甲子園の予選に出場していることになる。中学野球熱が高いところほど、多くの高校が甲子園の予選に出場していることを意味しており、中学野球部参加率が高い地域は野球熱が高いと言えそうだ。

参考:部員数から見る人気部活ランキング(男子)
部活部員割合
軟式野球29075516.00%
サッカー22140712.18%
バスケットボール1743649.59%
ソフトテニス1675329.22%
卓球1441657.93%
陸上1245136.85%
剣道608643.35%
バレーボール505972.78%
バドミントン360981.99%
柔道314081.73%
水泳292171.61%
テニス227041.25%
ハンドボール190851.05%
ラグビー67750.37%
弓道53180.29%
ソフトボール27740.15%
体操競技17930.10%
スキー16110.09%
相撲13500.07%
空手11160.06%
データ出典 日本中学校体育連盟

スポンサードリンク

data-ad-region="tdfk2">

中学男子軟式野球部員数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県部員数偏差値
 総 数 中学生男子100人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1秋田県3,898人24.32人75.35
2岩手県4,692人22.74人69.62
3山口県4,468人21.57人65.37
4青森県4,742人21.54人65.27
5島根県2,263人21.05人63.46
6福島県6,830人20.66人62.07
7沖縄県5,400人20.47人61.36
8大分県3,528人19.79人58.89
9熊本県5,634人19.68人58.48
10三重県5,367人19.21人56.80
11新潟県6,757人19.03人56.14
12宮城県6,424人18.90人55.65
13山形県3,383人18.69人54.90
14広島県7,865人18.64人54.73
15鹿児島県5,153人18.61人54.62
16鳥取県1,625人18.51人54.24
17佐賀県2,664人18.25人53.30
18滋賀県3,903人18.25人53.29
19宮崎県3,338人18.05人52.60
20石川県3,064人17.74人51.46
21岡山県5,071人17.56人50.80
22岐阜県5,597人17.54人50.72
23愛媛県3,635人17.31人49.89
24富山県2,661人17.16人49.34
25奈良県3,695人17.10人49.13
26兵庫県13,900人17.06人48.97
27福井県2,204人17.03人48.88
28北海道13,049人17.01人48.81
29茨城県7,688人16.97人48.65
30福岡県12,210人16.71人47.73
31香川県2,372人16.70人47.69
32和歌山県2,577人16.39人46.54
33高知県1,834人16.31人46.26
34長崎県3,782人16.09人45.48
35京都府5,727人16.05人45.31
36栃木県4,745人15.90人44.77
37群馬県4,755人15.70人44.04
38徳島県1,774人15.58人43.61
39愛知県16,234人14.93人41.24
40長野県4,926人14.82人40.83
41静岡県7,790人14.00人37.89
42埼玉県13,924人13.69人36.74
43千葉県10,948人13.14人34.76
44山梨県1,789人12.84人33.67
45神奈川県15,023人12.81人33.54
46大阪府14,479人11.64人29.31
47東京都17,368人11.23人27.81
全国290,755人15.84人
単位人口:中学生男子100人あたり (2008)

関連記事

100あたり部員数の分布 (変動係数 0.1588)

分布図

コメント

お名前  

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
odomon 2009/08/26
ご指摘ありがとうございます。

野球部員数は日本中学校体育連盟のデータをもとにしています。中体連のデータでは「軟式野球部」になっているので、準硬式や学外のチームは入っていません。

公式野球チームを調べてみたところ、いくつかリーグがありました。
試しにいくつか調べてみたところ

北海道 35チーム
東京 104チーム
大阪 42チーム
広島 14チーム
大分 4チーム

となっていました。

各チーム50人ぐらいの選手がいると仮定すると、大阪で10%、東京で30%ほど部員数が増えることになりそうです。

正確な部員数が分からないので、とりあえずこのままにしておきたいと思います。
硬式 2009/08/26
全国で30万5千人という中学野球部員の中に学校外の硬式野球チーム(シニア、ボーイズ、ポニーなど)や中学校の準硬式野球部は含まれていますか?
首都圏、東海、特に関西は学校外の中学硬式野球チームが盛んです。
このチームに属す選手は、中学校では野球部には入らず陸上部やサッカー部などに所属する場合が多いです(もちろん帰宅部もいます。例えば西武の中島選手)。
また関西では中学校の準硬式野球部が100チームあるといわれています。
もしも、30万5千人が中学校の軟式野球部だけを差しているのであれば、
中学硬式野球チームの少ない地方の田舎(高校野球の弱い地域とも重なる)ほど野球部率が高くなるのではと思います。

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

部活動 記事一覧

2010-10-19 | 部活動

スポンサードリンク

>

スポンサードリンク

  • 検索から探す(googleサイト内検索)
  • 都道府県から探す

    各都道府県ごとに1位から47位まで順位別に全記事を表示。各都道府県の素顔が分かります。

タイプ別分類

コメント

facebook

twitter

中の人のメインアカウント サイト以外の話題多し
サイト更新情報アカウント

google+

ブログパーツ

各都道府県のランキングを表示するブログパーツです。詳しくは解説ページをご覧ください。

ケータイサイト
モバイル版

都道府県別統計

各都道府県ごとに1位から47位まで順位別に全記事を表示。各都道府県の素顔が分かります。

おすすめの本

とどランが本になりました!

とどランのエッセンスを凝縮。日本や社会の未来を考える人の座右におすすめの一冊です。
  • 第一章
    厳選100項目と各項目の相関を掲載
  • 第二章
    ランキングを東西対立型・都市地方対立型に分類
  • 第三章
    47都道府県のランキング
都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1035 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事