都道府県別統計を比較した都道府県ランキング。1477 ランキング掲載中

都道府県別ひとり親世帯の相対的貧困率

公開日:2024-1-31 | 最終更新日:2024-1-31
カテゴリ: 教育
都道府県別ひとり親世帯の相対的貧困率 - とどラン 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
総務省統計局の住宅・土地統計調査からひとり親世帯の相対的貧困率のランキング。同調査では各都道府県の世帯数を世帯年収別に集計しており、そこからひとり親世帯の相対的貧困率を独自に計算した。

相対的貧困率とは国民を所得順に並べて、真ん中の順位(中位数)の人の半分以下しか所得がない人(貧困層)の比率を意味する。 つまり、中位の人の年収が500万円だとしたら、250万円以下の所得層がどれだけいるかということだ。


相対的貧困世帯率計算の元になる中位数(中央値)は全国平均ではなく各都道府県ごとに別々に算出している。つまり、その県の年収が低くても、貧富の差が小さければ相対的貧困率が低くなるし、年収が高くても、貧富の差が大きければ相対的貧困率が高くなるので注意願いたい。

ここでは、住宅・土地統計調査に掲載されている家族類型のうち、以下の世帯の合計数で計算している。

家族コード 家族類型
113_(3) 男親と子供から成る世帯→1131_[1] 男親が家計を主に支える者の世帯
114_(4) 女親と子供から成る世帯→1141_[1] 女親が家計を主に支える者の世帯

ひとり親世帯の相対的貧困率の全国平均は27.94%。相対的貧困率が最も高いのは鳥取県で32.82%(偏差値73.6)。2位は徳島県で32.07%。3位以下は福島県(31.21%)、栃木県(31.09%)、山形県(30.89%)の順。一方、最も相対的貧困率が低いのは山口県で23.69%(偏差値29.2)。これに北海道(24.36%)、京都府(24.75%)、石川県(24.88%)、高知県(25.23%)と続いている。

分布地図を見ると都市部で貧困率が低いのが目立っている。相対的貧困率子育て世帯の相対的貧困率ともに都会が高く地方が低くなっているが、ひとり親家庭に限定するとこれが逆転して都会で貧困率が低く、地方で高くなっているのが興味深い。

他との相関を見ると三世代世帯人数と正の相関があり、核家族率と負の相関があることから、大家族が多く核家族が少ないところでひとり親世帯の相対的貧困率が高くなっている。

これらをまとめると子育て環境はこのようになっているようだ。

都市部
祖父母などの支援が少なく子育ては大変だが、その分、社会的な支援が多くひとり親世帯の貧困率が低い。ひとり親とそれ以外の格差が小さい。

地方
祖父母などの支援があり子育ては楽だが、その分、社会的な支援が少なくひとり親世帯の貧困率が高い。ひとり親とそれ以外の格差が大きい。
データ出典  住宅・土地統計調査 2018

都道府県別ひとり親世帯の相対的貧困率

「並替」の右横の「北/南」「降順/昇順」をクリックすると並べ替え表示します。
順位都道府県相対的貧困率偏差値
並替  降順  昇順降順  昇順
1鳥取県32.82%73.58
2徳島県32.07%69.94
3福島県31.21%65.75
4栃木県31.09%65.17
5山形県30.89%64.20
6福井県30.37%61.67
7沖縄県30.35%61.57
8茨城県30.07%60.21
9山梨県29.91%59.43
10熊本県29.68%58.32
11愛知県29.56%57.73
12長野県29.45%57.20
13奈良県29.39%56.91
14秋田県29.13%55.64
15佐賀県29.02%55.11
16和歌山県28.94%54.72
17青森県28.67%53.40
18群馬県28.66%53.36
19滋賀県28.59%53.02
20宮崎県28.43%52.24
21大分県28.17%50.97
22愛媛県27.97%50.00
23宮城県27.95%49.90
24岐阜県27.80%49.17
25兵庫県27.75%48.93
26東京都27.70%48.69
27三重県27.64%48.40
28岡山県27.62%48.30
29富山県27.55%47.96
30静岡県27.23%46.40
31神奈川県27.13%45.92
32福岡県27.01%45.33
33広島県26.80%44.31
34島根県26.76%44.12
35埼玉県26.69%43.78
36新潟県26.63%43.49
37大阪府26.07%40.76
38鹿児島県26.04%40.62
39岩手県25.85%39.69
40香川県25.68%38.87
41千葉県25.67%38.82
42長崎県25.66%38.77
43高知県25.23%36.68
44石川県24.88%34.98
45京都府24.75%34.35
46北海道24.36%32.45
47山口県23.69%29.19
全国27.94%

他との相関 相関とは?

教育に関するその他の記事

相対的貧困率の分布 (変動係数 0.0735)

分布図

この記事を見た人はこちらも見ています

コメント

お名前

コメント内でタグは使えません。(現在、5分以内の連続書込を制限しています)
アドレス(迷惑コメント対策用ですので入力しないでください)
2024-1-31 | 教育