都道府県別統計とランキングで見る県民性

うつ病患者数 [ 2008年第一位 北海道 ]

2012-9-21 | 健康・病気
このエントリーをはてなブックマークに追加
うつ病患者数 [ 2008年第一位 北海道 ]
こちらは人口1万人あたりの患者数の順位です。総患者数の順位はうつ病患者数【総数順】参照

うつ病患者数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
患者数偏差値
 総 数 人口1万人
あたり
並替        
1北海道77,000人138.20人75.90
2鳥取8,000人132.80人73.42
3島根9,000人122.76人68.81
4京都31,000人121.16人68.08
5群馬24,000人119.28人67.21
6秋田12,000人106.12人61.17
7岩手14,000人102.44人59.48
8長野22,000人101.07人58.85
9新潟24,000人99.46人58.11
10兵庫54,000人96.74人56.86
11石川11,000人94.25人55.72
12熊本17,000人92.16人54.76
13山形11,000人92.12人54.74
14福島19,000人91.54人54.47
15高知7,000人89.28人53.44
16山口13,000人87.85人52.78
17茨城26,000人87.19人52.48
18徳島7,000人86.85人52.32
19三重16,000人86.19人52.02
20愛知61,000人84.89人51.42
21埼玉59,000人83.48人50.77
22東京104,000人83.45人50.76
23愛媛12,000人81.55人49.89
24福岡41,000人81.50人49.86
25千葉49,000人80.45人49.38
26広島23,000人80.30人49.31
27宮崎9,000人77.52人48.03
28奈良11,000人77.49人48.02
29和歌山8,000人76.48人47.56
30岐阜16,000人76.35人47.50
31佐賀6,000人69.39人44.30
32山梨6,000人68.85人44.05
33宮城16,000人68.53人43.91
34大分8,000人65.82人42.66
35沖縄9,000人64.69人42.15
36青森9,000人62.91人41.33
37福井5,000人61.32人40.60
38神奈川53,000人60.24人40.10
39栃木12,000人59.80人39.90
40香川6,000人58.86人39.47
41静岡22,000人58.27人39.20
42滋賀8,000人58.06人39.10
43鹿児島10,000人57.50人38.84
44長崎8,000人54.45人37.44
45富山6,000人54.23人37.34
46大阪43,000人49.59人35.21
47岡山8,000人41.06人31.29
全国1,041,000人81.93人
単位人口:人口1万人あたり (2008)
厚生労働省の患者調査から、うつ病患者数ランキング。
患者調査とは全国から抽出された医療機関で特定の1日に受診した患者について調べたもので、ここでは「気分(感情)障害(躁うつ病を含む)」に分類された総患者数を比較している。都道府県は患者の住所地。総患者数とは、特定の1日に入院していた人、受診した人、その日は受診しなかったが通院治療を受けていた人数の合計を推計したものだ。つまり10月15日に調査した場合、9月から11月まで治療を受けていた人は総患者数に含まれるが、1月から3月にかけて治療を受けていた人は総患者数に含まれない。このため正確な患者数ではない可能性があるが、都道府県の傾向を見るには十分だろう。

全国のうつ病患者数は104万人で、人口1万人あたりうつ病患者数は81.93人。人口1万人あたりうつ病患者数が最も多いのは北海道で138.20人。以下、鳥取県、島根県、京都府、群馬県と続いている。一方、最も少ないのは岡山県で41.06人。

分布図を見ると、患者が多いところと少ないところがモザイク状に入り組んでおり、地域的傾向を見いだしにくい。相関ランキングでも高い相関を示しているランキングがなく、こちらからも地域性を見いだせない。

精神科医師数精神病床数との相関もなく、精神医療環境の充実度とも無関係と言えそうだ。

追記

コメント欄に下記の指摘をいただいた。
やすみ 2012/09/30
雪と関係ありそう

元道産子 2012/10/09
冬季うつっていう言葉があるくらいですし


雪や気温との相関係数は、年間平均気温が-0.3817と弱い負の相関、年間雪日数が0.4116と弱い正の相関となっていて、平均気温が低く、雪が多い地域にうつ病患者が多い傾向がある。高齢うつ病患者数はこれよりも相関が強く、うつ病と気候には相関があると言えそうだ。

wikipedia:季節性情動障害
ある季節にのみ、体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込みなど、うつ病に似た症状が出る、脳機能障害の一種である。

10〜11月ごろに憂うつな気分が始まり、2〜3月ごろに治まるというサイクルを繰り返す冬型のSADがもっとも一般的で、別名「冬季うつ病」とも呼ばれる。 倦怠感、気力の低下、過眠、過食(体重増加、炭水化物や甘い物を欲する傾向が強まる)などの症状が見られるのが特徴。患者の大部分は、冬以外の季節では健康な状態であることが多い。

冬型の季節性情動障害は、冬季を中心に発症し、高緯度地域における発症率が高いことから、日照時間が短くなることに原因があると考えられている。メカニズムはまだ良く分かっていないところもあるが、次のような説がある。

・体内時計をつかさどるメラトニンが、日照時間が短くなることで分泌のタイミングが遅れたり、分泌が過剰となるために体内時計が狂ってしまう。
・光の刺激が減ることで神経伝達物質の セロトニンが減り、脳の活動が低下してしまう。/blockquote>
データ出典 患者調査
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た人はこちらも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

  1. 1位 全国学力テスト正答率【石川県】
  2. 2位 コンビニ勢力図
  3. 3位 在日韓国・朝鮮人【大阪府】
  4. 4位 全国学力テスト小学生正答率【石川県】
  5. 5位 マクドナルド店舗数【京都府】
  6. 6位 東大合格者数【東京都】
  7. 7位 ファミレス勢力図
  8. 8位 自動車保有台数【群馬県】
  9. 9位 スターバックスコーヒー店舗数【東京都】
  10. 10位 大学進学率【東京都】

新着記事

おすすめランキング

都道府県ベスト&ワースト 各都道府県が1位か47位のランキングを掲載。
全国軒数ランキング コンビニ、寺院、スタバなどの軒数を総数順に掲載。
全国人数ランキング 医師数、鈴木さん人数、釣り人口などを総数順に掲載。

都道府県ごとのランキング

サイト内検索(google)

Facebook コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加