熱中症死亡者数 [ 2014年第一位 高知県 ]

 

熱中症死亡者数 [ 2014年第一位 高知県 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
熱中症死亡者数 [ 2014年第一位 高知県 ]の都道府県別ランキング 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
厚生労働省の人口動態統計より熱中症死亡者数。同統計に上げられている死因のうち、「X30 自然の過度の高温への曝露」が理由で死亡した人数を比較している。年による誤差も考えられるので2012年〜2014年の平均値を使っている。搬送者数については熱中症救急搬送者数参照。

1年間の熱中症死亡者数は774.7人で、人口100万人あたり6.10人。熱中症で亡くなる人が最も多いのは高知県で10.84人。2位は富山県で10.28人。3位以下は大阪府、香川県、鹿児島県と続いている。

一方、熱中症死亡者数が最も少ないのは北海道で1.85人。これに福岡県、山口県、奈良県、神奈川県と続いており、暖かい地方でも死亡者が少ないところがある。

分布地図を見ると日本海側や東北で死亡者数が多いという傾向はあるものの、死亡者数が多いところと少ないところが散在しており、気候的な影響よりもエアコンを積極的に利用するかどうかのような社会的な要因が大きそうだ。

相関ランキングでは年間猛暑日数年間真夏日数との相関がない。また、厚労省の資料によると、全死亡者数の多くを65歳以上が占めているが、高齢者数との相関はなく、高齢者が多い地域で死亡者が多いというわけでもないようだ。
データ出典 人口動態統計
こちらは人口100万人あたりの死亡者数の順位です。総死亡者数の順位は熱中症死亡者数【総数順】参照

熱中症死亡者数ランキング

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県死亡者数偏差値
 総 数 人口100万人
あたり
並替  降順  昇順降順  昇順降順  昇順
1高知県8.0人10.840人71.00
2富山県11.0人10.280人68.33
3大阪府88.7人10.038人67.18
4香川県9.7人9.888人66.47
5鹿児島県15.7人9.412人64.20
6徳島県6.7人8.770人61.15
7佐賀県7.3人8.743人61.02
8鳥取県5.0人8.711人60.87
9島根県6.0人8.608人60.38
10沖縄県11.7人8.234人58.60
11兵庫県45.3人8.175人58.32
12新潟県18.7人8.085人57.89
13東京都108.0人8.066人57.80
14福島県15.0人7.752人56.31
15栃木県15.3人7.727人56.19
16山形県8.7人7.692人56.02
17三重県13.7人7.507人55.14
18山梨県6.3人7.491人55.07
19愛媛県10.3人7.384人54.56
20岩手県9.0人7.009人52.77
21大分県8.0人6.832人51.93
22秋田県7.0人6.750人51.54
23和歌山県6.0人6.179人48.82
24滋賀県8.7人6.144人48.66
25茨城県17.7人6.064人48.28
26群馬県11.7人5.921人47.60
27静岡県21.7人5.857人47.29
28広島県16.0人5.648人46.30
29岐阜県10.7人5.243人44.37
30愛知県39.0人5.231人44.31
31宮崎県5.7人5.117人43.77
32福井県4.0人5.063人43.52
33長崎県7.0人5.051人43.46
34千葉県30.7人4.954人43.00
35岡山県9.3人4.834人42.43
36青森県6.0人4.542人41.04
37京都府11.7人4.483人40.76
38石川県5.0人4.325人40.01
39熊本県7.7人4.292人39.85
40埼玉県31.0人4.282人39.80
41長野県9.0人4.267人39.73
42宮城県9.7人4.167人39.25
43神奈川県36.0人3.958人38.26
44奈良県5.3人3.852人37.76
45山口県5.3人3.764人37.34
46福岡県15.0人2.946人33.45
47北海道10.0人1.852人28.24
全国774.7人6.096人
単位人口:人口100万人あたり (2014)

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、30分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
odomon 2016/07/06
「熱中症死亡者数」と「エアコン普及率」との相関係数は0.2751で、あまり相関はなさそうです。

ちなみに「熱中症救急搬送者数」と「エアコン普及率」との相関は0.5827で、こちらは正の相関がありました。
匿名 2016/07/05
というか「エアコン 普及率」でググるとここのランキング上位の地域ってエアコンも普及している地域ばっかりなんですけど
富山県民 2016/07/04
「気候的な影響よりもエアコンを積極的に利用するかどうかのような社会的な要因が大きそうだ」
いうならば、富山の人は「ケチ」であることを裏付けているような。
確かに夏場にフェーンが来るとへたな南国より暑くなりますがね。
g 2016/07/04
富山はフェーン現象かな

Facebook コメント

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

健康・病気 記事一覧

2016-7-4 | 健康・病気

  • 検索から探す(googleサイト内検索)

テーマ別ランキング

コメント

facebook

twitter

都道府県別統計を単位人口あたりの数値で比較。1168 ランキング掲載中

都道府県ベスト&ワースト

都道府県
ベスト&ワースト
各都道府県の1位と47位だけを一覧表にまとめました。県民性が一目で分かります。

人気記事

新着記事

このエントリーをはてなブックマークに追加