都道府県別統計とランキングで見る県民性

小学生朝食摂取率 [ 2019年第一位 島根県 ]

公開日: | 最終更新日:2019-10-4 | 教育
小学生朝食摂取率 [ 2019年第一位 島根県 ]の都道府県別ランキング
文部科学省の全国学力テストから小学生の朝食摂取率ランキング。全国学力テストでは学力テスト以外に、子どもの生活習慣全般のアンケートがあり、「朝食を毎日食べている」という質問に「している」「どちらかといえば、している」と答えた小学6年生の割合を比較した。なお、このデータは公立校のもので、国立・私立校は含まれていない。国立・私立校が多い地域では実態と離れている可能性があるので注意願いたい。
小学6年生の朝食摂取率の全国平均は95.3%。朝食摂取率が最も高いのは島根県で97.2%(偏差値67.5)。2位は福井県で97.1%。3位以下は秋田県(97.0%)、長野県(97.0%)、山梨県(96.8%)の順。一方、最も朝食摂取率が低いのは福岡県で93.3%(偏差値24.4)。これに愛媛県(94.0%)、北海道(94.0%)、大阪府(94.1%)、大分県(94.4%)と続いている。

分布地図を見ると日本海側から北日本にかけて朝食摂取率が高い。

相関ランキングでは三世代世帯人数と正の相関があり、核家族率と負の相関があることから、三世代世帯が多く核家族が少ないところで朝食摂取率が高い。

小学生の生活関連項目との相関を見ると

正の相関が高いもの
(朝食摂取率が高いところは以下の率が高い)
小学生定時就寝・起床率
小学生地域行事参加率
小学生自宅学習率

負の相関が高いもの
(朝食摂取率が高いところは以下の率が低い)
小学生長時間ネット利用率
小学生携帯電話・スマートフォン所有率

朝食をしっかり食べる子どもは毎日定時に就寝・起床して自宅学習をしっかりし、あまり携帯を持たないと言えそうだ。
データ出典 全国学力・学習状況調査 2019

小学生朝食摂取率ランキング

「並替」の右横の「北/南」「↓/↑」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道
府県
朝食摂取率偏差値
並替      
1島根97.2%67.52
2福井97.1%66.41
3秋田97.0%65.31
3長野97.0%65.31
5山梨96.8%63.10
6山形96.7%61.99
7新潟96.6%60.89
7岩手96.6%60.89
9宮城96.5%59.78
10滋賀96.4%58.68
10富山96.4%58.68
12石川96.3%57.57
12栃木96.3%57.57
12岐阜96.3%57.57
15青森96.2%56.47
16鳥取96.1%55.36
16福島96.1%55.36
16埼玉96.1%55.36
19茨城96.0%54.26
20群馬95.9%53.15
20静岡95.9%53.15
22長崎95.6%49.84
22東京95.6%49.84
22広島95.6%49.84
25佐賀95.5%48.73
25岡山95.5%48.73
27熊本95.4%47.63
27宮崎95.4%47.63
27高知95.4%47.63
27山口95.4%47.63
31愛知95.3%46.52
32三重95.2%45.41
33沖縄95.1%44.31
33神奈川95.1%44.31
35鹿児島95.0%43.20
36和歌山94.9%42.10
36徳島94.9%42.10
38兵庫94.8%40.99
38京都94.8%40.99
38千葉94.8%40.99
41奈良94.7%39.89
42香川94.6%38.78
43大分94.4%36.57
44大阪94.1%33.26
45北海道94.0%32.15
45愛媛94.0%32.15
47福岡93.3%24.42
全国95.3%

分布が似ている記事(正の相関記事) 相関記事とは?

分布が反対の記事(負の相関記事) 相関記事とは?

教育に関するその他の記事

アクセスランキング

(直近一週間のアクセス上位)
  1. 県内総生産の都道府県別ランキング画像
  2. コンビニ勢力図の都道府県別ランキング画像
  3. 全国学力テスト正答率の都道府県別ランキング画像
  4. 在日韓国・朝鮮人の都道府県別ランキング画像
  5. ラーメン店舗数の都道府県別ランキング画像
  6. コンビニ店舗数の都道府県別ランキング画像
  7. セイコーマート店舗数の都道府県別ランキング画像
  8. 東京大学合格者数の都道府県別ランキング画像
  9. マクドナルド店舗数の都道府県別ランキング画像
  10. うどん・そば消費量の都道府県別ランキング画像

新着記事

都道府県別ランキング

タイプ別ランキング

(全1369ランキングをタイプ別にまとめました)